イベント

駐日ルワンダ大使とのコーヒーアワー

2013年4月12日

東京

TICAD V NGOコンタクトグループ・TICAD V 学生プロジェクト・世界銀行東京事務所共催
第3回 TICAD Vパートナー事業

«
»
  • 2013年4月12日 東京 - 世界銀行東京事務所、TICAD V NGOコンタクトグループ、TICAD V 学生プロジェクトは本日、駐日ルワンダ大使とのコーヒーアワーを共同で開催しました。

    Image
    世界銀行東京事務所では、今年6月に開催される第5回アフリカ開発会議(TICAD V)へ向け、アフリカについての関心を高めるため、アフリカの1つの国をテーマに、駐日大使や専門家、日本及びアフリカのユースが、様々な視点からその国についてご紹介・議論するコーヒーアワー・シリーズを開催しています。第3回目の今回はルワンダをテーマとし、約70名が参加しました。

    冒頭、谷口和繁・世界銀行駐日特別代表が歓迎の言葉を述べた後、シャルル・ムリガンデ駐日ルワンダ共和国特命全権大使が、ルワンダの地理や自然、1994年に起きた虐殺から和解と統治の行き届いた今日のルワンダを再建するまでの歴史を紹介しました。また、2020年までに中所得国への転換を目指すルワンダの国家開発計画「VISION2012」や、「経済発展と貧困削減戦略(EDPRS)」の概要を紹介し、ルワンダは包摂的に著しく経済成長しているものの、未だ貧困率は高く、民間の活力を活用するための経済基盤整備や人材育成の重要性を強調しました。

    次に、アフリカ平和再建委員会(ARC)事務局長で大阪大学グローバルコラボレーションセンター特任助教の、小峯茂嗣さんが、1994年の虐殺当時のルワンダの様子や、その後ARCが行ってきた平和構築支援について説明しました。また現在の首都・キガリの様子や地方自治体の取り組みを写真を交え紹介し、ルワンダにおける今後の課題や日本がルワンダから学ぶべき点などを指摘しました。

    最後に、東京外国語大学4年で、元オーガニック・ソリューションズ・ルワンダ インターンの瀬戸菜穂実さんが、同社が行う公衆衛生事業や、ルワンダの衣食住及び文化について紹介しました。

    質疑応答では、ICTを活用した教育の導入機会、観光客誘致の取り組み、今後の戦略的投資分野、東アフリカ共同体(EAC)に対する立場など、様々な質問が寄せられました。

    Image
    中央最前列左から:瀬戸菜穂実さん、小峯茂嗣さん、シャルル・ムリガンデ駐日ルワンダ大使

    スピーカー

    シャルル・ムリガンデ
    駐日ルワンダ共和国特命全権大使

    小峯 茂嗣
    アフリカ平和再建委員会(ARC)事務局長
    大阪大学グローバルコラボレーションセンター特任助教

    瀬戸 菜穂実
    東京外国語大学外国語学部4年(元オーガニック・ソリューションズ・ルワンダ インターン)

    敬称略

     

    関連リンク

    TICAD V NGOコンタクト・グループ

    TICAD V 学生プロジェクト