イベント
Image
TICAD VIサイドイベントご案内「サブサハラ地域の農業・食糧の将来:これまでの進捗と今後」
2016年8月26日ホテル ヴィラローザ・ケンピンスキー・ナイロビ(ケニア)


※当日はセキュリティの都合上お早目に会場にお越しください。また、当日は身分証明書をご持参ください。

このサイドイベントは、サブサハラ地域における農業セクターの成長を評価しつつ、農業・食糧問題の今後の課題を掲げながら日本政府の協力のもと、開発パートナーとの連携強化を促進することを目的としています。

本イベントは二部構成となっています。第一部は、日本がアフリカの農業・食糧セクターの持続的な開発にもたらしているパートナーシップと貢献に焦点をあて、「サブサハラ地域の食糧の将来」と題したハイレベルディスカッションとなっています。また、アフリカ稲作振興のための共同体(CARD)の成功事例もご紹介します。世界銀行の副総裁代行の基調演説に続き、「アフリカ緑の革命」への進捗と国際農業研究協議グループ各機関の貢献に関する説明を行い、さらにアフリカ地域の農業開発の中心的役割を担っているパネリストの皆様よりご発言をいただきます。

第二部では、アフリカの農業の現場において、近年その重要性が高まってきている課題を議論するテクニカル・ワークショップを開催します。栄養管理、気候変動対応型農業、雇用創出や機械化による半乾燥気候におけるレジリエンス強化などを取り上げ、それらに対する世界銀行と国際協力機構(JICA)の取り組みをご紹介します。最後に、このセッションでは、TICAD アクションプランを世界銀行融資プロジェクトで具体化させる手法として活用されている日本開発政策・人材育成基金(PHRD: Policy and Human Resources Development Fund)の成果を紹介いたします。第一部、第二部ともに各セッションの閉会前に質疑応答の場を設けています。

 

プログラム

1.ハイレベル・セッション(午前9時~午前11時30分)

開会挨拶

ウィリー・ベット ケニア農業・畜産・水産開発省長官 

加藤 宏 国際協力機構(JICA)理事

基調講演

 世界銀行アフリカ地域担当副総裁代行
「サブ・サハラアフリカ―食糧の未来」 

プレゼンテーション

ハロルド・ロイ-マコーリー アフリカ米センター事務局長
「サブサハラ地域における国際農業研究協議グループ(CGIAR)の成果」

アグネス・カリバタ アフリカ 緑の革命同盟(AGRA)総裁
「サブサハラ地域における緑の革命に向けて」

サブサハラ地域の食糧の未来:ハイレベル・パネル(登壇予定) 

ママドゥ・サンガフォワ・クウリバリ コートジボワール農業・農村開発大臣 

ジェラルディーン・ムケシマナ ルワンダ農業・畜産大臣 

ジョゼ・グラツィアーノ・ダ・シルバ 国際連合食糧農業機関(FAO)事務局長

イブラヒム・アサネ・マヤキ アフリカ開発のための新パートナーシップ(NEPAD)計画調整庁長官

カナヨ・F・ヌワンゼ 国際農業開発基金(IFAD)総裁

イブラヒム・ティアウ 国連環境計画事務局次長

ディスカッション、総括、閉会挨拶

 

2.テクニカルセッション(午前11時45分~午後1時)

開会の辞

シメオン・エフイ 世界銀行農業グローバルプラクティス シニアディレクター 

プレゼンテーション―アフリカの持続可能な食糧供給にむけて

ミーラ・シェカー 世界銀行リード保健専門官(栄養)

パーメッシュ・シャー 世界銀行農村生活と雇用グローバル・リード(雇用・機械化) 

アブドゥラエ・トゥーレ 世界銀行 リード農業専門官(半乾燥気候におけるレジリエンス強化)

プレゼンテーション(日本の貢献)

丸尾 信 国際協力機構(JICA)農村開発部第5チーム課長
「食糧と農業に関するJICAの取り組みの動向」

アブドゥラエ・トゥーレ 世界銀行リード農業専門官
「PHRD基金プロジェクト」

ディスカッション、総括、閉会挨拶

イベント詳細
  • 日時: 2016年8月26日(金)午前9時から午後1時(当日はセキュリティの都合上お早目に会場にお越しください)

場所:
ホテル ヴィラローザ・ケンピンスキー・ナイロビ(ケニア)

ご登録:
ご参加希望の方は、お名前とご連絡先をEメールにてお送りください。また、当日は身分証明書をご持参ください。

お問い合わせ:
Patricia M. Lee
plee2@worldbank.org

Xenia Zia Morales
xmorales@worldbankgroup.org

Hiroshi Hiraoka
hhiraoka@worldbank.org