Learn how the World Bank Group is helping countries with COVID-19 (coronavirus). Find Out

BRIEF 2020年7月30日

IDAの取組み

2020年7月30日 プレスリリース

シエラレオネ:中小企業への投資と経済の多様化を支援(英語)
世界銀行理事会は、シエラレオネの中小企業を支援するために、国際開発協会(IDA)を通じた4,000万ドルのグラントを承認しました。ビジネスへの参入と運営を容易にするための改革促進などにより中小企業や起業家のビジネスを可能にする環境を強化し、1人あたりのGDPを向上させ、貧困削減へとつなげます。

2020年7月29日 プレスリリース

ナイジェリア:少女の中等教育就学支援を強化(英語)
世界銀行理事会は、ナイジェリアの対象地域における少女たちの中等教育の機会改善に向けたプロジェクトに対して、国際開発協会(IDA)からの5億ドルの支援を承認しました。このプロジェクトによる学校のインフラ面における改善や、教育、生活スキル、ジェンダーに基づく暴力に関する知識などのエンパワーメントを通じて、600万人以上の生徒が恩恵を受ける見込みです。

2020年7月16日 プレスリリース

カンボジア:気候変動の影響に強靭な道路で安全性とアクセスを改善(英語)
世界銀行理事会は、カンボジアの道路改善プロジェクトに国際開発協会(IDA)を通じた1億ドルの支援を承認しました。同国の75%にあたる農村部では舗装された道路はわずか5%で、豪雨や洪水により交通が不通となるリスクが高まっています。このプロジェクトによる農村部の道路の強靭性改善を通じて、医療施設や学校、市場などの重要なサービスへのアクセスが強化されます。

2020年7月10日 ブログ

新型コロナウイルス感染症とIDA19について知っておくべき、5つのこと
新型コロナウイルス感染症は今も世界各地で広がり続けていますが、中でも深刻な打撃を受けているのは、国際開発協会(IDA)が支援する74の最貧国、そして、そこで暮らす人々です。IDA19の対象期間に期待される5つの優先的な活動をブログでご覧ください。

2020年6月29日 プレスリリース

ソマリア:バッタ対策に4,000万ドルの緊急支援(英語)
世界銀行理事会は、アフリカおよび中東地域のバッタ被害の対応と影響を受けた国々の支援強化を目的としたプログラムの一環として、ソマリアへの4,000万ドルのグラントを承認しました。この国際開発援助(IDA)を通じた支援により、約10万世帯に食料や基本的な消費へのアクセスを支えるための現金が支給され、危機状況下における人的資本および生活を保護します。

2020年6月29日 プレスリリース

ハイチ:新型コロナウイルス感染症対策と自然災害に対する回復力強化を支援(英語)
世界銀行理事会は、ハイチの新型コロナウイルス感染症への対応と自然災害による回復力強化に向け、国際開発協会(IDA)を通じた2,000万ドルのグラントを承認しました。緊急事態への医療の備えや対応能力、社会的保護システムの強化に加え、全国災害リスク管理システム(SNGRD)と新たな市民防災局(DGPC)の運用、ならびに全国災害リスクファイナンス戦略の展開が追加されます。

2020年6月26日 プレスリリース

モザンビーク:都市開発を強化(英語)
世界銀行は、モザンビークの都市開発と地方分権化を強化するプロジェクトに、国際開発協会(IDA)を通じた1億1,700万ドルのグラントを承認しました。同プロジェクトは、中央政権による地方分権改革の推進と、インフラや基本的なサービスを提供する上での地方分権における制度上の対応能力の改善を目的としています。

2020年6月17日 プレスリリース

イエメン:バッタ大量発生による食料安全保障と生計を支援(英語)
世界銀行は、イエメンにおけるバッタ大量発生の被害対策と支援に向け、国際開発協会(IDA)を通じた2,500万ドルの新たな支援を発表しました。このプロジェクトは、バッタの急激な増加を制御するとともに、影響を受けた世帯に緊急支援を提供し、影響を受けた地域の農業生産体制の中期的な回復や農村部の生計を後押しします。

2020年6月16日 プレスリリース

中央アフリカ地域:電力系統の連系を促進(英語)
世界銀行理事会は6月16日、カメルーンとチャドの電力供給の増加を目的とした総額3億8,500万ドルの支援を承認しました。国際開発協会(IDA)を通じたこの支援により、カメルーンの南部と北部の電力系統の連系や、カメルーンとチャド間の電力輸出入、チャドの首都ンジャメナの電力へのアクセス増加が期待されます。

2020年6月10日 プレスリリース

ヨルダン:雇用アクセス向上と労働条件改善に対して1億ドルの支援(英語)
世界銀行は6月10日、国際開発協会(IDA)による1億ドルの支援パッケージを承認しました。ヨルダンでは、2016年に国民とシリア難民のための雇用創出と経済成長促進を目標に始まった機会拡大プロジェクトが大きな成果を上げています。今回の支援は同プロジェクトに追加資金として充てられると共に、新型コロナウイルス感染症危機の対策としても役立てられます。

2020年6月5日 プレスリリース

ベトナム:気候変動対策のための効果的な政策立案を支援(英語)
世界銀行理事会は6月5日、水資源の保護や環境に配慮した交通・エネルギーシステムの整備に向けたベトナム政府による政策改革を支援するため、国際開発協会(IDA)からの8,440万ドルの融資を承認しました。排気ガス削減や再生可能エネルギーの普及等を通じ、気候変動対策として大きな効果が期待できる取組みが優先対象となります。

2020年5月26日 プレスリリース

チャド湖地域:強靭性強化と生活水準向上に対して3億4,600万ドルの支援(英語)
世界銀行は、国際開発協会(IDA)によるチャド湖地域での2件のプロジェクトを承認しました。同地域では気候変動や2009年から続く治安の悪化、多くの住民が深刻な影響を受けており、市場アクセス改善、バリューチェーン構築、国境を越えた地域貿易に向けた投資促進の基盤を築いていくことが求められています。

2020年5月14日 プレスリリース

レソト:新型コロナウイルス感染症対応に750万ドルを支援(英語)
世界銀行は、国際開発協会(IDA)を通じて750万ドルの支援を承認しました。この新たなプロジェクトにより、感染者との接触追跡や、港湾・空港での入国者のスクリーニング、医療施設内の感染予防と管理の拡大など、新型コロナウイルス感染症の封じ込めと治療戦略への迅速な支援が提供されます。

2020年4月29日 成果

ベトナム:成果連動型融資により農村地域の水供給と衛生が向上(英語)
ベトナムでは、国際開発協会(IDA)の支援による農村地域への給水と衛生システムの向上を目的としたプロジェクトが実施され、2013年から2018年までに、同国の180万人以上が改善された水資源へのアクセス、140万人以上が改善された衛生サービスへのアクセスの恩恵を受けました。また、水と衛生に関するインフラの建設時間が58%削減されました。

2020年4月28日 プレスリリース

南スーダン:セーフティネットプロジェクト(英語)
世界銀行理事会は4月28日、南スーダンのセーフティネットプロジェクトに4,000万ドルのグラントを承認しました。国際開発協会(IDA)からのこの支援により、同国のジュバを含む10の州の障がい者、高齢者など、働くことが困難な約43万人に現金が給付されます。

2020年4月28日 成果

ホンジュラス:保健サービスと教育へのアクセスを拡大(英語)
ホンジュラスは、新たな条件付き現金給付プログラムにより、農村地域の非常に貧しい23万4,000世帯に現金給付を提供しました。国際開発協会(IDA)が総額7,272万ドルを支援したこのプロジェクトにより、2010年から2018年までに、初等教育と中等教育の入学率はそれぞれ7%、10%増加し、児童労働に従事する子供の数は20%減少しました。

2020年4月22日 プレスリリース

東ティモール:衛生へのアクセスと質の高い教育を支援(英語)
世界銀行理事会は、東ティモールの人的資本構築を後押しするために、国際開発協会(IDA)と教育のためのグローバルパートナーシップ(GPE)からの拠出を含む4,800万ドル超の支援を承認しました。この2つの新しいプロジェクトは、清潔な水と衛生設備、および質の高い教育を提供することにより人的資本の育成を促し、同国の平和と繁栄した未来の構築に貢献します。

2020年4月16日 特集

イエメン:紛争中の医療保健制度を支援(英語)
世界で最も深刻な人道危機であるイエメンでの紛争は6年目に入っています。世界銀行の国際開発協会(IDA)は、既に生じている医療崩壊の進行を防ぐために、国際連合児童基金(UNICEF)と世界保健機関(WHO)を通じて、同国内の約1,970のプライマリヘルスケア施設と72の病院を支援する緊急保健・栄養プロジェクトに資金を提供します。

2020年4月6日 プレスリリース

ニジェール:教育と学習の質の改善を支援(英語)
世界銀行理事会は、ニジェールでの教育と学習の質の改善のため国際開発協会(IDA)を通じた1億4,000万ドルの支援を承認しました。このプロジェクトは同国の脆弱な地域を中心に、教師のスキル向上や、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響下における遠隔学習プログラムの拡充を図り、すべての子供たちの学習を強化します。

2020年3月31日 プレスリリース

タンザニア:中等教育の質を改善(英語)
世界銀行理事会は、国際開発協会(IDA)を通じて、タンザニアの中等教育の質を改善するための5憶ドルの支援を承認しました。より安全でより良い学習環境へのアクセスと、中等教育を修了するまで継続することを目的としたこのプロジェクトは、約650万人の生徒に恩恵をもたらす見込みです。

2020年3月31日 プレスリリース

ラオス:金融セーフティネットと住民登録制度を後押し(英語)
世界銀行理事会は、国際開発協会(IDA)を通じて、ラオス人民民主共和国の預金保護機関の能力向上と住民登録制度の強化を目的とした6,000万ドルの支援を承認しました。これらのプロジェクトは、世帯や中小企業の銀行預金促進と、開発計画に役立つ重要なデータの供給に役立ちます。

2020年3月25日 プレスリリース

ソマリア:拡大HIPCイニシアチブに基づく債務救済措置(英語)
国際通貨基金(IMF)と国際開発協会(IDA)は、ソマリアが拡大HIPCイニシアチブに基づく債務救済を受けるための基準を満たしたと判断しました。世界銀行とIMFは引き続き協力し、同国政府が実施する財政安定や社会情勢の強化などに必要な技術支援と政策ガイダンスを提供します。

2020年3月17日 プレスリリース

リベリア:世界銀行が包摂的成長を支援(英語)
世界銀行理事会は、リベリアに対する4,000万ドルの国際開発協会(IDA)プロジェクトを承認しました。公共セクターの透明性強化と経済・社会の包摂性促進により、持続可能な経済成長の達成を支援します。また、新型コロナウイルス感染症の流行による財政状況の悪化を和らげ、最脆弱層の強靭性を高めるために役立つと期待されます。

2020年3月12日 プレスリリース

ウズベキスタン:世界銀行が水・衛生セクターの改革とインフラ整備を支援(英語)
世界銀行理事会は、水・衛生インフラ支援プロジェクトに対し国際開発協会(IDA)の融資2億3,900万ドルを承認しました。大半のインフラについて、人口増加に伴うニーズ拡大に対応できるだけの修復、維持管理、拡張ができておらず、質が低下していました。同プロジェクトは国内3地域で50万人以上に恩恵をもたらす見込みです。

2020年3月5日 プレスリリース

セネガル:固形廃棄物管理を改善(英語)
世界銀行グループ理事会は3月5日、セネガルの急速な都市化に伴う固形廃棄物管理システムの強化と廃棄物管理サービスの改善を支援するため、国際開発協会(IDA)を通じた1億2,500万ドルのクレジットを承認しました。これにより、7つの地域の約600万人に改善された廃棄物管理サービスが提供され、5,000人がトレーニングを受ける見込みです。

2020年3月3日 プレスリリース

ミャンマー:国全体の教育の質とアクセスを改善(英語)
世界銀行理事会は、ミャンマーの基礎教育へのアクセスと質の向上を目的としたプロジェクトを承認しました。国際開発協会(IDA)からの1憶ドルの支援を含む本プロジェクトは、特に社会的包摂と紛争の影響を受けた地域への支援を優先し、同国全体の教育システムの効率性の強化を図ります。

2020年2月25日 プレスリリース

タジキスタン:持続可能で効率的な電力セクターを支援(英語)
世界銀行理事会は、タジキスタンの電力セクターの財務実行可能性と効率性の向上を目的とした、国際開発協会(IDA)からの1億3,400万ドルの支援を承認しました。これにより、家庭や企業への手頃な価格の安定した電力供給や、クリーンなエネルギー資源の輸出増加による収益などが期待されます。

2020年2月19日 特集

ナイロビ:低所得コミュニティに持続可能な衛生と水のサービスを提供(英語)
ナイロビの都市に住む貧困層は、急速な都市化に伴い、水や衛生の設備がほとんど或いは全くない、インフォーマルな集落で生活せざるをえない状況です。2012年から2018年にかけて実施された国際開発協会(IDA)が支援する水と衛生のプロジェクトは、同国のインフォーマルな集落の8万4,940人に改善された水源へのアクセスを提供し、13万7,243人に下水道の普及を行いました。

2020年2月18日 プレスリリース

ナイジェリア:世界銀行が人的資本と経済改革への投資を拡大(英語)
世界銀行は、予防接種普及、地方へのアクセスと農業マーケティング、雇用創出のためのデジタル経済活性化、経済改革、技能習得による開発効果、社会・環境セーフガードの機能強化など、ナイジェリアの開発優先課題を支援するため6件のプロジェクトを承認しました。今回の取組みには、協調融資や譲許的融資などの形で国際開発協会(IDA)の資金が提供されます。

2020年2月11日 プレスリリース

ラオス人民民主共和国:持続可能な森林管理に世界銀行が追加融資(英語)
世界銀行理事会は、持続可能な森林管理プロジェクトに対し、国際開発協会(IDA)からの500万ドルの追加融資を承認しました。同プロジェクトは2013年以降、持続可能な森林管理の分野において、村民と民間セクターの両方に新たな経済的機会をもたらしていますが、コミュニティ参画とガバナンスの課題を中心に、追加の資金援助と技術協力が必要とされています。

2020年2月4日 特集

エチオピア:エネルギー・セクターが女性の機会を拡大(英語)
2025年までに完全電化を目指すエチオピアは、男性優位の電力セクターにおいて女性の機会を拡大し、将来的に労働者の男女比を1対1にする計画です。国際開発協会(IDA)等の支援を受けたエチオピア電力公社(EEU)が大学と協力し、女性従業員や女子学生に新しい機会を生み出し、ジェンダーに基づく暴力を禁止する初の政策が、安全な労働環境づくりに貢献しています。

2020年1月28日 特集

ベナン:パーボイルド米の生産が農村コミュニティを活性化(英語)
「西アフリカ農業生産性向上プログラム(WAAPP)」の一環として、より多くの収入を得るためにパーボイルド米生産の協同組合が立ち上げられたことで、農村部に暮らす多くの女性がチャンスをつかみました。国際開発協会(IDA)の資金を受けて生産技術の無料研修や近代的な機器の調達が進められた結果、処理能力が飛躍的に改善し、質の高いコメの選別にも役立っています。

2020年1月16日 特集

マーシャル諸島:子供たちの明るい未来のために(英語)
マーシャル諸島では5歳未満児の35%が中程度以上の慢性栄養不良状態にあります。そこで、国際開発協会(IDA)の資金1,300万ドルを受けたプロジェクトが、生後1,000日未満の乳児を支援します。同プロジェクトは、人的資本プロジェクトの一環であり、国中の子供たちが元気に成長し学習できるようにすることを目指します。

2020年1月9日 特集

マダガスカル:現金給付プログラムを通じ、貧困の3大要因を緩和(英語)
2013~15年の干ばつにより、国内で最も貧しい地域で農作物の収穫が途絶え、数百人が食糧不足に陥りました。そこで、生活水準向上、人的資本の強化、経済活動の再開を目標に国際開発協会(IDA)資金による現金給付プログラムが導入された結果、45万人以上が恩恵を受け、子供の学校教育や雇用の安定が可能になりました。

2020年1月9日 プレスリリース

バヌアツ:防災に大きな後押し(英語)
世界銀行理事会は、バヌアツの災害に対する回復力強化、気候変動への適応支援、および債務管理への支援として、1,000万ドルの支援を承認しました。国際開発協会(IDA)を通じた本支援は、首都ポートビラやルーガンビルなどの主要都市部の地域サービスを改善し、大規模な自然災害が発生した場合の人命の損失や壊滅的な被害の軽減のための対策、債務管理の強化を目的としています。

2019年12月13日 プレスリリース

国際開発協会(IDA)第19次増資合意:2020年から2023年の3年間の支援に820億ドルの拠出を誓約
世界銀行の開発パートナーである各国政府は、極度の貧困撲滅に向けた取組みの勢いを持続するため、世界銀行の最貧国向け基金である国際開発協会(IDA)に対し新たに820億ドル(内、約530億ドル超はアフリカ向け)を拠出することを発表しました。今回の拠出で、IDAが重点を置く政策のうち、質の高いインフラ、国際保健(ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)、パンデミック)、債務持続可能性、自然災害に対する強靱性強化といった開発分野は、いずれも日本がリーダーシップを発揮しています。

2019年12月11日 ブログ

世界の最貧国:貧困率、子供の死亡率等7つの指標で見る過去20年の歩み(英語)
世界銀行の最貧国向け基金である国際開発協会(IDA)は、貧困削減に向け、経済成長と人々の生活水準向上のためのプログラムを支援し、大きな成果を上げてきました。過去20年間、極度の貧困率は50%以上から約30%に、子供の死亡率は約14%から7%にそれぞれ低下、電力アクセスは57%向上、飲料水・衛生の基本的サービスへのアクセスは22%から41%に増加するなど、最貧国で目覚ましい進歩が見られました。

2019年12月10日 プレスリリース

アフリカ疾病予防管理センター:感染症監視・対応システムを強化(英語)
世界銀行グループは、エチオピア、ザンビア、アフリカ連合による感染症対策と公衆衛生上の優先課題を支援するため、国際開発協会(IDA)の融資とグラントで総額2億5,000万ドルの提供を承認しました。これにより、アフリカ疾病予防管理センターとアフリカ各国の公衆衛生機関の協力が強化され、感染症に関するデータの共有が図られます。

2019年11月18日 特集

ザンビア:貧しい子供たちにも中等教育の機会を(英語)
IDAプロジェクトの一環として、農村部で小学校の一部に中等学校が併設されることになり、女子を中心に、子供たちが安全に通学できるようになります。女子が中等教育を受けることは、出生率や早婚・妊娠の問題にプラスに働き、世代を超えた便益をもたらすことで、貧困削減の鍵となることが世界的に確認されています。

2019年10月31日 特集

アフガニスタン:極度の貧困世帯に生計手段確保の機会
世界銀行の基金で、最貧困層を支援する国際開発協会(IDA)によるプロジェクトの一環として、極度の貧困層を対象とするプログラムの下、バルフ州の世帯に家畜が提供され、研修が行われた結果、持続可能な生計手段を得ることができました。また、各種の行政サービスにもアクセスできるようになっています。

2019年10月29日 ブログ

ブログ:開発にIDAが果たす役割がますます重要に
この25年間に、極度の貧困を削減する取組みは確実に進展し、世界人口に占める貧困層の割合は1990年の36%から、2018年には推定8.6%まで縮小されましたが、世界の最貧国では、依然として多くの人々が極度の貧困状態にあり、1日1.90ドル未満で暮らす人の割合は31%に達しています。国際開発協会(IDA)は、12月に予定されている第19次増資(IDA19)の妥結に向け、他のパートナーと共に増資交渉を進めています。国際金融公社(IFC)フィリップ・ル・ウェルー長官、アントワネット・サエ世界開発センター(CGD)特別招聘研究員のブログをご覧ください。

2019年9月30日 プレスリリース

モザンビーク:サイクロン被災後の農村道路修復を支援(英語)
世界銀行は2度にわたるサイクロン上陸により被災したモザンビークに対し、国際開発協会(IDA)を通じた1億1,000万ドルの追加支援を承認しました。各地で農村道路が遮断され、多くのコミュニティが孤立しましたが、今回の追加支援により、2018年に承認された道路整備プロジェクトの対象範囲が新たに4つの州に拡大され、そうした道路や橋の修復に充てられます。

2019年9月25日 ブログ

民間セクターは西アフリカとサヘル地域の強力なパートナー
活気ある民間セクターは雇用創出の強力な原動力であり、イノベーションと貧困削減を加速し、持続可能な経済成長を支える力を持っています。国際開発協会(IDA) は、最貧国が経済を変革し、生産性の高い仕事を創出できるように、基本的インフラへの投資、貸付・融資へのアクセス、労働者の技能構築、個人と企業による市場アクセスの拡大を最前線で支援しています。西尾昭彦 開発金融総局担当副総裁のブログを日本語でご覧ください。

2019年9月5日 特集

イエメン:太陽光発電が何千人もの子供たちの未来を照らす(英語)
イエメンでは長年の紛争により国内の教育システムは更に荒廃し、多くの地域で電力へのアクセスがありません。世界銀行グループの国際開発協会(IDA)は国連プロジェクト・サービス機関(UNOPS)と共に、プロジェクトを通じて学校や病院、その他の主要な公共施設に太陽光発電システムを設置し、清潔な水や必要最低限の照明へのアクセスに貢献しています。

2019年8月29日 プレスリリース

バングラデシュ:再生可能エネルギーの市場拡大(英語)
世界銀行とバングラデシュ政府は、再生可能エネルギー発電容量を約310 MW追加導入するため、世界銀行の気候投資基金(CIF)や国際開発協会(IDA)からのクレジットを含む1億8,500万ドルの融資契約に署名しました。このプロジェクトによる大規模な太陽光発電所の設立および屋上や屋根を利用したソーラーシステムにより、クリーンで、高信頼性かつ手頃な価格の再生可能エネルギーの市場拡大を目指します。