イベント
TICADセミナーシリーズ第2回 「乳幼児の栄養改善:アフリカでの取り組み」
2015年12月4日東京


世界銀行東京事務所主催、市民ネットワーク for TICAD後援

Image

2016年、アフリカ開発会議(TICAD)が開催されます。TICADは、アフリカの開発をテーマとする国際会議で、1993年以降日本政府が主催し、世界銀行も共催しています。第1回から第3回は東京で、第4回と第5回は横浜で開催されてきましたが、今後は3年に一度となり、来年初めてアフリカで開催される予定です。これに向け、世界銀行東京事務所では、TICADとアフリカ各国の課題と展望に関するセミナーシリーズを開催しています。

第2回となる今回のセミナーでは、乳幼児の栄養不足改善について、世界銀行と日本のパートナーシップをご説明するとともに、国連WFPの取り組みをご紹介しました。また、日本企業と市民社会が共同で取り組む「ガーナ栄養改善プロジェクト」の実施団体をお招きし、プロジェクトの最新状況、子どもの栄養管理の重要性、ソーシャルビジネスの展望などをお話いただきました。


プログラム(敬称略)

開会挨拶

塚越保祐 世界銀行駐日特別代表


講演

第一部  国際機関によるアフリカでの栄養改善

ジェヒャン・ソ 世界銀行信託基金・パートナーシップ(DFPTF)局長
「日本開発政策・人材育成基金(PHRD)、日本社会開発基金(JSDF)を通じたアフリカにおける栄養改善の取り組み」

当日の資料:World Bank's  Engagement in Malnutrition in Africa in Partnership with Japan through the Japan Social Development Fund (JSDF) (PDF)

ローレン・ランディス 国連WFP 栄養部部長
「国連WFPのアフリカにおける栄養改善の取り組みと政策-ガーナの事例を踏まえて」

当日の資料:WFP's Nutrition Interventions and Policies in Africa - including Ghana (PDF)


第二部  ガーナでの取り組み事例

鶴見和雄 公益財団法人プラン・ジャパン 専務理事/国際協力NGOセンター(JANIC)副理事長

当日の資料:「市民社会におけるガーナでの栄養改善」“味の素㈱との連携による「栄養改善プロジェクト」を通じて”

中尾洋三 味の素株式会社 CSR部専任部長

当日の資料:ガーナ栄養改善プロジェクトと ソーシャルビジネスの展望

アントニー・セドゥー 国際金融公社(IFC)業務担当官


閉会挨拶

稲場雅紀 市民ネットワーク for TICAD

 

関連

イベント詳細
  • 日時: 
    2015年12月4日(金)
    午後6時30分~午後8時
  • 場所: 
    世界銀行東京開発ラーニングセンター
    東京都千代田区内幸町2-2-2
    富国生命ビル10階
    地下鉄三田線内幸町駅直結、千代田線・日比谷線・丸の内線霞ヶ関駅C4出口下車
    地図
  • 言語: 
    英語、日本語(同時通訳付)
  • お問合せ: 
    世界銀行東京事務所
    ptokyo@worldbank.org
    TEL: 03-3597-6650