特集

<本募集は締め切りました>2018年 世界銀行・IFCリクルートミッション募集

世界銀行グループは、グループの組織である世界銀行と国際金融公社(IFC)による日本人を対象としたリクルートミッションを2018年3月に派遣し、事前に行われる書類選考を通った候補者の面接を行います。

募集するポジションの詳細は以下の通りです。各ポジションは2~3年の任期で、その後、勤務評価に基づき契約更新が可能です。
 

  • 2月27日追記:日経キャリアネットからのエントリーは、2月26日(月)午後11時59分(日本時間)で締切りました。
  • 2月16日更新:<IFC5>の学位の要件が変更になりました。ご応募をご検討されている方は再度TORをご覧いただきご応募ください。
  • 2月14日更新:「予算・ファイナンス・オフィサー<IFC8>」TOR業務要件が追加、若干変更となりました。ご応募をご検討されている方は再度TORをご覧いただきご応募ください。
  • 2月6日更新:<WB1>のTORを公開し、役職(「上級金融専門官(保険担当)」から「金融専門官 又は 上級金融専門官(保険担当)」に)と職務概要を更新しました。
  • 2月6日更新:「予算・ファイナンス・オフィサー<IFC8>」の職務概要およびTORを掲載しました。

■募集職種

世界銀行

■金融専門官 又は 上級金融専門官(保険担当):TOR(PDF)<WB1> 
 勤務地:ワシントンDC

保険・年金チームと共に保険市場開発プログラムや特定の国における保険セクター関連データ調査、過去に世界銀行が実施したプロジェクトについてAXCOデータベースなどを用いたインパクト分析、過去に実施された世界銀行のプロジェクトの教訓や影響の情報発信を担当。経営学、金融学または経済学等の修士号、金融市場、保険業界における政策アドバイス、改革実施に関する経験といった関連分野での5年以上の実務経験が必須。

※2月6日更新:TORを公開し、役職(「上級金融専門官(保険担当)」から「金融専門官 又は 上級金融専門官(保険担当)」に)と職務概要を更新しました。

■環境専門官(公害管理および環境保健(PMEH)・環境管理計画(EMP)担当):TOR(PDF)<WB2>
 勤務地:ワシントンDC

PMEHプログラムへの技術的支援を担当。PMEHリサーチに関わるEMPテンプレートの策定などを含む各種調整業務。AQMPを含むEMP、特定の途上国における適用およびPMEHの有用性に関する深い知識。環境科学、工学、その他関連分野における修士号以上の学位が必須。EMP関連分野における5年以上の実務経験、環境管理計画、キャパシティ調査、制度強化、その他関連プロジェクトの実務経験、低・中所得国での実施経験がある者。

■人事担当官:TOR(PDF)<WB3>
 
勤務地:ワシントンDC

HRビジネスパートナーとして世界銀行内の主要ユニットのクライアントサービスを担当。日々の人事業務においてマネジメントチームや職員をサポートし、組織の目標に応じた戦略的スタッフィングプランニングの策定、職員のキャリアディベロップメント等にも参画。人事関連の修士号ならびに人事分野での5年以上の経験必須。人事戦略や分析力、高いレベルのクライアントサービスを目指す人事業務遂行に付加価値を提供できる能力。国際機関や多国籍企業での勤務経験があることが望ましい。

■教育エコノミスト(アフリカ担当):TOR(PDF)<WB4>
 勤務地:ワシントンDC

プログラム実施国の政府やその他ステークホルダーとの政策対話、教育や研修システムの改革や強化などを含む幅広い課題に関するナレッジプロダクトの取りまとめ、教育業務の経済分析、歳出見直し、その他経済・セクター業務の計画と管理を担当。経済学博士号必須。途上国における関連分野での5年以上の実務経験、とくに教育、労働技術に関する実務経験が望ましい。インパクト評価の手法や実施の知識を持つ者。

■情報技術担当官(Citrix エンジニア):TOR(PDF)<WB5> 
 勤務地:ワシントンDC

ITSCV(注1)チームに所属し、リモートアクセスおよびアプリケーション・デスクトップ仮想化技術の計画立案、導入、運用業務を担う。コンピューターサイエンス、経営学または工学における学士号(修士号優遇)必須。関連技術分野において、最低7年間の実務経験が必要。ITデータセンターの運用、アプリケーション・デスクトップ仮想化技術やリモートアクセスインフラプロジェクトにおける実績と、サーバ/ストレージ/ネットワークを含めた大規模システム管理における実務経験を有すること。Citrix社が提供するハードウェア・ソフトウェアプラットフォームに精通していること。Windowsサーバ環境、Active Directory管理およびスクリプト記述の経験を有することが望ましい。Amazon AWSおよびMicrosoft Azureクラウド環境における構築経験やSplunk/Liquidware等のパフォーマンス監視ツールの経験があれば尚可。

注1) ITSCV (Information and Technology Solutions, Virtual Desktop Technologies)部門は、管理対象/非管理対象デバイス両方に対するリモートアクセスプラットフォームの戦略と設計、運用管理を担当。

■科学技術イノベーション(STI)専門家:TOR(PDF)<WB6> 
 勤務地:東京

日本の科学技術・イノベーション(STI)を通じた開発貢献に関するナレッジプロダクトの取りまとめ、持続可能な開発目標(SDGs)とSTIに係る国連機関など開発パートナーとの政策対話、その他STI分野の業務計画、管理を担当。公共政策、経済学、国際関係など関連する分野の修士号以上必須。当該分野の10年以上の実務経験、特にSTI政策の計画と実施、またSTIに係る国際合意に関与する政府機関ないし国際機関の勤務経験が望ましい。広範にわたる開発目標とSTIの貢献に関する分野横断的な知識を持つ者。

 

国際金融公社(IFC)

■アソシエイト・ファイナンシャル・オフィサーまたはファイナンシャル・オフィサー:TOR(PDF)<IFC1>
 財務部 (定量分析)
 勤務地:ロンドン

トレジャリー・マーケット・オペレーションズとトレジャリー・クライアント・ソリューションズ両グループへ、各種レポートの分析・デザイン・作成を担当。流動資産管理(LAM)ポートフォリオのためのパフォーマンス/リスク・レポーティング、金利リスク、アセット・ライアビリティー・マネージメント(ALM)のための通貨変動リスク・レポート業務に従事。評価モデル、分析ツールの開発を行う。数学、エンジニア、金融、経済学の学士を持ち、関連分野における5年以上の経験を有する者、または修士号を取得し関連分野における3年以上の経験を有すること。

■アソシエイト・インベストメント・オフィサーまたは インベストメント・オフィサー:TOR(PDF)<IFC2>
 PPPトランザクション・アドバイザリー部 (中東・北アフリカ地域担当)
 勤務地:ドバイ

政府機関等へのファイナンシャル・アドバイザリー業務を担当。中東、北アフリカ地域におけるインフラ全般、特にエネルギー・輸送分野のPPPプロジェクトを実施。MBAまたはそれと同等の学位を有し、5~8年以上のIFCまたは他の主要金融機関におけるPPPトランザクション・アドバイザリー業務や投資、インフラ分野に特化したM&Aや民営化、プロジェクト・ファイナンスのアドバイザリーに関する実務経験を有すること。

■環境専門官:TOR(PDF)<IFC3>
 環境・社会・ガバナンス部
 勤務地:未定

IFCパフォーマンス・スタンダードに基づき、IFCの投融資において環境・社会的な持続可能性を審査、支援するほか、クライアントに対して環境リスクやインパクト、企業統治についてのアドバイザリー業務を提供。自然科学・工学・その他の関連分野における修士号以上の学位を有し、環境評価・マネージメント業務における民間セクター・ビジネスにおいて8年以上の実務経験を有すること。アグリビジネス、インフラまたは製造業などの分野における環境・社会的リスクを特定・軽減させる民間セクターでの経験、優れた分析能力・戦略的な思考や環境に関するデータ収集・処理能力を有することが望まれる。

■ファイナンス・オフィサー:TOR(PDF)<IFC4>
 ファイナンス・総務部
 勤務地:ワシントンDC

IFCのスコアカード、四半期ビジネス・レビューなどの作成を担当し、IFCマネージメント・チームや理事会へ重要かつ戦略的な分析を提供。MBAまたはファイナンス修士号をもち、レポーテイングや分析業務に関わる8~10年の実務経験を有する者。IFCでの職務経験があれば有利。

■金融セクター・エコノミスト:TOR(PDF)<IFC5>
 経済開発セクター部
 勤務地:ワシントンDC

各セクターの経済トレンドの分析、セクターごとの投融資・アドバイザリー事業にかかる戦略や政策対話の立案、組成、評価、モニタリングなどとともに、IFC事業のレポーティング業務を行う。マクロ経済トレンドに基づいた金融セクター開発効果の評価、政策決定に関わる分析、関連分析を用いたIFCの戦略や民間セクター開発の具現化を担当。金融経済学、金融、経済学またはその他の関連分野における修士号を取得し、6~8年以上の金融セクターに特化した経済や民間セクター開発業における分析経験を有する者。博士号があれば有利。また、開発金融機関(DFI)における金融セクターや民間セクターに特化した実務経験および金融セクターでの戦略・政策関連の経験があれば有利。

※2月16日更新:学位の要件が変更になりました。ご応募をご検討されている方は再度TORをご覧いただきご応募ください。

■ITオフィサー:TOR(PDF)<IFC6>
 コーポレート・インフォメーション・テクノロジー部
 勤務地:ワシントンDC

IFCの投融資、アドバイザリー、ならびに金融事業全般におけるITシステム要件分析・要件定義業務を担当。金融分野での高度なシステム開発における上流工程、プロジェクト管理、技術的要件およびリスクの分析定義、システム設計等の経験があること。コンピューター・サイエンスまたは金融分野での学士号を有すること。経営、金融またはIT分野での修士号があれば有利。金融分野でのシステム開発における5年以上の実務経験が必須。

■シニア・インベストメント・オフィサーもしくはインベストメント・オフィサー:TOR(PDF)<IFC7>
 セクターチーム(金融、インフラ・資源、製造業・アグリビジネス・サービス業)
 のいずれかに属する
 勤務地:ワシントンDCもしくは地域事務所

金融、インフラ・資源、製造業・アグリビジネス・サービス業の分野でのビジネス開拓、案件組成、取引実行、取引管理を担当。MBAもしくはファイナンス等における修士号が必要。CFA協会認定証券アナリスト優遇。最低8年間の投融資、M&A、ストラクチャード・ファイナンス、コーポレート・ファイナンス、またはプライベート・エクイティ分野における十分な業務経験が必要。英語による高度なコミュニケーション能力(レポート執筆、プレゼン等)は必須。

■予算・ファイナンス・オフィサー:TOR(PDF)<IFC8>

IFCの所属部署の予算、支出の管理及びモニタリング、スコアカード、四半期ビジネス・レビューなどの作成を担当。MBAまたはファイナンス修士号をもち、レポーテイングや分析業務に関わる5年以上の実務経験を有する者。

※2月14日更新:TOR業務要件が追加、若干変更となりました。ご応募をご検討されている方は再度TORをご覧いただきご応募ください。
※ 2月6日更新:職務概要およびTORを掲載しました。

 

■応募条件

  • 日本国籍を持つ方
  • 各ポジションに関連する分野で修士号(MBA, CFAを含む)、ポジションによっては博士号(例外あり)を保有、かつ最低5年以上の関連分野での実務経験を有し、高度な英語力を持つ方
  • ワシントンDC本部、または世界各地にある世界銀行・IFC事務所で勤務可能な方

 

■採用スケジュール(予定)

募集期間

本募集は締め切りました。

書類選考

応募書類をもとに選考、通過者には面接をご案内します。IFCについては、応募締め切り前に順次スクリーニングを開始し、書類選考通過者には連絡を取ることがありますので、応募はお早めにお済ませください。

面接

世界銀行・IFC幹部による面接
IFC 2018年3月12日の週
世界銀行 2018年3月19日の週

書類選考合格者には、3月5日以降に面接のご案内をお送りし、世銀東京事務所にて担当幹部が面接を行います。対面が原則ですが、面接日に海外にいる方は、テレビ会議やスカイプによる面接を行います。ポジションによっては、後日最終面接が行われる場合もあります。

入行、入社時期

面接合格者は、当行規定の諸手続きを経て入行となりますが、実際の勤務開始時期は採用ユニットとの調整により決定されます。

CVの書き方セミナー

2月19日(月)午後7時~午後9時(場所:世界銀行東京事務所)。各ポジションの職務内容等の詳細及びCVの書き方・注意点等を説明するセミナーです(特に世銀グループのポストへ初めて応募される方などには参加推奨)。なおすでに過去の同様セミナーに参加されたことのある方や、世界銀行グループに応募実績のある方はこのセミナーを待たず応募されることをお勧めします。

 

■ 良くあるご質問 FAQ

Q1. リクルートミッションでは大体何歳位の人を想定しているのでしょうか?

A. 概して30代半ばから50歳位までです。但し選考では、年齢より、実務経験の期間とその内容が重視されますので、各ポジションの必要条件をよく読まれることをお勧めします。

Q2. 語学力の目安は?

A. 英語力は会話のみならず、膨大な書類を短時間で目を通して論点をまとめる能力、報告書作成能力、プレゼンテーション能力が求められます(最低限の目安:TOEIC880点以上、TOEFL PBT 600点以上、TOEFL iBT 100点以上)。欧米の大学院卒業程度が目安です。また、英語以外にもフランス語、スペイン語などが堪能であれば有利です。

Q3. 日本国籍を有する事が応募条件になっていますが、二重国籍の場合はどうでしょうか?

A. 二重国籍をお持ちの方は、別途採用事務局までご相談ください。

Q4. 複数ポジションへの応募は可能ですか?

A. 可能です。ただし、TORをご確認の上、応募要件を満たすポストにのみご応募ください。

 

■ お問合せ

世界銀行・IFC 2018採用事務局(運営:株式会社 内藤一水社)
Email: wbjapan-n@naito.jp

 

■お知らせ

2018年春募集開始予定:日本政府が支援するミッドキャリア(MC)及びジュニア・プロフェッショナル・オフィサー(JPO)ポジションの募集

2018年春、35歳以下を対象としたジュニア・プロフェッショナル・オフィサー(JPO)と、ミッドキャリア(MC)のポジションを複数募集いたします。いずれのプログラムも、最初の2年間の勤務期間を日本政府が支援し、その後、勤務評価に基づき1年延長が可能です。またさらにその後、世銀の正規職員となる可能性があります。(注:本プログラムは、PHRDスタッフグラントなどで過去に日本政府の支援を受けたことのある方、または現在支援中の方は対象外となりますのでご注意ください。)
 



ブログ

Api

ニュース

Api