ジェンダーとIDA:平等とエンパワーメントの促進

2012年10月31日

最貧国では、ジェンダーの不平等によって女性・女児の機会がはなはだしく制限されてい­ます。ジェンダーの平等と女性・女児のエンパワーメントを推進することは、貧困、飢餓­、疾病との闘い、真に持続可能な開発を促進するための最も効果的な方法の一つです。 国レベルでジェンダーの平等を達成するには、複数のセクターが関与する取り組みをまと­め、長期にわたって活動を持続させることが必要です。その意味で世界銀行の最貧国向け­の基金であるIDAは、他のどの機関よりもその支援に適した立場にあります。IDAは­、女児の教育アクセスの拡大と、その他のエンパワーメントの機会の創出に取り組んでき­ました。IDAは、低所得国向けに最大規模の譲許的資金を提供する機関として、女性の­保健と教育への投資、経済的機会への平等なアクセスの実現において、重要な役割を果た­し続けています。