BRIEF

東アジア・大洋州地域


Image


概要

新型コロナウイルス感染症の世界的流行が始まる前の2019年、東アジア・大洋州地域の成長率は2018年の6.3%から5.9%に低下しました。中国の成長率は2018年の6.6%から2019年は6.1%に減速し、中国を除く東アジア・大洋州地域の途上国の成長率は、2018年の5.2%から2019年には4.7%に低下しました。世界銀行が発行する「世界経済見通し(GEP)」の2020年6月版によると、この地域の2020年の成長率は0.5%に減速する見通しです。明らかな下振れリスクとしては、新型コロナウイルス感染症の世界的流行が想定より長引くこと、金融市場への圧力が長期化すること、貿易紛争の再燃によって世界貿易が想定外に長くかつ大幅に縮小すること等が考えられます。

2019年、中国を除く東アジア・大洋州地域の途上国の推定貧困人口(1日5.50ドル未満で生活している人々)が2億7,100万人だったのに対し、東アジア地域の途上国の総人口の65%を占める中国の推定貧困人口は約2億2,500万人に上りました。2020年は、新型コロナウイルス感染症が経済にもたらす影響により、域内の貧困人口が大幅に増加する恐れがあります。

詳細は2020年度年次報告書(PDF)をご覧ください。


プロジェクトの成果

モンゴルの農村の脆弱性軽減
モンゴル農村部に対するIDA支援は、176万人、50万以上の世帯に恩恵をもたらし、そのうち50%以上が女性でした。

中国:廃水処理と廃棄物処理場建設で揚子江の汚染を緩和
IDAの支援により、急成長中の重慶市に近代的な汚水・廃棄物処理施設が建設されました。

インドネシア:制度拡充を通じてよりよい成果を
世界銀行グループは、経済・社会両面で、様々なセクターを対象にインドネシアを支援しています。

 

参考情報

東アジア・大洋州地域経済報告(英語)
東アジア・大洋州地域全体のマクロ・セクター概況です。毎年春・秋更新





Welcome