Learn how the World Bank Group is helping countries with COVID-19 (coronavirus). Find Out

BRIEF

世界銀行グループ ジェンダー戦略:コンサルテーション

2015年4月24日



世界銀行グループは、現在、新ジェンダー戦略に向けての議論を進めています。

その一環としてコンサルテーションを実施しており、皆様がお持ちのご意見やご提案をウェブ上で募集するとともに、各国で会合を予定しております。

 

世界銀行ジェンダー新戦略は、世界各地で、また世界銀行グループ内で進む抜本的な変化を反映するとともに、ジェンダー格差の解消のために何が効果的なのか、これまでに蓄積された客観的根拠(エビデンス)をもとに、策定が進められています。

2001年に策定された現行の戦略は、ジェンダーの平等を開発効果の確保に不可欠な要因であると捉え、その重要性を強調し、ジェンダーの視点を世界銀行の政策対話、分析業務、プロジェクトに取り入れるための基礎を築いてきました。このたび策定される新ジェンダー戦略は、世界銀行グループの2つの目標である貧困の撲滅と繁栄の共有を達成するために、途上国、民間セクターにおけるジェンダー格差の解消と、女性の発言力と行動力の拡大に資する成果を上げる必要性をこれまで以上に重視し、プロジェクトの実務に即したものとする考えです。

4月8日に世界銀行グループ理事会で議論されたコンセプト・ノートは、新ジェンダー戦略の枠組みの概要を説明しており、コンサルテーションの基礎資料になります。新戦略は、これまでの歩みを足がかりに、ジェンダーの平等で達成すべき水準の引き上げを図ります。具体的には、貧困層の経済的機会アクセスをめぐり男女で異なる制約をそれぞれに解消するため、官民セクターがとり得る具体的なアプローチを示し、女性や女子がその可能性を最大限発揮できるようエンパワーメントを実施します。女性や女子ならではの制約を解消し、男性や男子と同じ土俵に乗せることができれば、貧困削減と繁栄の共有促進に向けた流れを加速することが可能となります。

この機会に皆様からのご意見をウェブ上でお寄せください。また、ジェンダー格差を是正する解決策やアプローチの事例につきましては、メール(genderconsultations@worldbankgroup.org)でお送りください。

 

新戦略策定のスケジュール

Image