Skip to Main Navigation
ビデオ 2021年4月14日

ショックに備えた保健医療システムの構築

緊急事態が発生した際にクリティカルケアを提供する、そのフロントライン(最前線)にあるのが保健医療システムです。 しかし、低中位所得国ではリソースと能力に制約があるため、パンデミック以前から多くの保健医療システムでは日常的な需要を満たすことさえ困難でした。今後、災害や気候変動をはじめ、パンデミック、人口動態の変化、慢性疾患によって、そうしたすでに困窮している保健医療システムへの負担はさらに増していくことでしょう。 世界銀行が新たに作成した報告書フロントライン『Frontline』は、防災と緊急事態管理の経験から得た教訓を活かして、これまで以上に信頼性の高い、ショックに耐え得る保健医療サービスの提供に向けて5つの領域にわたる優先事項を提案しています。