BRIEF

企業・ビジネス: 世銀職員の役割

2014年9月4日



1.  ビジネスガイド
2.  プロジェクト・サイクル
3.  ビジネス機会について
4.  準備段階でのビジネス機会
5.  実施段階でのビジネス機会

6.  調達方法
7.  段階別の参考文書
8.   世銀職員の役割
9.  よくある質問

概要

調達業務に関係する世銀職員は大きく以下の4つのカテゴリに分類できます。

タスクチームリーダー(TTL)

多くの場合セクターの専門家が務め、プロジェクトを管理します。TTLは個々のプロジェクトで世銀の活動を調整し、プロジェクト・チームを補佐する個人コンサルタントの採用にも最終責任を負っています。専門性に応じて上級保健エコノミスト、上級エンジニアなどの肩書きで呼ばれます。

セクター・スペシャリスト

教育や都市開発など特定分野の専門家で、世銀プロジェクトでTTLに技術協力を提供します(プロジェクトによっては自身がTTLとなる場合もあります)。

カントリー・オフィサー(国別局長と国別マネージャ)

借入国との連絡のほか、特定の国における世銀の貸出ポートフォリオを戦略的に監視することです。ほとんどのカントリー・オフィサーは自身が担当する国に駐在しています。

調達スペシャリスト

世銀の調達ガイドラインの解釈や適用について、TTLや借入国に助言を提供します。世銀の調達スペシャリストの半数以上は現地事務所で働いています。

特定のプロジェクトについて質問が生じた際、まず最初に連絡する先は借入国の実施機関です。ただし、時には世銀職員から説明や助言を受ける必要がありますが、世銀職員への質問のメールはできるだけ簡潔にまとめていただくようお願いします。また、世銀ウェブサイトにアクセスし、関連のプロジェクト文書を閲覧することは大変重要です。

調達プロセスで問題が発生したときは、調達ガイドライン(PDF)とコンサルタント選定ガイドライン(PDF)の付記3を参照してください。調達に関して世銀プロジェクト・チームに問い合わせをする際には、その地域の調達マネージャーにも写しを送ることをお勧めします。

参考資料

9. よくあるご質問 »