特集

エヌジェーエス・コンサルタンツ、バングラディシュで浄水場整備事業コンサルティング業務を受注

2013年7月30日

世銀が支援するモデナガット浄水場整備事業整備案件にかかるコンサルティング業務を、株式会社エヌジェーエス・コンサルタンツが現地企業とのコンソーシアムで受注しました。

人口260万人を抱えるバングラディシュ第二の都市チッタゴン市では、急激な都市化に伴い、水の需要に対応したインフラ整備が遅れているため、浄水場整備を積極的に進めています。これまでに2つの浄水場が整備され、3つ目の浄水場が目下建設中です。新たに整備されるモデナガット浄水場整備(処理能力9万立方メートル/日)により、新たに約45万人に安全な水が供給される予定です。

チッタゴン市中心部の様子
チッタゴン市中心部の様子(写真提供:株式会社エヌジェーエス・コンサルタンツ)

本事業の契約は、チッタゴン上下水道公社(CWASA)との間で締結され、契約金額は、約500万ドル、2013年7月から2016年12月までに、新たな取水施設、浄水施設、送水ポンプ施設及び増圧ポンプ施設等の整備にかかるフィージビリティスタディ、概略施設設計、詳細設計、入札業務支援及び施工監理に対するコンサルティング・サービスを提供します。

同社は、過去10数年にわたりチッタゴン市において上水道整備事業に携わってきた結果、クライアントであるCWASAとの良好な信頼関係と実績を築いており、また将来のビジネスチャンスも考慮した結果、今回の受注に至りました。

調査実施風景
調査実施風景(写真提供:株式会社エヌジェーエス・コンサルタンツ)

本事業は、バングラディシュにおいて将来的にも大きな需要が見込まれる水道施設整備において大きな礎石となり、安全な水の供給を通じて生活環境衛生の改善、貧困削減につながることが期待されています。  

世銀東京事務所では、世界銀行各種案件のビジネス機会、調達ガイドライン等に関する個別相談を行っています。ご相談をご希望の方は、こちらから、お気軽にお問合せください。





Api
Api