Learn how the World Bank Group is helping countries with COVID-19 (coronavirus). Find Out

BRIEF

<本年度の募集は終了しました>日本/世界銀行 共同大学院奨学金制度(JJ/WBGSP) 日本人向け特別枠 募集期間2020年3月31日~4月23日

2020年4月3日



Image

<本年度の募集は終了しました>

※(2020年4月3日訂正)日本人向け特別枠の募集期間は2020年3月31日~4月23日として、募集要項などの詳細が世界銀行本部の奨学金プログラムのウェブサイトに掲載されました。

奨学金

世界銀行では1987年以降、日本政府による世界銀行への拠出により、日本/世界銀行共同大学院奨学金制度(JJ/WBGSP)を運営しています。このプログラムは主として開発途上国の人々を対象としていますが、そのプログラムの一部として、世界銀行などの開発金融機関での活躍を目指す日本人のための枠を設けています。

将来、世界銀行などの国際開発金融機関に就職することを目標とし、開発関連分野を専攻として日本国外の大学院から入学許可を受けている、もしくはすでに在籍している、実務経験を有するミッドキャリアの日本人の方を対象として、在学中の最大2年間にわたり学費・生活費・渡航費・医療保険を支給する世界銀行の奨学金です。

基本的な応募資格

  • 日本国籍を有すること
  • 募集期間の開始日またはそれ以降の募集期間中、本人、親族(血縁・養子縁組を含む。親族とは、母、父、姉妹、異父母姉妹、兄弟、異父母兄弟、息子、娘、叔母、叔父、姪、甥を指す)が世界銀行グループ(国際復興開発銀行、国際開発協会、国際金融公社、多数国間投資保証機関、投資紛争解決国際センター)の理事、理事代理、職員(臨時職員、コンサルタントを含む)ではないこと
  • 募集期間の開始日またはそれ以降の募集期間中、日本政府および政府関係機関(JICA、地方自治体、日本銀行を含む)の職員ではないこと
  • 学士号(または学士号相当の学位)取得後、応募締切日までの過去6年以内に、3年以上の開発関連分野における有給の職歴があること
  • 応募時に、開発関連分野で日本国外の大学院への入学許可を(資金条件を除き特別な条件なしに)に取得もしくは既に在籍している、もしくは途上国に直接関係する開発関連分野のフルタイムの職業に就いていること

 

応募プロセス

応募ガイドライン、応募資格の詳細、オンライン応募フォーム、必要提出書類のリスト、FAQなどの詳細は、世界銀行奨学金プログラムのウェブサイトをご覧ください。

 

奨学金プログラム修了生インタビュー

お問合せ

奨学金ウェブサイト上に掲載されているFAQをよくお読みください。世銀東京事務所では質問を受け付けておりません。