Skip to Main Navigation
特集 2020年5月14日

人事が語る~グローバルキャリア構築のための処方箋~ ブログシリーズ 第1回 2020年リクルートミッション報告 (戸崎智支 HRビジネスパートナー)

第1回のブログの執筆を担当いたします世銀人事総局の戸崎です。2016年世銀に入行以降リクルートミッション事務局を担当しております。前職の国連から一貫して、国際機関で活躍できるグローバル人材の発掘は自身のライフワークでもあり、様々な分野の国際開発の専門家やビジネスの第一線で活躍される日本人の方と知り合う機会がありました。このブログでも引き続き、世銀を取り巻くビジネス環境と求人動向などを情報提供したいと思います。

Image
写真:筆者(左)と採用活動に携わる人事総局のメンバー

さて、今回は、今年1月に採用募集を開始し、たくさんのご応募をいただいたリクルートミッションの採用背景と現状をご報告します。

世界銀行グループでは2010年よりほぼ毎年、幹部職員で構成される採用ミッションを日本に派遣し、採用アウトリーチイベントの開催、そして日本国籍を持つ方を対象とした選考を実施、優秀な人材の発掘と職員採用に成功してきました。今年も1月に募集を開始し選考が始まりましたが、その後、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、3月に予定されていたミッションの訪日を中止せざるをえなくなり、キャリアセミナーなどで皆さんとお会いする機会がありませんでした。今回はセミナーでお伝えしたかった今年の募集採用背景ともに、選考の進捗状況についてご報告します。
 

今年の採用背景:テーマは脆弱性・紛争・暴力(FCV)そして、採用ニーズはサブサハラ・アフリカ、中東・北アフリカ、南アジア等地域事務所での勤務

今回のリクルートミッションで公募された職種と専門は多岐に渡りましたが、勤務地は現地事務所のポストが中心でした。2030年までに世界の貧困層の少なくとも半数が脆弱・紛争国で暮らすと試算される中、極度の貧困撲滅という目標を掲げる世界銀行グループにとって、脆弱性・紛争・暴力(FCV)の影響下にある国への支援強化は喫緊の課題です。そのため世界銀行グループは、脆弱性の根本原因に対処して平和と繁栄の基盤構築をもたらす長期的開発への投資を促すために、幅広いステークホルダーと協議を行いFCV戦略を策定しました。そうしたFCV影響下の国々への支援を強化すべく、世銀グループではスタッフのグローバルフットプリントをさらに拡大し、ワシントンDCの世銀本部からのこうした国々への人員の移転をはかっています。

このような背景から2月3日(月)、世銀本部においてジョブフェアが開催されました。同じ形式のジョブフェアはコンゴ民主共和国の首都キンシャサなどアフリカ各地でも開催され、日本人リクルートミッションの一環として東京でも開催する予定でした。世銀本部では、人事副総裁など幹部によるパネルディスカッションで幕があき、採用を計画している部署がブースを出して参加者の皆さんと直接お話しする機会を持ちました。ワシントンDC近郊在住の方々を中心に日本人の参加者も目立ちました。当日は合計100以上のポストが紹介されましたが、その後も随時新しい空席が出ております。ぜひ世銀キャリアサイト内FCV特設ページで最新情報をご覧ください。

Image
写真:FCVジョブフェア(2020年2月3日、於:ワシントンDC)の様子


日本ミッション公募ポスト:新型コロナウイルス感染症の影響下における選考の進捗状況と今後の展望

上記のような背景から今回のリクルートミッションではFCVの状況にある国々でのポストを中心に公募されました。ミッション訪日の中止で東京での幹部面接の実施は実現しませんでしたが、現在各採用部署により、書類選考通過者とのオンライン面接が進んでいます。勤務地への移動制限により日本での在宅勤務で世銀に入行されたケースも含め、すでに勤務を開始された新入職員もいます。一方、現地事務所が一時閉鎖されるなどの影響で選考プロセスが遅れているポストもあります。ただ、世界銀行グループは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策へのさまざまな支援を表明しており、新型コロナウイルス感染症の影響下においても採用のニーズが冷え込むことはないといえるでしょう。

 

まとめ

職員のグローバルフットプリントをFCVの影響を受ける国々に広げていく傾向はますます加速し、そうした勤務地での人材ニーズが増えていくことは確実です。よって紛争地などで経験を積まれた専門家の方々には世銀で実力を発揮いただく機会が今後ますます増えていくと思います。また現時点でFCV任地ポストの応募条件に合う実務経験や専門性を持たない方でも、こうした動向を把握し意識的にキャリアを積んでいけば、チャンスは開けてくることでしょう。今後も世銀キャリアサイトをはじめLinkedInなど様々なチャンネルを通じて採用情報を発信していきますので、定期的にご覧いただければ幸いです。

 

筆者略歴

Image
戸崎智支 人事総局 HRビジネスパートナー・リクルートメントミッション事務局
Satoshi Tozaki, HR Business Partner

早稲田大学政治経済学部卒業後、鉄道会社、外資系会社勤務。その後アジア経済研究所開発スクール(IDEAS)を経て、コーネル大学にて産業労働関係学修士号を取得。多国籍企業の人事マネージャーとして北アメリカ、東南アジア、日本法人等で勤務後、2014年に国連に移り、国連人口基金(UNFPA)ニューヨーク本部人事戦略および分析担当官を歴任。2016年に採用担当官として世銀に移籍。金融、保健、環境、およびインフラ関連の専門家、エコノミストの採用を担当。2018年よりHRビジネスパートナーとしてクライアントサービスチームに異動。入行以来現在に至るまで、日本人リクルートミッション事務局運営をはじめ、世界銀行グループにおける様々なグローバル人事・ダイバーシティイニチアチブに携わる。



Api
Api