Learn how the World Bank Group is helping countries with COVID-19 (coronavirus). Find Out

プレスリリース 2018年6月4日

東海東京証券グループがサステナブル・ディベロップメント・ボンドを販売

東京、2018年6月4日ー世界銀行はこの度、国内の個人投資家を対象にサステナブル・ディベロップメント・ボンドを発行いたします。今回発行さ れるサステナブル・ディベロップメント・ボンドは、期間3年のインド・ルピー建て債券(発行額:957,000,000インド・ル ピー)及び期間3年のメキシコ・ペソ建て債券(発行額:73,000,000メキシコ・ペソ)で、インド・ルピー建て債は東海東 京証券(代表取締役社長 早川 敏之)、宇都宮証券(代表取締役社長 菊地 正敏)、ワイエム証券 (代表取締役社長 西原 克彦)が販売し、メキシコ・ペソ建て債は宇都宮証券と浜銀TT証券(代表取締役社長 高野 健吾)が販売致します。販売期間は6月4日から6月27日までとなります。

サステナブル・ディベロップメント・ボンドは、世界銀行が開発途上国の貧困削減および開発支援のために取組む、教育・ 保健・インフラ・行政・農業・環境等の幅広い分野のプロジェクトを支えるために国際資本市場で発行されます。世界銀行 が投資家の皆様からお預かりした資金は、開発途上国の持続的発展を目的とするプロジェクトへの融資案件に活用され ます。

世界銀行は2030年までに「極度の貧困を撲滅」し、「繁栄の共有の促進」を持続可能な形で実現することを使命とし ており、この2つの目標は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」とも連携しています。

東海東京証券、ワイエム証券、浜銀TT証券、宇都宮証券は、サステナブル・ディベロップメント・ボンドの販売を通じて、 投資を通じて社会に貢献したいという投資家の皆様の願いと世界銀行が開発途上国で展開する様々なプロジェクトへの 橋渡し役を担い、社会的責任投資を推進すると同時に「持続可能な開発目標(SDGs)」にも貢献して参ります。

世界銀行が取り組むプロジェクト事例

パナマ -母子健康保健サービスの改善と拡大プロジェクト 世界銀行融資額︓4,000 万米ドル (円貨相当額約 40 億円*)
これまで十分に保健サービスが行き届いていなかった 47 の農村地域 に住む20万人以上の人々を対象に出張診療所を手配し、基本的 な保健サービスへの容易なアクセスを提供。特に母子向けサービスの 改善に注力し、1 歳未満の乳児に対する予防接種の実施及び医 療専門家の立会いによる出産数も増加しました。 

スワジランド- HIV/エイズと結核に対処するプロジェクト 世界銀行融資額︓2,000 万米ドル (円貨相当額約 20 億円*)
スワジランド王国は HIV/エイズが世界で最も蔓延している国で、結 核も同国の保健において深刻な問題となっています。さらに、AIDS 発症による免疫機能の不全化により結核の蔓延が一層悪化し、孤 児の数が急増しています。本プロジェクトは、同国厚生省の行う保健 活動に対して融資し、基本的な保健サービス、特に妊婦と結核に関 連する保健の質を改善し、同国における保健サービス全般の改善を 目指します。疫病で親を失った孤児たちへの支援も行っています。 

*上記プロジェクトは、事例のご紹介のみを目的としており、今回の世界銀行債券の資金の活用を上記プロジェクト又はその分野に限定するものではありません。*世銀債の発行により調達した資金は、特定のプロジェクトやプログラムへの融資に直接割り当てられことはなく、世界銀行加盟国における全ての融資プロジェクトやプログラム対し均一に活用されます。世銀債の元利金の支払いは、世界銀行の信用力に基づき行われるため、投資家は個々の融資プロジェクトやプログラムのリスクを負う事はありません。*本プレスリリースは、世界銀行債券の購入の勧誘もしくは販売を目的とするものではありません。世界銀行債券の販売は、販売を担当する金融機関より交付される販売説明書等に基づき行われます。世界銀行債券の購入の勧誘は、単独または複数の国の法律に準拠して行われており、関係する全ての法律が遵守されない場合は、購入の勧誘もしくは販売を行うことはできません。

 


お問い合せ

東京
世界銀行財務局
柳 美佐
+81 (3) 3597-6729
myanagi@worldbank.org
メディア
世界銀行東京事務所
平井智子
+81 (3) 3597-6650
thirai@worldbankgroup.org
Api
Api