BRIEF

企業・ビジネス: ビジネス機会について

2014年9月4日



1.  ビジネスガイド
2.  プロジェクト・サイクル
3.   ビジネス機会について
4.  準備段階でのビジネス機会
5.  実施段階でのビジネス機会

6.  調達方法
7.  段階別の参考文書
8.  世銀職員の役割
9.  よくある質問

概要

ビジネス機会はプロジェクト・サイクルの全段階に存在します。しかしその種類や規模、機材・サービスの「買い手」や購入方法は、プロジェクトの段階によって異なります。

一般に、「パイプライン」にあるプロジェクトの場合、短期や中期のコンサルティングの機会が生じます。コンサルタントには、世界銀行と借入国の両方から雇用の可能性があります。実施段階にあるプロジェクトでは、機材・機器の供給者や土木工事、コンサルティング企業に受注機会があります。落札企業は、公開入札に応じた企業の中から規定の手続きと評価基準に従って借入国が決定します。

下の表は、プロジェクト・サイクル内のビジネス機会をまとめたものです。個々の案件で用いられる調達方法は、契約の性質、規模、範囲によって異なります。調達ガイドライン(PDF)には、機材、工事、およびコンサルティング以外のサービスを調達する際に用いられる可能性のある選定方法が詳述されています。コンサルタント選定ガイドライン(PDF)には、ガイドラインに従ってコンサルタントを選定する方法の詳細が記されています。

プロジェクト・サイクル内のビジネス機会

Image

※情報源となるプロジェクト文書の詳細は、段階別の参考文書のページを参照ください。

参考資料

 

4. 準備段階でのビジネス機会 »