プレスリリース

世界銀行、2011年3月に新たな対アフリカ支援戦略を発表

2011年1月19日




ワシントン、2011年1月19日- 世界銀行は本年3月、2016年までの向こう5年間にいかにして援助のアプローチを見直し、アフリカ諸国とのパートナーシップを深化させるかを新たにまとめた対アフリカ支援戦略を発表する。

「アフリカの未来と世界銀行の支援」と題する同戦略は、8か月にわたる一連の会合及びインターネット上での協議に参加したアフリカ住民を中心とする2,000人以上のインプットやフィードバックに基づき策定された。アフリカ大陸における開発促進に向けて、2005年以降採用してきた戦略「アフリカ行動計画」の見直しを行うため、世銀は2010年6月から12月に、関係国政府の担当者、開発専門家、国会議員、政策関係者、在外のアフリカ出身者、シビルソサエティ代表、民間セクター、学者などに呼びかけ、協議を行った。

36か国(うち31か国はアフリカ諸国)で開催された会合やワークショップでは、1,000人近いステークホルダーからインプットが寄せられた。さらに、協議の第一段階に当たる2010年6月から9月には、インターネット経由で参加した540人以上からもコメントや提案が送られ、これを基に同戦略の初期の草案が作成された。
第一段階では、ステークホルダーから、それぞれの国、準地域、大陸に関していくつもの懸案が提起された。成長の原動力としての民間セクター振興から、政府の資源管理能力、地域別の解決策を編み出すための準地域の経済機構の役割まで、その内容は多岐にわたった。

2010年11月に戦略の草案が発表されると直ちに協議は第二段階に入った。世銀は第一段階で寄せられたインプットが取り入れられているこを確認し、さらにコメントを受付け、戦略に反映した。880人の回答者のうち76%が、新戦略案はアフリカが直面する開発課題を正確にとらえていると回答した。

「このプロセスに参加してくれたすべての人々に感謝したい」、と戦略策定の責任者であるシャンタ・デバラジャン世界銀行アフリカ地域担当チーフ・エコノミストは述べている。「寄せられたコメントから、我々が長い間信じていたことは正しかったことが実証された。経済成長と貧困削減を促進するために必要な開発ニーズや対策の決定には、アフリカの人々自身こそが最も適している、ということだ」

世銀は今後、協議で得られたフィードバックに基づき、アフリカの開発支援に、戦略案に明記された(1)競争力と雇用、(2)脆弱性と回復力、という2つの柱に沿って関与していくことになる。

これら2つの分野横断的テーマに沿って進められる取組みは、ガバナンスと公共セクターの能力が基盤となっている。2つの柱と基盤では、経済の急成長開始と世界の成長の核としてのアフリカの潜在性など、現在の課題と優先項目、機会が認識されている。

また、世銀の内部改革も考慮に入れられている。中でも最も重要な改革は、開発プログラムの設計・実行に当たっての途上国のオーナーシップ拡大、データや情報、知識へのアクセス(途上国間での学習を含む)向上、現地への分権化が進む中での世銀職員(アフリカ駐在の専門家やマネージャを含む)のエンパワーメント強化である。

同戦略実行のための主たる手段はパートナーシップである、とオビアゲリ・エゼクウェシリ世界銀行アフリカ地域担当副総裁は言う。開発ソリューションを前進させるために民間セクター、開発実務者、そして何よりも重要なアフリカの社会を活用し、世銀の知見や資金が今以上に生産的・効果的に活用されるようにする必要がある。

協議の参加者からは多くの提案が寄せられたが、中にはステークホルダーから世銀に対して以下のような提言もあった。

  • アフリカ大陸をビジネスの目的地と捉える傾向は今後数年間で高まると想定した上で、アフリカとの貿易や開発における中国の長期的役割を認識し、より強固なアジア・アフリカ間パートナーシップを促進・構築する
  • 開発業務の設計、実施、モニタリング、評価にシビルソサエティ組織など国家以外のアクターの関与を促す
  • 貧困層の所得拡大や食糧の安全保障改善、貧困削減、アグリビジネスの機会創出の分野での大きな潜在性に鑑み、農業をこれまで以上に重視する
  • アフリカの、特に若者と女性の雇用の主たる原動力である非公式セクターを競争力と雇用という同戦略の柱に取り込み、最善の方法を検討する

世界銀行アフリカ地域局は、広範で貴重なインプットとフィードバックに基づき、現在同戦略の最終版をまとめつつあり、2011年3月初旬に理事会に提出する予定である。

「アフリカの未来と世界銀行の支援」は、理事会承認後に発表され、2011年7月1日に始まる新年度から実施される。理事会による審査に先立ち、エゼクウェシリ副総裁とデバラジャン・チーフ・エコノミストが、協議プロセスの概要と結果を説明する予定である(日程はまもなく発表)。

世界銀行グループは47のサブサハラ・アフリカ諸国でプロジェクトを進めており、資金は主に、世界の最貧国79か国(うち39か国はアフリカ諸国)のための世界銀行の基金である国際開発協会(IDA)と、民間セクターを支援する国際金融公社(IFC)を通じて拠出されている。2010年、世銀グループは、アフリカに対する貸出、ほぼ無利子の融資、贈与、直接投資、保証として過去最高の115億ドルの拠出をコミットした。

メディア連絡先
In ワシントン
Ikechi Okorie
電話: (202) 458-2195
iokorie@worldbank.org
In 東京
智子 平井
電話: (81-3) 3597-6650
thirai@worldbank.org

プレスリリース番号:
2011/304/AFR

Api
Api