Learn how the World Bank Group is helping countries with COVID-19 (coronavirus). Find Out

プレスリリース

ラテンアメリカの今後の成長には貿易が中心的役割

2016年10月5日


Image
World Bank / iStock.

  • 域内の平均成長率は2016年もマイナスが続くが、2017年には好転の見込み
  • メキシコと中米・カリブ海地域は2016年と2017年に平均を上回る成長
  • 輸出分野に見られる必要且つ新たな兆し

2016年10月5日 – ラテンアメリカ・カリブ海地域の国々は、景気回復および輸出量拡大(より高品質なニッチ市場向け新製品を含む)の兆しを見せ始めている、とラテンアメリカ・カリブ海地域について世界銀行が半年に1度発表する経済報告の最新版「思い切った転換を:貿易を通じた成長の回復(仮)」は指摘している。

同報告は、地域全体の2016年の成長率はマイナス1.1%となる見通しだが、2017年は1.8%まで回復するとしている。その原因は主に、2017年に1.5%の成長率を達成すると予測される南米の回復によるところが大きい。一方、メキシコ、中米、および準地域としてのカリブ海諸国は、一次産品の輸出にそれほど依存しておらず、むしろ米国の景気回復と密接に結びついている事から、今年は2.4%、2017年は2.7%とそれぞれプラス成長が続くと見られる。

「地域全体としての減速は、ようやく終わりに近づきつつある。2017年には平均成長率がプラスに転じるだろう。これからは、労働力、資本、起業家、資金といった資源を、国際市場で取引される財とサービスの生産、すなわち交易可能な活動へと向かわせるため大きく舵を切る事が極めて重要である。」と、アウグスト・デラ・トーレ世界銀行チーフエコノミスト(ラテンアメリカ・カリブ海地域担当)は述べた。

一次産品価格の低迷という新たな現実の中で、同地域はもはや、活況期のような内需に依存した成長加速は望めない。今後は域外の買い手に目を向けることが、経済活性化にとって不可欠である。

しかし、同地域が国際市場での存在感を高めるために必要な努力を始める用意が整ったかに見えたちょうどその時、世界の潮流は真逆へと向かい始めたようだ。中国をはじめとする東アジア地域からの輸入量の落ち込みが影響し、世界貿易の規模が縮小に限りなく近い横ばいとなってしまったのである。

良い傾向としては、暫定的な報告ではあるが、域内諸国がより高品質の新商品を含む輸出用製品の生産を拡大しつつあり、それが欧米のニッチ市場で売れているとする説である。更に、過去2年間の調整により為替レートの競争力が高まった事から、域外からの輸入品に、域内で効率よく生産された製品やサービスが取って代わり、その結果、域内貿易拡大に道が開かれた。同報告はまた、変動相場制を採用する国は、輸出品目と輸出先の多様化を図っていると指摘する。

「ひとつ疑問があるとすれば、多くの国では好景気後の新たな状況に適応するためマクロ経済の調整プロセスが進行中だが、それと、この生産面のシフトに必要な構造的変化の足並みが果たして揃っているのかどうかである。成長を持続するには、将来の成長促進に重要な役割を果たす投資を調整プロセスにおいて過度に縮小すべきではない。」と同チーフ・エコノミストは指摘する。

いまも続くマクロ経済の調整は、一次産品輸出国が多く、一次産品価格の下落から一番の打撃を受けた南米に集中する傾向にある。今のところ、ペルー、チリ、パラグアイの少なくとも3カ国が調整を完了しており、今後は、公平な社会の実現に向けた成長に、これまでに比べ自由に注力する事ができる。しかし、財政支出の管理は多くの国にとっての課題となっている。

貯蓄投資バランスの均衡を図る事が、中期的により質の高い教育とインフラへの投資拡大に道を開き、それが、交易可能な財とサービスの生産に向けた転換を支えることになるだろう。そうした転換を実現しない限り、同地域が一次産品価格高騰の時期に達成した社会面の前進のリズム回復に求められる成長レベルを達成する事は難しいだろう。

メディア連絡先
ワシントン
Alejandra Viveros
電話: +1 202 458 2841
aviveros@worldbank.org
ワシントン
Marcela Sánchez-Bender
電話: +1 202 473 5863
msanchezbender@worldbank.org
東京
平井 智子
電話: +81 (3) 3597-6650
thirai@worldbankgroup.org


プレスリリース番号:
2017/034/LAC

Api
Api