イベント
Image
「世界銀行で働く~採用プログラムと求められる人材像」
2015年3月2日東京

政策研究大学院大学(GRIPS)、世界銀行共催
今年1月に新たに開始したアナリスト・プログラムをはじめ世界銀行の採用プログラム、求められる人材像、どのような準備をしたらいいのかなどについて、日本人採用を担当する関本範枝 世界銀行人事総局上級採用担当官がご紹介しました。

世界銀行では、日本とのパートナーシップ強化の観点から、ミッド・キャリア(専門分野での修士号または博士号と、少なくとも5年以上の実務経験を有する方)対象の採用ミッションを今年2月下旬に日本に派遣し(今回が4回目)、若手人材を採用する日本人向けのジュニア・プロフェッショナル・オフィサー(JPO)制度を2010年に開始するなど、優秀な日本人専門家の採用を積極的に進めてきました。本セミナーでは、今年1月に新たに開始したアナリスト・プログラムをはじめ世界銀行の採用プログラム、求められる人材像、どのような準備をしたらいいのかなどについて、日本人採用を担当する関本範枝・世界銀行人事総局上級採用担当官がご紹介しました。

 

スピーカー紹介
 

Image 関本範枝 
 世界銀行人事総局上級採用担当官
 



同志社大学法学部、カナダ・マギル大学大学院修士課程(社会学)を卒業後、 国際労働機関(ILO)、国連食糧農業機関(FAO)、経済協力開発機構(OECD)、世界銀行、アジア開発銀行(ADB)で一貫して人事管理・採用に従 事。2013年より再び、世界銀行の上級採用担当官に就任し、日本人採用を担当。著書に「世界で損ばかりしている日本人」(ディスカバー携書)。

 

当日の資料

World Bank Group - End Poverty (PDF)
 

参考

世界銀行の採用関連情報

イベント詳細
  • 日時: 
    2015年3月2日(月)
    午後2時~3時30分
  • 場所: 
    政策研究大学院大学(GRIPS)
    東京都港区六本木7-22-1
    地下鉄大江戸線・日比谷線六本木駅、千代田線乃木坂駅
    地図
  • 言語: 日本語(英語への通訳なし)
  • お問合せ: 
    世界銀行東京事務所 大森
    komori@worldbankgroup.org
    TEL: 03-3597-6650