イベント

駐日タンザニア大使とのコーヒーアワー

2013年3月12日

東京

TICAD V NGOコンタクトグループ・TICAD V 学生プロジェクト・世界銀行東京事務所 共催
TICAD Ⅴ パートナー事業

«
»
  • 2013年3月12日 東京 - 世界銀行東京事務所、TICAD V NGOコンタクトグループ、TICAD V 学生プロジェクトは本日、駐日タンザニア大使とのコーヒーアワーを共同で開催しました。

    Image
    世界銀行東京事務所では、今年6月に開催される第5回アフリカ開発会議(TICAD V)へ向け、アフリカについての関心を高めるため、アフリカの1つの国をテーマに、駐日大使や専門家、日本及びアフリカのユースが、様々な視点からその国についてご紹介・議論するコーヒーアワー・シリーズを開催しています。第2回目の今回はタンザニアをテーマとし、約60名が参加しました。

    Image
    シリル・ミュラー世界銀行副総裁
    冒頭、来日中のシリル・ミュラー世界銀行対外関係担当副総裁が歓迎の言葉を述べた後、サロメ・タダウス・シジャオナ駐日タンザニア連合共和国特命全権大使が、タンザニアの歴史、農業中心から工業・サービス業中心へ移行しつつある産業構造、教育におけるジェンダーの平等を実現するための取組み、保健分野での成果、情報通信技術関連や鉱山業での投資機会などを紹介しました。また、タンザニアの経済成長には、豊富な観光・天然・漁業資源を活用するための運輸、交通、電力、エネルギー分野のインフラ整備や、そのための人材開発が必要であると指摘しました。

    パネルディスカッションでは、まず始めにジョイセフの柴千里さんが、安全で衛生的な出産ができる環境を整備するためにジョイセフがタンザニアで行っているプロジェクトについて紹介しました。続いて、横浜国立大学インフラストラクチャ-管理学コース修士2年のモス・ローランスさんが、タンザニアにおける民営化の背景や状況、民営化よる失業問題などの課題を紹介し、タンザニアのより多くの国民が民営企業で働けるようにするためのキャパシティ・ビルディングの必要性を説明しました。最後に、早稲田大学国際教養学部4年の和田さんが、タンザニアのダルエスサラーム大学での留学経験や、現地の大学生の就職・起業事情について紹介しました。

    質疑応答では、タンザニア政府の失業者対策や、インフラ部門での官民パートナーシップの状況について質問が寄せられました。

    Image
    写真左: サロメ・タダウス・シジャオナ駐日タンザニア大使 | 写真右: 会場の様子

    スピーカー

    サロメ・タダウス・シジャオナ
    駐日タンザニア連合共和国特命全権大使 

    柴千里
    公益財団法人 ジョイセフ 支援事業グループ

    モス・ローランス
    横浜国立大学大学院インフラストラクチャ-管理学コース 修士2年、タンザニア建設委員会 建設事業部 リサーチ・アシスタント 

    和田奈月
    早稲田大学国際教養学部4年、特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会 インターン

    敬称略

     

    関連リンク

    駐日タンザニア連合共和国大使館

    TICAD V NGOコンタクト・グループ

    TICAD V 学生プロジェクト