Learn how the World Bank Group is helping countries with COVID-19 (coronavirus). Find Out

 イベント
Image
世界銀行パブリックセミナー「東アジア・大洋州地域における都市衛生:分析と提言」
2013年10月2日東京

東アジア・大洋州地域の都市では、経済が成長する一方で衛生状況は改善していない現状があります。世銀では「都市衛生レビュー:今こそ行動を」報告書をまとめ、現状分析と持続的な衛生改善手法を提言する予定です。

十分な衛生状態を得られていない人々の数は世界で25億人、うち6億6000万人が東アジア・大洋州地域で生活しているといわれています。近年、同地域は目覚しい都市化が進んでおり、域内の都市は経済成長を牽引していますが、これらの都市では、経済が成長する一方で衛生状況は改善しておらず、不十分な衛生が経済に及ぼす影響は85億ドルにのぼり、増加傾向にあります。また、都市衛生状況が整っていないため、コレラや下痢による慢性的な健康状態の悪化などの高いリスクにさらされています。世界全体で見ると、下痢を原因とした死亡の約88パーセントが衛生施設の欠如、衛生を保つために必要な水の不足、安全でない飲料水により引き起こされています。さらに、不十分な衛生状況により水道を清潔に保つことが出来ず、飲料、灌漑などに対する清潔な水の供給が困難になっています。

こうした状況をうけて、世銀は「都市衛生レビュー:今こそ行動を」報告書をまとめ、現状分析と持続的な衛生改善手法を提言する予定です。このたび、本報告書の主執筆者であるスィディプト・サルカル・世界銀行東アジア・大洋州地域持続可能な開発総局水装置担当官の来日を機会として、本報告についてご紹介いたします。ぜひご参加ください。

イベント詳細
  • 日時: 
    2013年10月2日(水)
    午後4時~午後6時
  • 場所: 
    世界銀行東京開発ラーニングセンター
    東京都千代田区内幸町2-2-2
    富国生命ビル10階
    所在地・地図
  • 言語: 
    英語・日本語(同時通訳付)
  • お問合せ: 
    世界銀行東京事務所
    ptokyo@worldbank.org
    TEL: 03-3597-6650
  • お申込み: 
    以下の登録ボタンよりお申し込みください。参加費は無料です。