イベント
公共交通指向型開発(Transit-Oriented Development)セミナーシリーズ第3回「日本の公共交通指向型開発の歴史および日本モデルの途上国への適用可能性」
2016年5月17日東京


主催:世界銀行東京事務所、世界銀行東京開発ラーニングセンター(TDLC)

Image

 

世界銀行グループ東京開発ラーニングセンター、世界銀行東京事務所は、国土交通省および財務省の協力のもと、第3回公共交通指向型開発(Transit-Oriented Development: TOD)セミナーを2016年5月17日に開催しました。開催挨拶で、塚越保祐世界銀行駐日特別代表は、日本のTODの特徴として、交通手段と土地利用を一体的、かつ、官民が連携して開発を推進し、土地の付加価値の増大を挙げました。塚越特別代表は、TODが「質の高いインフラ」にも多いに貢献すると述べました。

本セミナー基調講演において越澤明北海道大学名誉教授は、「現在日本では、貧富に関わらず公共交通機関が利用されます。1923年の関東大震災は、日本の都市開発が進められていた最中に起こり、皮肉にもその震災が世界最大規模の日本の都市改造を可能にしたのです。」と述べました。

日本の都市開発戦略には、密度の集中、駅利用者の多様性、スペース節約の統合性、周辺環境との接続性、ヒューマン・スケールや低炭素性などの要素が組み込まれました。日建設計執行役員・プロジェクト開発部門副統括の田中亙氏は、「日本のTODを他国に適用するためのヒントはたくさんあります。ただし、開発実現には関係者の調整が欠かせません。」と述べるとともに、プロジェクトのオペレーションや管理に係る役割分担および予算の適切な配分の重要性を指摘しました。

デルモ・マヌエル・ピンホ リオデジャネイロ市交通局副局長は、大都市計画にTOD理念を適用し、ケイマドス駅のように試験的に取り入れることが大切だと述べ、小規模のTODプロジェクトが大都市に大きなインパクトを与えることを強調しました。

本セミナー最後のプレゼンテーションでは、大規模な駅のユニークな特徴を各都市が生かすことを目的とした「3Vフレームワーク」が紹介されました。「急成長を遂げている都市は、TODを近隣に適用するだけでなく、大規模な駅周辺のスペースを開発することにより、都市の持続可能性を生みだすことができるのです。しかし、それぞれの駅には特徴があり、その特徴に応じた手法が必要です。」とジェラルド・ポール・オリビエ世界銀行上級インフラストラクチャー専門官[YH1] ・TODコミュニティ・オブ・プラクティスリードが述べ、ノード(node)、場所(place)、市場(market)の3価値のバランスの重要性を指摘するとともに、3VフレームワークがTOD駅周辺の経済価値を高めることを説明しました。また、ノード別の総括戦略も紹介されました。

石垣和子 国土交通省総合政策局国際政策課総括国際交渉官は、閉会挨拶の中で、「TODはまさに官民一体の活動です。私たちは、TODがもたらす利益や社会への影響について深く知る必要があります。」と述べました。

 

 

 

近年、急速かつ大規模に進む途上国の都市化と、経済発展に伴う車両数の増加により、交通渋滞や大気汚染などが懸念されていますが、有効な土地利用と交通整備に配慮した開発を実施することで、持続可能な都市開発が可能となります。公共交通指向型開発(Transit-Oriented Development: TOD)は、持続可能な都市の成長と開発を促進するための主要な解決策のひとつであり、TODを都市計画に取り入れることで経済開発、環境持続性、包括的な社会成長につながります。

世界銀行は、日本政府のご支援により、日本の経験や専門知識を途上国における都市開発に役立てる取り組みを行っています。この一環として、途上国の都市・交通専門家と世界銀行のプロジェクト担当者が来日し、TODに関する「分野別実務者研修会合」を開催します。

この機会に、国土交通省と協力し、東京と途上国をテレビ会議で接続して開催するTODセミナーシリーズの第3回「日本の公共交通指向型開発の歴史および日本モデルの途上国への適用可能性」を開催します。今回のセミナーでは、越沢明 北海道大学名誉教授をお迎えし、日本におけるTODの歴史を紐解き、日本及びアジア等におけるTODの成功事例や、TODの経済財務効果を土地の付加価値、接続性の付加価値、市場価値の観点から定量的に分析した3Vフレームワークを通じて日本型TODの有効性を検証し、課題整理と途上国への応用の可能性について、分野別実務者研修会合に参加する専門家および世界銀行のチームとともに議論します。

プログラム:

開会挨拶

塚越 保祐 世界銀行駐日特別代表

基調講演

越沢 明 北海道大学 名誉教授

講演

田中 亙 日建設計 執行役員 プロジェクト開発部門副統括 

ジェラルド・ポール・オリビエ 世界銀行 上級インフラストラクチャー専門官 等

分野別実務者研修会合参加国の都市・交通専門家 (調整中)

モデレーター

ダニエル・レヴィン 上級TDLCプログラム担当官
 

イベント詳細
  • 日時: 2016年5月17日(火)午後5時30分~午後7時30分

場所:
世界銀行東京開発ラーニングセンター(TDLC)
東京都千代田区内幸町2-2-2
富国生命ビル10階
地下鉄三田線内幸町駅直結、千代田線・日比谷線・丸の内線霞ヶ関駅C4出口下車
地図

言語:
英語・日本語(同時通訳付)

お問合せ:
世界銀行東京開発ラーニングセンター
jointokyo@worldbank.org
TEL: 03-3597-1333


関連サイト

東京開発ラーニングセンター (TDLC)

世界銀行東京事務所ホーム