Learn how the World Bank Group is helping countries with COVID-19 (coronavirus). Find Out

 イベント
世界銀行グループビジネスセミナー 鉱業セクターにおける世界銀行の取り組みとビジネス機会
2015年5月28日東京

マイケル・スタンレー世界銀行主任鉱業専門官が、世界銀行が各地で展開する鉱業セクター支援や現在準備中の主要プロジェクトなどについてご紹介しました。

鉱業セクターは途上国の経済開発の主要な動力源のひとつです。鉱業関連の法整備などの環境が整えば、鉱物探査や採掘などへの民間セクター投資が促進しやすくなり、税収や輸出収入の増加、雇用機会の創出、農村地域でのインフラストラクチャーの開発、当該国への技術移転などにつながります。1988年以来、世界銀行は24か国の採掘産業セクター(原油、ガス、鉱業合わせて)の改革に対し、14億米ドル以上の支援を行ってきました。世界銀行の鉱業セクター支援は、アフリカにおける鉱業の可能性と厳しい貧困問題などにより、約70%が対アフリカ地域向けで、東および南アジアがそれに続いています。

本ビジネスセミナーでは、第2回日アフリカ資源大臣会合のサイドイベントとして開催された日アフリカ鉱業・資源ビジネスセミナー(J-SUMIT2)のために来日したマイケル・スタンレー世界銀行主任鉱業専門官が、鉱業セクターの可能性とガバナンス改革などの課題、世界銀行が各地で展開する鉱業セクター支援の取り組み状況や現在準備中の主要プロジェクトなどについてご紹介しました

Image

 

当日の資料
Extractives Sector Governance: Over View of Global Practices
 

スピーカー

マイケル・スタンレー 世界銀行主任鉱業専門官

世界銀行の採掘セクターにおける融資業務、分析、世銀グループの採掘セクター戦略の策定、原油・ガス・鉱業分野の専門スタッフの育成における技術的なリーダーシップをとっている。28年以上にわたり、民間セクターおよび世界銀行(2003年以降)において、ラテンアメリカ、ヨーロッパ・中央アジア、アフリカ、南および東アジア各地の資源開発に従事。とくに鉱業セクター開発に関する政府への助言、鉱業セクターのガバナンス改善、公的セクターおよび民間セクターによる鉱業投資の融合などに携わる。ウェスタンオンタリオ大学で理学士号(地球科学)、マクギル大学で理学修士号(鉱物探査学)、アリゾナ大学で博士号(鉱物経済学・鉱業学)取得。カナダ出身。



イベント詳細
  • 日時: 
    2015年5月28日(木)
    午後4時半~6時
  • 場所: 
    日経ビル6階 日経カンファレンスルーム A
    〒100-8066 東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル
    地下鉄千代田線・丸の内線・半蔵門線・東西線・三田線大手町駅下車 C2b出口直結
    地図
  • 言語: 英語、日本語(同時通訳付)
  • お問合せ: 
    世界銀行東京事務所 大森
    komori@worldbankgroup.org
    TEL: 03-3597-6650