プレスリリース 2019年11月11日

世界銀行グループ、多数国間投資保証機関(MIGA)長官に俣野弘氏を任命

ワシントンD.C.、2019年11月11日世界銀行グループのデイビッド・マルパス総裁は本日、多数国間投資保証機関(MIGA)の長官に、日本人の俣野弘氏を任命すると発表した。MIGAは、民間企業や金融機関に政治リスク保険や信用保証を提供し、途上国におけるクロスボーダー投資を促進している世界銀行グループの機関である。俣野氏は現在、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)傘下の東銀リース株式会社にて常務執行役員を務めている。

「俣野氏は、プロジェクト・ファイナンスの世界的リーダーであるMUFGにおいて、30年以上にわたり銀行・金融業務に従事してきた。俣野氏をこのたびMIGA長官として迎えられることを喜ばしく思う。同氏が有するグローバルマーケットにおける事業運営の経験は、MIGAのパートナーシップ構築や事業展開に大いに貢献すると確信する。」とマルパス総裁は述べた。

俣野氏は2017年6月から東銀リースで常務執行役員を務めており、MUFGでは執行役員ストラクチャードファイナンス部長を務めた。過去には3年間にわたり、世界銀行グループの国際金融公社(IFC)に出向した経験も有する。慶應義塾大学にて学士号、スタンフォード大学経営大学院にて修士号を取得。

俣野氏は、2019年10月31日に世界銀行グループを退官した本田桂子氏の後任として、MIGA長官に就任する。MIGAは、本田氏の任期中にIDA諸国への支援や気候変動対策など、ポートフォリオを拡大した他、他の国際開発金融機関との協力を深め、グローバルなリスク保証機関という開発金融におけるMIGAの役割を強化した。

俣野氏は2019年12月16日付けでMIGA長官に就任する。


プレスリリース番号: 2020/074/MIGA

お問い合せ

ワシントンDC
David Theis
(202) 458-8626
dtheis@worldbankgroup.org
東京
平井智子
(+81-3) 3597-6665
thirai@worldbankgroup.org
Api
Api