プレスリリース

COP21 国際開発金融機関、資金動員で協力

2015年11月30日


2015年11月30日、パリ –主要開発金融機関のトップは本日、気候対策への投資を大幅に増加し、今後の開発プログラムに気候関連リスクと機会への配慮を盛り込むために協力することを表明した。

アフリカ開発銀行(AfDB)、アジア開発銀行(ADB)、欧州復興開発銀行(EBRD)、欧州投資銀行(EIB)、米州開発銀行(IDB)、世界銀行グループ(WBG)は、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)第21回締約国会議(COP21)の場で共同声明を発表し、その中で、温室効果ガス排出削減と気候変動への適応に向けた各国の取組みを支援するため、公的資金と民間資金をさらに動員していくとしている。

国際開発金融機関(MDBs)は共同声明の中で、「特に貧困・脆弱層に着目して、より持続可能な成果を上げるため、戦略、プログラム、プロジェクト全般にわたり気候変動への配慮を盛り込む」決意を表明した。また、これら6機関は、気候変動対策資金のモニタリングを2011年に開始して以降、4年間で途上国・新興国における気候変動対策に既に1,000億ドルを提供している。

今回の共同声明は、数週間前にMDBsが発表した今後数年間に気候変動の緩和・適応のための資金引き上げに続くものである。

声明の中で、MDBsは「気候関連資金を増やし、2020年以降の新しい気候変動枠組みにかかるCOP21での決定を支持する。MDBs各機関は、気候関連資金を増額し、その他の資金源から資金を動員するための目標を設定している。(中略)動員した資金は、2020年まで年間1,000億ドルと、途上国における気候変動対策資金に充てられる。」としている。

現在、気候変動に対処し排出を削減するための計画を示す各国の自主的な約束草案(INDCs)をUNFCCCに提出した国は約180カ国に上る。

MDBsはまた、他の17の多国間・二国間金融機関および商業銀行と共に「金融機関内で気候変動対策を主流化するための任意原則」に対する支持も表明すると共に、国際開発金融クラブなど、他の機関とのパートナーシップの下で取組みの効果を測定」すると発言している。

 

各国際金融機関のコメント

Akinwumi Adesina, President, AfDB アキンウミ・アデシナ アフリカ開発銀行(AfDB)総裁
“Africa has already been short-changed by climate change. Now, we must ensure that Africa is not short-changed in terms of climate finance. The African Development Bank stands fully ready to support greater climate financing for Africa”, said Akinwumi Adesina, President of the African Development Bank Group.

Takehiko Nakao, President, ADB 中尾武彦アジア開発銀行(ADB)総裁
“Climate finance is critical to mitigate and adapt to climate change impacts. However, finance alone is not enough. It is imperative that we combine increased finance with smarter technology, stronger partnerships and deeper knowledge,” said Takehiko Nakao, President of ADB.

Sir Suma Chakrabarti, President, EBRD スマ・チャクラバルティ欧州復興開発銀行(EBRD)総裁
“With their long experience as leaders in climate finance, the Multilateral Development Banks are making important contributions to combatting climate change, using their strong base of expertise to step up green finance, policy advice and the mobilization of crucial private sector funding. For its part the EBRD is further scaling up its climate finance activity through the implementation of its recently approved Green Economy Transition approach,” said EBRD President Sir Suma Chakrabarti.

Werner Hoyer, President, EIB ヴェルナー・ホイヤー欧州投資銀行(EIB)総裁
“It is only by working together that we will meet the challenge of climate change. I am optimistic that by pooling the efforts of the Development Banks to attract the private finance that is so critically needed, we can transform the ambitions of the leaders into a reality on the ground,” said President of the European Investment Bank Werner Hoyer. “For its part, the EIB is committing to provide US$100 billion by 2020 for climate action and to step up what we do in developing countries - in particular for those most vulnerable to global warming.”

Luis Alberto Moreno, President, IDB ルイス・アルベルト・モレノ米州開発銀行(IDB)総裁
“In the run-up to COP21, we have worked with many countries in designing their national contributions towards tackling climate change,” said IDB President Luis Alberto Moreno. “Following the Paris conference, we will help countries to translate these into investment plans that successfully attract the necessary capital for full implementation.”

Jim Yong Kim, President, World Bank Group ジム・ヨン・キム世界銀行グループ総裁
“On climate change, the development banks are shifting into high gear,” said Jim Yong Kim, President of the World Bank Group. “We have the resources, we have the collective will, and we have a clear roadmap in the national plans that our clients have submitted ahead of Paris.”

 

関連

プレスリリース

メディア連絡先
ワシントン
Nicholas Keyes
電話: +1 (202) 473-9135
nkeyes@worldbankgroup.org
東京
平井 智子
電話: +81-3-3597-6650
thirai@worldbankgroup.org



プレスリリース番号:
2016/192/GCC

Api
Api