BRIEF

世界銀行の取り組み

2011年2月15日



グローバルな開発の歩みのために

知識の共有は、世界中で極度の貧困を撲滅し、繁栄の共有を促進するために極めて重要になります。世界銀行グループのグローバル・プラクティスは、14のセクターと5つのクロス・カッティング・エリア の知識や専門性を集結し発信する仕組みです。気候変動への適応から、食糧安全確保の促進、エネルギー・アクセスの改善にいたるまで、特に困難な世界的・局地的開発課題に対し途上国が解決策を見出せるよう支援することを目指しています。分野別に取組みの具体的な内容をご紹介します。

 

分野別の取り組み

農業

気候変動

教育

エネルギー

環境・天然資源

金融・市場

脆弱性・紛争・暴力

ジェンダー

ガバナンス

保健・栄養・人口

雇用

マクロ経済・財政運営

貧困

官民パートナーシップ

社会的保護・仕事

社会・都市・農村開発・強靭性

貿易・競争力

運輸・情報通信技術


その他トピック

 

地域別の取り組み

世界銀行の地域・国別の取り組みをご覧ください。

africa

アフリカ

latin america and caribbean

ラテンアメリカ・カリブ海

East Asia and pacific

東アジア大洋州

Middle East and North Africa

中東・北アフリカ

Europe and Central Asia

ヨーロッパ・中央アジア

South Asia

南アジア

 

 

独立評価グループ(IEG)の活動

世銀の独立した内部評価機関、独立評価グループ(IEG)が、世界銀行が各分野で実施する支援活動について評価報告をまとめています。