このページの言語:

プレスリリース

世界銀行グループ、多数国間投資保証機関(MIGA)長官にマッキンゼーの本田桂子ディレクターを任命

2013年3月27日

ワシントン、2013年3月27日- 世界銀行グループのジム・ヨン・キム総裁は本日、世銀グループ機関である多数国間投資保証機関(MIGA:Multilateral Investment Guarantee Agency)の長官に、日本人の本田桂子氏を任命すると発表した。本田氏は現在、マッキンゼー・アンド・カンパニーでディレクターを務めている。

「本田氏は、グローバルに展開する民間及び公的組織での経験が豊富で、銀行、コーポレート・ファイナンス、プライベート・エクィティの分野におけるリーダーとして高い評価を得ている」とキム総裁は述べている。「本田氏をMIGA長官として迎えることができることを大変喜ばしく思っている。MIGAは、支援を最も必要とする国々への海外投資拡大に重要な役割を果たしており、本田氏は長官として今後、そうした役割を推進してくれるものと確信している」

本田氏はまた、小泉政権及び過去の内閣の規制改革・民間開放会議などいくつもの政府委員会で委員等を務めた。現在は、経済同友会の経済連携委員会副委員長のほか、公益財団法人がん研究会の評議員も務めている。お茶の水女子大学にて学士号、ペンシルベニア大学ウォートン・スクールにて経営学修士号(MBA)を取得した。

「また、この機会に、MIGAの小林いずみ現長官にも、在任中の計り知れない貢献と数多くの成果に対し謝意を表したい」とキム総裁は述べている。小林長官は2008年11月に就任。今年6月に任期を終える。

小林長官の下、MIGAは事業を拡大し、業務効率を上げることにより、途上国に大きな開発効果をもたらす海外直接投資の促進という任務を最大限果たしてきた。2009年から2012年までにMIGAのポートフォリオは6割以上拡大し、現在は過去最大となっている。設立25周年を迎えるMIGAは、現場での存在感を高め、内部改革を進めるなど、グローバルな投資環境に対応できるよう態勢を整えてきた。2012年度の新規保証は、前年比27%増の27億ドルに上り、2年連続で過去最高額を更新した。

本田氏は2013年7月15日付で着任の予定。

メディア連絡先
プレスリリース番号:
2013/297/MIGA