イベント
TICADセミナーシリーズ第8回「第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)に向けて:課題と展望」
2016年7月13日東京


8回目となる今回は、TICAD VI開催を1か月後に控え、過去のTICADにおける議論と成果、今回のTICADで議論される見込みの主要課題と展望について概観しました。

Image

2016年8月27~28日、ケニアで第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)が開催されます。TICADは、アフリカの開発をテーマとする国際会議で、1993年以降日本政府が主催し、世界銀行も共催しています。第1回から第3回は東京で、第4回と第5回は横浜で開催されてきましたが、今後は3年に一度となり、今年8月27日~28日、初めてアフリカのケニアで開催されます。これに向け、世界銀行東京事務所では、TICADとアフリカ各国の課題と展望に関するTICADセミナーシリーズを開催してきました。

安倍首相は、昨年9月に開催された第3回日・アフリカ地域経共同体議長首脳会合で、モンバサ・北部回廊、ナカラ回廊、西アフリカ地域を3重点地域としてインフラを中心とした広域総合開発への支援を重視すると表明しました。そこで、TICADセミナーシリーズの第1回ではモザンビーク、第5回はケニア、第7回は西アフリカ地域とくにコートジボワールを取り上げました。また、アフリカが直面する主要課題として、第3回は気候変動、第4回は都市化、さらに日本企業がアフリカにおいて展開する社会貢献事業の事例として、第2回はガーナにおける栄養改善、第6回はリベリアにおける森林保護を取り上げました。各回ごとに、在京アフリカ大使、世界銀行、国際金融公社、国際協力機構(JICA)、ジェトロ、日本企業、日本のシビルソサエティ団体がスピーカーとして登壇し、活発な議論・意見交換が行われました。

8回目となる今回は、TICAD VI開催を1か月後に控え、過去のTICADにおける議論と成果、今回のTICADで議論される見込みの主要課題と展望について概観しました。セミナーの冒頭、塚越保祐・世界銀行グループ駐日特別代表より、計画段階のものも含め、世界銀行グループとしてTICAD VI期間中に開催予定のイベントについて説明しました。続いて、外務省の藤田順三TICAD担当大使より、TICAD VIの課題として、国際資源価格の下落、エボラ出血熱の流行、暴力的過激主義の拡大など、TICAD V以降に新たにアフリカで発生した諸問題へ対応する必要があることをご説明いただきました。さらに、ソロモン・K・マイナ駐日ケニア共和国特命全権大使からは、ホスト国であるケニア政府側でのTICAD VIに向けた準備状況について、在京アフリカ外交団TICAD委員長でもあるフランソワ・ウビダ駐日ブルキナファソ特命全権大使からは、TICAD I からTICAD Vが担ったアフリカの開発における役割とTICAD VIへの期待について、それぞれお話しいただきました。続いて、白戸圭一・三井物産戦略研究所中東アフリカ室主席研究員より、TICADのケニア開催の日本社会にとっての意義についてお話しいただきました。最後に、G.N.V. ラマナ世界銀行アフリカ地域総局ケニア・ルワンダ・ウガンダ・エリトリア担当主任保健専門官(テレビ会議で世界銀行ナイロビ事務所より参加)から、ナイロビ側での世界銀行グループの準備状況についてご説明しました。

セミナー終了後は、富国生命ビル28階会議室に会場を移し、ネットワーキングのためのレセプションを開催しました。レセプションの冒頭、水野哲昭・国際金融公社(IFC)東京事務所長の挨拶に続き、在京アフリカ外交団長でもあるエスティファノス・アフォワキ駐日エリトリア国特命全権大使にご挨拶いただきました。

Image
塚越保祐 世界銀行グループ駐日特別代表
Image
藤田順三 外務省特命全権大使(アフリカ開発会議(TICAD)、アフリカにおける地域経済共同体(RECs)・平和・安全保障担当)
Image
ソロモン・K・マイナ 駐日ケニア共和国特命全権大使
Image
フランソワ・ウビダ 駐日ブルキナファソ特命全権大使
Image
白戸圭一 三井物産戦略研究所 中東アフリカ室 主席研究員
Image
G.N.V. ラマナ 世界銀行アフリカ地域総局ケニア・ルワンダ・ウガンダ・エリトリア担当リード保健専門官(テレビ会議で参加)
Image
エスティファノス・アフォワキ 駐日エリトリア国特命全権大使
 

 

スピーカー

塚越保祐 世界銀行グループ駐日特別代表

藤田順三 外務省特命全権大使(アフリカ開発会議(TICAD)、アフリカにおける地域経済共同体(RECs)・平和・安全保障担当)

ソロモン・K・マイナ 駐日ケニア共和国特命全権大使
当日の資料: Kenya’s Preparedness for TICAD VI Summit (PDF)

フランソワ・ウビダ 駐日ブルキナファソ特命全権大使
当日の資料: The Role of TICAD in Africa Development (PDF)

白戸圭一 三井物産戦略研究所 中東アフリカ室 主席研究員

G.N.V. ラマナ 世界銀行アフリカ地域総局ケニア・ルワンダ・ウガンダ・エリトリア担当リード保健専門官(テレビ会議で参加)

 

ネットワーキング・レセプション スピーカー

水野哲昭 国際金融公社(IFC)東京事務所長

エスティファノス・アフォワキ 駐日エリトリア国特命全権大使

 

過去のTICADシリーズ

TICADセミナーシリーズ第7回「西アフリカ地域のインフラ開発とビジネス機会:コートジボワールを中心に」 (2016/6/10)

TICADセミナーシリーズ第6回「リベリアの現況・課題と企業の社会的責任(CSR)の取り組み事例」(2016/5/9)

TICADセミナーシリーズ第5回 「ケニアおよび周辺国のインフラ開発とビジネス機会」 (2016/2/24)

TICADセミナーシリーズ第4回 「アフリカにおける土地利用計画と空間開発:都市の健全な成長に向けて」 (2016/1/22)

TICADセミナーシリーズ第3回「アフリカにおける気候変動への対策」 (2016/1/13)

TICADセミナーシリーズ第2回 「乳幼児の栄養改善:アフリカでの取り組み」 (2015/12/4)

TICADセミナーシリーズ第1回「モザンビーク大使と2016年TICAD(第6回アフリカ開発会議)を考える (2015/10/7)

イベント詳細

日時: 2016年7月13日(水)午後4時30分~午後6時

場所:
世界銀行東京事務所
東京都千代田区内幸町2-2-2
富国生命ビル10階
地下鉄三田線内幸町駅直結、千代田線・日比谷線・丸の内線霞ヶ関駅C4出口下車
地図

言語:
英語・日本語(同時通訳付)

お問合せ:
世界銀行東京事務所 大森
komori@worldbankgroup.org
TEL: 03-3597-6650


関連サイト

世界銀行東京事務所ホーム