Skip to Main Navigation

世界銀行 東京開発ラーニングセンター(TDLC)

北九州市

Image

概要 

北九州市は、経済成長と環境問題への取り組みに成功し、国際的に高い評価を得ています。2011年、グリーン成長を目指す工業都市である北九州市は、経済協力開発機構(OECD)により、パリ、シカゴ、ストックホルムとともにアジアで初めての「グリーン成長都市」に選定されました。また、循環型社会の実現に向け、国連環境計画(UNEP)などの国際機関と連携し、アジアにおける海洋プラスチックごみの課題に対する取り組みなど、様々な国際的な活動を支援しています。 

2017年にTDLCの都市連携プログラム(CPP)のパートナー都市として締結した北九州市は、廃棄物管理などに関するTDD研修やイベントなどで、同市のノウハウや知見を提供しています。同市の知見は、世界銀行が融資事業を展開する途上国にて、廃棄物管理や環境課題に取り組む都市開発の実務者や政府関係者に新たな視点やソリューションを提供しています。また、技術協力プログラムを通じて、TDLCは同市の代表者や専門家を各都市に派遣し、現地におけるノウハウの適用を支援しています。 

主要な連携テーマ 

  • 廃棄物管理
  • 循環型経済
  • 海洋ごみ  

Image

北九州市からのコメント 

世界銀行と北九州市との都市パートナーシップ締結以来、「北九州モデル:廃棄物管理と洪水リスク管理」作成や廃棄物実務者研修の開催、パナマ市への専門家派遣の実施など、世界銀行との連携によって、本市にとっても多くの成果を得ることが出来ました。今後とも世界銀行のネットワークを活用させていただきながら、本市の環境国際政策を推進し、世界のSDGsの達成に貢献していきます。

北九州市環境局環境国際部長 小田 真由美

主な連携実績

*2021年11月現在

 

主な出版物

Japan-World Bank Program for Mainstreaming Disaster Risk Management in Developing Countries





ソーシャルメディア

世界銀行 東京開発ラーニングセンター(TDLC)
〒100-0011
東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル14階
電話: 03-3597-1333
FAX: 03-3597-1311
Eメール
所在地