Skip to Main Navigation

東京開発ラーニングセンター

業務支援

TDLCは、キャパシティ・ビルディングおよび助言サービスを通じて、適切なタイミングで世界銀行の業務プロジェクトを支援し、知識共有を推進しています。日本の都市開発にかかる知識や経験が、TDLCのネットワークや技術協力事業を通じて、クライアント地域の計画的かつ持続的な事業へとつながるように働きかけています。

世界銀行は、プロジェクトの立ち上げ段階において、日本政府との新たな事業を特定するためにTDLCのプログラムを活用しています。またプロジェクトの設計、実施の段階では、民間セクターと協力するなど、業務の連携を図っています。TDLCの業務支援プログラムは、こうしたプロフェクト・フェーズの間に位置づけられ、各TDDの一環として策定されたクライアントのアクションプランに基づき、世銀の業務を発展させられるよう支援しています。

Image
パナマ市の都市設計ワークショップ

現地ステークホルダーの声
「私たちが望んでいることの多くは市民が望んでいることでもあるとわかりました。このような自信を持てたことは大きな収穫です。参加型計画の重要性が理解できました」(パナマ市担当者)

動画

Image
click
ビデオ

最も複雑な都市課題に対して日本の専門知識を活用

新井裕子 都市専門官が、ルーマニアの都市開発における課題と、大阪、横浜、富山などの日本の都市で得られた教訓について説明しています。

TDLC業務支援チーム
井本はる香

ソーシャルメディア