Skip to Main Navigation

世界銀行 東京開発ラーニングセンター(TDLC)

横浜市

Image

概要 

横浜市は、かつて高度経済成長期に人口が急増し、今日の新興国諸都市が抱えているのと同様の様々な都市問題に直面しました。横浜市では、これらに対して、現在の横浜市を形作った総合都市計画の「六大事業」に象徴される施策のもと、一貫性のある計画の長期的な実施、市民や企業の参加を促すための仕組みやインセンティブの導入などにより、開発プロジェクトを実施してきました。その結果、横浜は環境に優しく、経済基盤のしっかりとした、住みやすい都市へと変容を遂げました。 

2016年のTDLCの都市連携プログラム(CPP)開始以来、横浜市は、都市デザイン、市民参加による廃棄物削減、治水と汚水処理の統合、強靭性のある都市づくりなど、同市が培ってきたまちづくりの事例やノウハウを、都市開発実務者向け対話型研修(TDD研修)を通じて、世界銀行が融資する事業に取り組む途上国の都市に共有しています。また、TDLCは、同市の代表的な国際会議「アジア・スマートシティ会議」を共同運営する他、TDLCの技術協力事業を通じて、横浜市の職員や専門家を現地に派遣するなど、TDD研修以外でも積極的な連携を展開しています。 

主要な連携テーマ 

  •  ウォーターフロントを 中心とした都市再生 
  •  都市の強靭性と治水対策  
  •  競争力のある都市と スマートシティ

Image

横浜市からのコメント 

横浜市はCPPの第一期選定都市として参加し、TDLCと連携して知見の共有を行ってきました。また、TDLCにとりまとめていただいた「競争力のある都市の事例研究」や「横浜ソースブック」により、改めて横浜の都市としての強みを再認識することができました。アジア・スマートシティ会議もTDLCと連携して開催することで、海外の都市開発に関する情報・人が集まるマーケットプレイスとしての機能が充実しています。2021年にはTDLCをモデルにしたナレッジハブとしてY-PORTセンターの機能強化も行いました。今後も更なる連携強化により、新興国の都市課題解決にTDLCとともに貢献していきます。 

横浜市国際局長 橋本徹 

 

主な連携実績 

*2022年6月現在

主な出版物

Image

横浜都市デザインスケッチブック:コミュニティ主導のビジョンから実践へ

2022年3月

Image

Yokohama: reinventing the future of a city /横浜 都市の将来を再編する

2017年10月

 

関連リンク

横浜市Y-PORT事業

Japan-World Bank Program for Mainstreaming Disaster Risk Management in Developing Countries





ソーシャルメディア

世界銀行 東京開発ラーニングセンター(TDLC)
〒100-0011
東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル14階
電話: 03-3597-1333
FAX: 03-3597-1311
Eメール
所在地