プレスリリース 2019年10月9日

世界経済の不確実性が依然としてアフリカ諸国の成長のブレーキに

成長には貧困層、少女、女性のエンパワーメントが不可欠

ワシントンD.C.、2019年10月9日—本日世界銀行が発表した報告書「Africa’s Pulse(アフリカの鼓動)」の2020年版によると、サブサハラ・アフリカ地域の2019年の成長率は、世界経済の不透明感が続き、国内改革のペースも遅いことから、引き続き低水準にとどまった。「アフリカの鼓動」は世界銀行が半期に一度、アフリカ経済の動向を伝えるために発表している報告書である。サブサハラ・アフリカ地域全体の成長率は、2018年の2.5%から2019年には2.6%に上昇する見込みだが、これは4月時点の予測値よりも0.2%ポイント低い。「アフリカの鼓動」2020年版には、貧困削減の加速と女性のエンパワーメントに関する特別な章が設けられている。

「女性のエンパワーメントは成長の促進剤となる。アフリカの政策立案者は、これまで通りの活動を続けるか、包摂的な経済の実現に向けて確かな一歩を踏み出すかという重要な選択を迫られている」と、ハフェズ・ガネム世界銀行アフリカ地域担当副総裁は述べた。ガネム副総裁はさらに、「アフリカの成長率はここ数年、予想を下回り続けている。女性の経済参加を妨げている障壁を取り除き、女性が直面している機会格差を解消することが未来を切り拓くための最善策だ」と指摘した。

世界経済の不確実性はアフリカだけでなく、はるかに広い地域に打撃を与えている。他の新興・開発途上地域でも、実質GDP成長率は大幅に低下する見込みだ。中東・北アフリカ地域、ラテンアメリカ・カリブ海地域、南アジア地域の2019年の成長予測は、サブサハラ地域よりも大幅に下方修正されると見られている。

サブサハラ・アフリカ地域が抱えている問題は国によっても異なる。経済規模の大きいナイジェリア、南アフリカ、アンゴラの回復が進んでいないことが、地域全体の成長見通しに影を落としている。アンゴラでは石油部門の低迷が続いているのに対し、ナイジェリアでは非石油部門の成長が停滞しており、南アフリカでは投資家心理の冷え込みが経済活動の足かせとなっている。 

ナイジェリア、南アフリカ、アンゴラ以外の域内諸国は、一部の例外を除き、概ね力強い成長を維持すると見られている。資源集約度の低い国では、モザンビークとジンバブエを襲った熱帯低気圧、スーダンの政情不安、ケニアの農業輸出の低迷、セネガルの財政再建の影響から、平均成長率は下降する見込みだ。 

一方、資源集約度の高い中部アフリカ経済通貨共同体の加盟国では、石油の増産に支えられて経済活動は緩やかに拡大すると見られている。金属輸出国については、鉱業生産の伸びが鈍り、金属価格が下落していることから成長の減速が予想される。

「世界情勢はアフリカ諸国にも影響を及ぼしている。アフリカ地域全体で見られる成長率の低迷は、その現れだ」と、アルベール・ズーファック世界銀行アフリカ地域総局チーフ・エコノミストは述べた。ズーファック・チーフ・エコノミストはさらに、「データは脆弱なガバナンスと鈍い成長率の間に明確な関連性があることを示している。効率的で透明性の高い制度の構築は、アフリカの政策立案者と国民が優先的に取り組むべき課題だ」と指摘した。

特別テーマ:貧困削減の加速と女性のエンパワーメント

2015年のデータによると、アフリカでは10人に4人、すなわち4億1,600万人超が1日1.90ドル未満で暮らしている。貧困層に照準を合わせ、思い切った経済機会創出策やリスク削減策を講じない限り、2030年には極度の貧困はほぼアフリカのみで見られる現象となるだろう。同報告書は、アフリカの貧困問題を解決するためには、貧困層自身による主体性、出生力転換を促す支援、農村内外の食料システムの活用、リスクと紛争への対処、公共財政の質と量の改善といった施策を通じて、最も脆弱な人々の生活の改善を図ることが必要だと指摘する。中でも不可欠なのは、保健、教育、エンパワーメント、雇用におけるジェンダー格差に取り組むことだ。

サブサハラ・アフリカ地域は世界で唯一、男性よりも女性が起業する可能性が高い地域であり、アフリカでは農業労働の大部分を女性が担っている。しかし、男女間の所得格差は依然として大きく、女性の活躍を阻害している。サブサハラ・アフリカ地域では、女性農民の生産高は男性農民よりも土地1ヘクタール当たり33%少なく、女性の起業家や事業主が挙げる利益は男性事業主よりも34%少ない。

こうした所得格差はアフリカの人々と経済に大きな損害をもたらしている。「アフリカの鼓動」は女性の経済的エンパワーメントを促進する政策として、次の6つを提示している。

  1. 従来の研修の枠にとどまらない方法で女性のスキルを強化
  2. 担保問題の解消と金融へのアクセス改善を実現する革新的なソリューションによって、女性が抱える資金面の制約を緩和
  3. 女性による土地の権利確保に対する支援
  4. 女性の労働参加の促進
  5. 女性の機会を制限している社会規範への対処
  6. 思春期の少女を支援し、強固な新世代を構築


アフリカにおける世界銀行の取組みについてはこちら:https://www.worldbank.org/africa

Facebook: http://www.facebook.com/worldbankafrica

ツイッター:https://twitter.com/WorldBankAfrica

YouTubeチャンネル: http://www.worldbank.org/africa/youtube

サウンドクラウド:https://soundcloud.com/worldbank/sets/world-bank-africa


プレスリリース番号: 2020/028/AFR

お問い合せ

ワシントンD.C
Aby K. Toure
(202) 473-8302
akonate@worldbank.org
東京
平井智子
(+81-3) 3597-6665
thirai@worldbankgroup.org
Api
Api