BRIEF

企業・ビジネス: 準備段階でのビジネス機会

2014年9月4日



1.  ビジネスガイド
2.  プロジェクト・サイクル
3.  ビジネス機会について
4.  準備段階でのビジネス機会
5.  実施段階でのビジネス機会

6.  調達方法
7.  段階別の参考文書
8.  世銀職員の役割
9.  よくある質問

概要

プロジェクト・サイクルでは、世銀業務の大半は行内の専門家チームによって遂行されます。しかしプロジェクトがパイプラインにあるときは、個人コンサルタントが雇われることがあります。一般にその契約期間は数週間から数か月で、業務内容は、ニーズやリスクの特定、事前準備や借入国の組織・制度面での能力の評価、世銀支援の条件決定などです。多くの場合、コンサルタントは世銀の発掘・審査ミッションに加わり借入国にも赴きます。

タスクチームリーダー(TTL)は、プロジェクトチームの活動を調整します。コンサルティング企業と契約する場合、発注先はガイドラインに詳しく規定された正式な方法、たとえば質とコストに基づく選定(QCBS)や、質に基づく選定(QBS)といった方法などを用いて選ばれます。

借入国にも、プロジェクトがパイプライン(特に準備段階)にあるときにコンサルティング・サービスが必要となります。契約の見込み額が30万ドル以上の場合、国連開発ビジネス(UNDB)のウェブサイト(英語)に関心表明要請を公示することが義務付けられています。

参考資料

 

 

5. 実施段階でのビジネス機会 »