Learn how the World Bank Group is helping countries with COVID-19 (coronavirus). Find Out

 イベント
世界銀行 分野別実務者研修会合シリーズ第1回:都市洪水リスク管理
2016年4月18-21日東京


Image

 

2016年4月18日-21日にかけて、世界銀行東京ラーニングセンター(TDLC)と世界銀行東京防災ハブ(DRM)は、都市洪水コミュニティ・プラクティス(UFCOP)、国土交通省及び財務省の協力を得て、都市洪水リスク管理に関する第一回分野別実務者研修会合を開催しました。

分野別実務者研修会合は、TDLCの活動を代表する活動の一つであり、世界銀行のクライアントやプロジェクトの協力を得て、現地視察、ピアツーピアの知識共有及び活動計画を行っています。分野別実務者研修会合は、クライアント国で需要の高いテーマにつき日本の経験や解決策を活かすプログラムで、途上国や都市の代表及び世界銀行やその他専門家を含む、8-10か国を代表する20人-40人の参加者を招き、通常4-5日で実施されます。

都市洪水リスク管理分野別実務者研修会合は、ナレッジ・シリーズ最初のプログラムで、集約的な現地視察やピア・ラーニングを通して知識を深めるため、途上国に直接知識交換を行います。本会合には、ベトナム、インドネシア、ラオス、ソロモン諸島、マダガスカル、ナイジェリア、ガーナ、アルゼンチンからクライアントや世界銀行職員が参加しました。国土交通省、国際協力機構(JICA)、水災害・リスクマネジメント国際センター(ICHARM)、シンガポールのパブリック・ユーティリティ・ボード (PUB)から専門家が参加し、各国の経験についてプレゼンテーションを行いました。

次回分野別実務者研修会合は、公共交通指向型開発(TOD)をテーマとし、世界銀行社会・都市・農村開発・強靭性(GSURR)、運輸・情報通信技術のグローバル・ラクティスの共催である世界銀行TODコミュニティ・プラクティスの協力のもとTDLCにて本年5月に行われます。

 

Image

 

Image