Skip to Main Navigation

世界銀行 東京開発ラーニングセンター(TDLC)

福岡市

Image

概要 

古くからアジア大陸との交流拠点として発展してきた福岡市は、日本屈指の交通の要所(福岡空港、博多港、博多駅)を有し、公共交通指向型開発に関する多くの事例や知見を積み重ねてきました。市内に多くの大学があることから、20〜30代の人口比率は日本の平均を大きく上回り、活気のある九州の政治・経済・文化・ファッションの中心地として知られています。また、誰もが健康で暮らしやすい都市を実現するために100個のアクションプランを掲げた「福岡100」などの新しい取り組みも展開しています。 

今日、福岡市は日本で急成長を遂げているスタートアップ拠点の一つとして知られ、市内での起業をワンストップでサポートする「スタートアップカフェ」などの様々な起業支援を提供しています。さらに、最先端の技術や革新的な発想を導入した持続的な街づくり事業「FUKUOKA Smart EAST」を箱崎地区にある大学跡地(約50ha)にて展開させ、スマートシティのモデルづくりに取り組んでいます。 

2018年にTDLCと都市連携プログラム(CPP)のパートナー都市として締結して以来、主に公共交通指向型開発や公共空間、高齢化における都市管理などをテーマとしたTDD研修やイベントなどを協働で開催しています。福岡市の競争力のある都市づくりの実績や都市交通開発のノウハウ、アジアとの交流拠点として培った経験、若者を呼び込む施策などは、世界銀行と連携する途上国の都市開発関係者から注目を集めています。 

主要な連携テーマ

  • 公共交通指向型開発 
  • イノベーションとスタートアップ・エコシステム 
  • 競争力のある都市とスマートシティ

Image

福岡市からのコメント 

福岡市は、2018年6月に「持続可能で住み良いまちづくり」と「競争力を有する都市」をテーマとしたCPPの覚書を世界銀行と締結しました。以降、高齢化や廃棄物管理をはじめとした都市課題、あるいは公共交通指向型開発やスマートシティといったまちづくりについて世界銀行と連携した取り組みを行っています。市民の生活を支える地方自治体として我々がこれまで蓄積してきた知見が、世界銀行が持つグローバルなネットワークによって途上国等が直面する都市 課題の解決に貢献できるよう、今後とも世界銀行と協力していきます。   

                         福岡市国際部長 久保田 和広

 

主な連携実績

*2021年11月現在

 

主な出版物

Japan-World Bank Program for Mainstreaming Disaster Risk Management in Developing Countries





ソーシャルメディア

世界銀行 東京開発ラーニングセンター(TDLC)
〒100-0011
東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル14階
電話: 03-3597-1333
FAX: 03-3597-1311
Eメール
所在地