Skip to Main Navigation
 イベント

世界銀行モーニングセミナー(第75回)「途上国による脱炭素化に向けた長期目標の達成を支援する」

2020年8月28日

東京

マルチメディア

Image
click
ビデオ
  • 世界銀行は2020年6月24日、新報告書「世界銀行見通し2050戦略的方向性ノート:脱炭素化に向けた長期目標の達成を支援する」(World Bank Outlook 2050 Strategic Directions Note: Supporting Countries to Meet Long-Term Goals of Decarbonization )を発表しました。同報告書では、今世紀半ばまでの脱炭素化を目指すために、食料システム、エネルギー、輸送、水システム、低炭素都市などのセクター全体での適切な対策を実行に移す経済全体のアプローチを提案しています。また、2050年を見据えた長期的な気候戦略により、各国による新しい経済的機会の開拓と同時に、より安全な気候の実現に貢献すると述べています。

    今回のモーニングセミナー(第75回)では、同報告書の首席執筆者であるネハ・ムキ世界銀行気候変動・炭素市場・イノベーションプラクティス上級気候変動専門官が、ワシントンより日本の皆様向けにオンラインで同報告書の主なポイントをご紹介しました。

    日時

    2020年8月28日(金)午前8時~午前9時

     

    スピーカー

    Image
    ネハ・ムキ
    世界銀行 気候変動・炭素市場・イノベーションプラクティス 上級気候変動専門官

    上級気候変動専門官として、脱炭素化と開発目標達成に向けた経済面での行動についてマルチセクターで検討する「世界銀行見通し2050戦略的ノート:途上国による脱炭素化に向けた長期目標の達成を支援する」(World Bank Outlook 2050 Strategic Direction Note: Supporting Countries to Meet  Long-Term Goals of Decarbonization)の執筆を主導。世界銀行のエネルギープラクティスでは、ラテンアメリカ・カリブ海地域における気候強靭性と低炭素投資を担当した。世界銀行入行前は、ICFインターナショナルのエネルギー・気候グループで、東アジアおよび南アジア各国の低炭素開発戦略に従事した。ハーバード大学でエネルギー・気候政策学修士号、デリー工科大学で土木・環境工学学士を取得。

    当日の資料:World Bank Outlook 2050 Strategic Directions Note: Supporting Countries to Meet Long-Term Goals of Decarbonization(英語、PDF)

     

    関連

    世界銀行モーニングセミナーシリーズ
    過去に開催された同セミナーシリーズの資料をダウンロードいただけます

イベント詳細

  • 日時: 2020年8月28日(金)午前8時~午前9時
  • 言語: 英語(日本語への通訳なし)
  • お問合せ: 世界銀行東京事務所・大森 TEL: 03-3597-6650
  • komori@worldbankgroup.org