BRIEF

アフリカでの取り組み

2018年10月3日

2018年10月3日 特集

ケニアの電子マネー「M-Pesa」の成功がアラブ諸国にもたらすものとは
M-Pesa(エムペサ)は、銀行口座を持たない人々の送金を可能にするケニア発のモバイル決済サービスで、急速な広がりを見せています。このM-Pesaを成功事例として、中東・北アフリカ地域におけるモバイル送金サービスの普及を推進することにより、同地域における経済成長および雇用創出が期待されています。

2018年10月3日 プレスリリース

サブサハラ・アフリカ地域:成長は予想以上に緩やか

半期に一度アフリカ経済の動向を分析する「アフリカの鼓動」2018年10月度版は、域内上位を占める経済大国3カ国(ナイジェリア、アンゴラ、南アフリカ)の景気低迷により、成長ペースは予想以上に緩やかなものとなっていると指摘しています。ただし、同地域の平均成長率は2018年には2.7%と推定され、2017年の2.3%からわずかながらの増加を示しています。

2018年9月4日 ブログ

東アフリカにおける民間投資の拡大に向けて (英語)
今月11-12日に開催された「開発金融フォーラム(仮題)」では、公共および民間セクターの主導者たちが集まり、東アフリカ開発の主要セクターであるアグリビジネスや住宅、観光に対する民間投資の促進に向けた議論が展開されました。世界銀行の最貧国向け基金である国際開発協会(IDA)は、民間セクター・ウィンドウ(PSW)を通じて民間資金の動員を進めています。トロッツェンバーグ 世界銀行グループ副総裁のブログでご覧ください。

2018年8月1日 ブログ

アフリカにおける通貨の非流動性の解決に向けて (英語)
現在アフリカでは41種類の通貨が使用されており、これらは流動性が低く不安定なことから、海外の投資家によるアフリカ諸国への投資の機会や国際支援団体の現地通貨での資金提供の妨げとなっています。本ブログでは、通貨統合は現段階では非現実的であるとし、地域通貨のギャップを埋める中期的な解決策として、外国為替証拠金取引(FX) の可能性が示唆されています。

2018年6月20日 プレスリリース

西アフリカ:都市化がもたらす課題により経済成長が停滞 (英語)
世界銀行は報告書を発表し、急速な人口移動による都市化が、ギニア、マリ、ニジェールといった西アフリカ諸国の経済成長を停滞させており、都市における競争力の高い経済システムの構築および適切な公共サービスとインフラ整備に取り組む必要があるとしています。

2018年6月15日 特集

ソマリア:干ばつに対する強靭性構築の取り組み (英語)
6月17日は、砂漠化および干ばつと闘う世界デーでした。深刻な干ばつによる食糧危機に陥ってからたった一年でその危機を乗り越えたソマリアで、いかに強靭性向上の取り組みが行われたのか、4つの農家の事例でご覧ください。

2018年5月31日 ブログ

アフリカ諸国のリーダーがデジタル経済の構築を約束 (英語)
デジタル経済は、アフリカに飛躍的な発展をもたらす可能性がある一方、急速な技術の進化によりアフリカ諸国は新たな課題に直面しています。世界銀行が4月に立ち上げたアフリカのためのデジタル経済イニシアティブ(DE4A)は、アフリカ諸国の政府と協力し、テクノロジー分野での起業を促す基盤の構築に取り組んでいます。

2018年5月18日 プレスリリース

ベナン:農村世帯の清潔な水へのアクセスに2億 2,000万ドルを支援 (英語)
世界銀行は18日、国際開発協会(IDA)を通じて、ベナン農村地域の水への万人のアクセスを目的とした2億 2,000万ドルの支援に合意しました。この支援により、新たに34,500世帯の水の配管が整備され、約1,600万人が受益する見込みです。

2018年5月16日 特集

アフリカの気候変動対策を支える水文気象プログラム (英語)
アフリカにおける自然災害に対する強靭性の構築に向け、世界銀行が主導するアフリカ水文気象プログラムを通じ、アフリカ諸国の気象観測設備の強化や予測システムの向上が図られています。世界気象機関(WMO)やアフリカ開発銀行(AfDB)などの国際機関の他、日本政府もこのプログラムを支援しています。

2018年5月8日 プレスリリース

モザンビーク:農道整備に1億 5,000万ドルを支援 (英語)
世界銀行は8日、国際開発協会(IDA)を通じ、モザンビークの最貧困地域の道路網整備による農業生産性の向上を目的とし、モザンビーク政府に対し1億 5,000万ドルの支援を承認しました。

2018年5月1日 プレスリリース

カメルーン:難民と受入れ先コミュニティに2億 7,400万ドルを支援 (英語)
世界銀行は国際開発協会(IDA)を通じ、カメルーンが近隣諸国から受け入れている難民とその受入れ先コミュニティに対する2億 7,400万ドルの支援パッケージを承認しました。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)及びカメルーン政府と協力し、保健 、教育、ソーシャル・セーフティネット、インフラへのアクセス改善などの総合的な支援が実施されます。

2018年4月18日 プレスリリース

アフリカ:経済成長に回復は見られるがペースは緩やか
サブサハラ・アフリカ地域の成長率は、2018年は3.1%、2019~20年は平均3.6%になる、と半期に一度アフリカ経済の動向を分析する世界銀行の報告「アフリカの鼓動」の最新版は予測しています。

2018年3月29日 プレスリリース

マダガスカル:基礎教育における学習の改善に1億ドルを支援 (英語)
世界銀行と教育のためのグローバル・パートナーシップ(GEP)は、マダガスカルにおける学習成果の改善を目的とした総額1億ドルの支援に合意しました。国際開発協会(IDA)からの5,500万ドルを含む、同国の教育への融資では最高額となる本支援によって、初等教育への就学や教員向けの教育訓練の強化が促進され、470万人以上が受益する見込みです。

2018年3月28日 プレスリリース

ソマリア:農業が経済成長と貧困削減の鍵に (英語)
世界銀行と食糧農業機関(FAO)は、共同で新報告書「ソマリアにおける強靭性の再構築と持続可能な農業(仮題)」を発表し、ソマリアの農業セクターにおける課題と投資の機会について指摘しました。頻発する干ばつや洪水などの自然災害により、同国の家畜や農産物等のサブセクターは脆弱化し、農産物の生産量の低下が起きています。報告書は、同国の経済成長と貧困削減には、インフラの整備等による農産物の生産性の回復と民間セクターによる投資が鍵になるとしています。

2018年3月26日 Youtube

コートジボワール:安定した電力供給によりビジネス機会を創出 (英語)
数十年に渡り停電の問題を抱えているコートジボワールでは、電力の供給を高価なバックアップシステムに頼っていました。しかし、国際金融公社(IFC)の支援により民間企業が電力セクターに参入し、工場からの排気熱を再利用した再生可能エネルギーによる低価格でクリーンな電力の供給が可能になりました。安定した電力供給により、ビジネス機会が拡大し、さらには雇用の創出に繋がります。動画でご覧ください。

2018年3月26日 Youtube

ケニア:急成長を見せるスタートアップ企業 (英語)
シリコンバレーから1万マイル離れたケニアのナイロビはシリコンサバンナと呼ばれ、若い起業家たちによる タートアップ企業が急成長を見せています。アフリカ最大のシェアオフィスであるナイロビガレージでは、起業家たちがITを活用し、世界を舞台にビジネスを行っています。国際金融公社(IFC)が支援する起業家たちの様子を動画でご覧ください。

2018年3月20日 プレスリリース

タンザニア:水と衛生の改善により人間開発の達成を目指す (英語)
世界銀行が発表した報告書は、タンザニアが人間開発の改善および貧困削減を実施し、持続可能な開発目標(SDGs)を達成するためには、水と衛生(WASH)へのさらなる投資が必要であると指摘しました。同国の経済は過去10年間で平均6.5%成長しており、貧困率は34%から28%と緩やかに減少していますが、基本的な水と衛生へのアクセス拡大では後れを取っています。現在、2,300万人以上が管理されていない水源から飲み水を得ており、4,100万人への衛生サービスが十分な状態ではありません。

2018年3月14日 プレスリリース

エチオピア:ガバナンスおよび公共サービスの改善および近代化を支援 (英語)
世界銀行は、国際開発協会(IDA)を通じて、エチオピア国内の都市における経済成長を目的とした地方自治体の能力強化および持続可能で近代的な都市インフラと基礎サービスの拡大に対する6億ドルの支援に合意しました。エチオピアはサブサハラ・アフリカ地域において最も都市化の進む国のひとつですが、人口増加を伴う急速な都市化によりインフラ、サービス、雇用の提供に停滞が見られます。本支援により、地方自治体の能力強化と都市の長期的な経済成長が見込まれています。

2018年3月5日 プレスリリース

ガーナ:2018年の経済成長は上向きと予想されるものの、依然として課題は残る (英語)
世界銀行はガーナ経済報告書を発表し、2017年の経済成長は農業分野での生産性向上と雇用創出を原動力として2016年の約2倍の成長率となっており、2018年も引き続き上昇傾向を維持すると分析しました。しかし、深刻化するインフレや金融セクターにおける金利の引き下げなどの課題は残ると指摘しています。

2018年3月4日 プレスリリース

アフリカ:深刻な学習危機を解消するためには教育へのアクセスと質の向上が必要 (英語)
世界銀行は新報告書において、アフリカ地域における初等学校・前期中等学校就学率に改善は見られるものの、いまだに5,000万人の児童が学校に通えておらず、就学している児童の大半はその後の人生に役立つような基礎教育が受けられていないと指摘しています。同地域の経済成長の妨げともなる深刻な学習危機を解消するためには、質の高い基礎教育への公平で持続的なアクセス、学校レベルでの教師の管理と支援、質の向上のための投資、教育政策の強化が必要とされます。

2018年3月1日 プレスリリース

エチオピア:すべての人の電力へのアクセスを支援 (英語)
世界銀行は、国際開発協会(IDA)を通じて、2025年までの国内のすべての人の電力へのアクセスの実現を目的とした3億 7,500万ドルの支援に合意しました。同国はサブサハラ・アフリカで二番目に高い発電能力を持ち、電化政策により60%近くの都市および農村への送電網の整備が実現されている反面、国民の70%が電気のない中で生活し、初等学校施設の24%および医療施設の30%しか電力にアクセスできていません。

2018年2月28日 プレスリリース

ルワンダ:慢性的な栄養不良対策に5,500万ドルを支援 (英語)
世界銀行、栄養の潜在力、グローバル・ファイナンシング・ファシリティ(GFF)は2月28日、ルワンダの発育阻害が顕著な13地域で5歳以下の乳幼児を対象とした5,500万ドルの支援に合意しました。本支援は、ルワンダでの人間開発における長期的な負荷要因となっている児童の慢性的な栄養不良対策を通じて、ルワンダの経済成長を促進することを目的としています。

2018年2月22日 プレスリリース

シエラレオネ:土砂災害からの復興を支援 (英語)
世界銀行は、国際開発協会(IDA)を通じた、土砂災害や洪水被害からの復興に対する1,000万ドルの支援を承認しました。2017年にフリータウンで起きた災害による経済的な総被害額は3,100万ドルに上り、復興には8,200万ドルが必要とされています。本支援は、フリータウンインフラの回復とシエラレオネ政府の防災管理の能力強化を目的としています。

2018年2月15日 プレスリリース

ナイジェリア:送電ネットワークとインフラ改善に4億8,600万ドル支援 (英語)
世界銀行は、変電設備などの改善事業に向けて国際開発協会(IDA)クレジットとIDAスケールアップ・ファシリティによる4億8,600万ドルの支援を承認しました。この事業により送電量が拡大し、継続的なナイジェリアの経済成長に必要な電力の安定供給に貢献します。また、民間参入も促され、ナイジェリアの電力会社および関連セクターのガバナンス改善も見込まれます。

2018年2月8日 プレスリリース

コートジボワール:経済の近代化には労働者の技術力向上が必要 (英語)
世界銀行は、コートジボワール経済報告を発表し、象牙海岸における好調な業績を評価しつつも、一方では民間セクターの参入増加と、特に教育と保健分野における公的な財政管理の改善が急務であると指摘しました。また、国内の労働者の技術力を向上させ経済成長に結びつけることが、同国の経済の近代化において重要であるとしています。

2018年2月2日 プレスリリース

リベリア:ガバナンス強化と経済改革促進を目的とした2,467万ドルの支援に合意 (英語)
世界銀行とリベリア政府は、リベリア第四次貧困削減開発政策に対する2,467万ドルの支援に合意しました。この支援には、国際開発協会(IDA)を通じた2,000万ドルの支援が含まれており、透明性と信頼性強化のためのガバナンス改革、電力セクター、土地管理に焦点を当てた経済改革、保健セクターにおける人材の有効活用による人的資本開発が期待されます。

2018年1月26日 プレスリリース

コートジボワール:森林伐採の防止に1,500万ドルを支援 (英語)
世界銀行は、森林投資プロジェクト(FIP)に対する国際開発協会(IDA)を通じた総額1,500万ドルの支援を承認しました。森林資源の有効活用、増加および森林管理による収入増加により、農村約34万5,000世帯が恩恵を受けるとしています。

2018年1月16日 プレスリリース

南スーダン:脆弱な立場にある人々への支援を再確認 (英語)
世界銀行は、南スーダンにおける開発支援のための新方針を発表しました。長引く紛争が経済開発の妨げとなり人口の66%近くが極度の貧困状態に陥っている同国民にとって必要とされる基礎的な社会サービスの提供、生活環境の支援、安全な食料確保を強化に重点を置いています。

2018年1月11日 プレスリリース

ルワンダ経済アップデート:都市化の分析 (英語)
世界銀行は、民間および公共からの投資と農業の生産性向上により、低下していたルワンダの経済成長は、2018年および2019年には回復し加速するとの予測を発表しました。都市化に関する章では、同国の都市部における人口増加は非農業分野における雇用創出と同時に起きており、貧困削減に貢献しているとしています。

2017年12月20日 プレスリリース

モザンビーク:プライマリ・ヘルスケアの改善に1億500万ドルを支援 (英語)
世界銀行は、グローバル・ファイナンシング・ファシリティから2,500万ドル、国際開発協会(IDA)から8,000万ドル、総額1億500万ドルの支援を承認しました。同国は、保健分野での持続可能な開発目標の達成には依然として道半ばであり、十分なサービスを受けていない地域における、母子保健を含む保健サービスの質と利用の改善を目的としています。

2017年12月20日 プレスリリース

マラウイ:水供給と衛生設備の改善に向けて、都市を支援 (英語)
世界銀行は、「リロングウェにおける水と衛生プロジェクト」に対し、国際開発協会(IDA)を通じて1億ドルの支援を承認しました。2035年までに水の需要が現在の約3倍に拡大すると見込まれる同市で、下水道ネットワークの拡張と下水処理工場の修復を実施し、9万人の受益者を見込んでいます。

2017年12月12日 プレスリリース

エチオピア:成長の可能性がある畜産・漁業セクターを支援 (英語)
世界銀行は、畜産・漁業セクターにおける活動促進を目的とし、国際開発協会(IDA)を通じて1億7,000万ドルの支援を承認しました。同セクターは農業分野におけるGDPの40%を占めていることから、同国の中所得国への移行に向け重視されています。

2017年12月12日 プレスリリース

マダガスカル:革新的な新10カ年計画で、乳幼児の発育阻害削減を支援 (英語)
世界銀行は、乳幼児の発育阻害を削減するため、国際開発協会(IDA)を通じて2億ドルの支援を承認しました。慢性栄養不良が子供の成長、長期的な人的資本の開発、経済成長の妨げとなっている同国において、対象地域における発育阻害の乳幼児を2028年までに30%削減することを目標としています。

2017年12月5日 プレスリリース

ウガンダ:2030年までに児童婚の撲滅で、毎年30億ドルの経済効果 (英語)
世界銀行は、報告書「ウガンダの開発を加速するために:児童婚の撲滅と女子教育の促進(仮題)」を発表し、2030年までに児童婚を撲滅することで、毎年30億ドルの経済効果が見込まれると分析しました。報告書は、児童婚は、女児および家庭が教育を享受する機会喪失、人口増加、健康リスク増大などを引き起こすと指摘しています。 

2017年10月26日 プレスリリース

報告書:ベナン、ブルキナファソ、コートジボワール、トーゴにおける福祉の地理学 (英語)
世界銀行グループは、報告書「ベナン、ブルキナファソ、コートジボワール、トーゴにおける福祉の地理学(仮題)」を発表し、堅調な経済成長が抑制されていると指摘しました。アフリカ大陸は着実な成長を実現しているにも関わらず、西アフリカは人口の半分が貧困状況下にあり、良好な農業生態学的条件、豊富な資源、市場へのアクセス等、経済開発に関わる格差が原因だと結論付けています。

2017年10月11日 プレスリリース

【半期経済報告】サブサハラ・アフリカの経済成長は穏やかに回復 (英語)
世界銀行は、経済報告書「アフリカの鼓動」の最新版の中で、2017年の経済成長は2.4%で、2016年の1.3%に対し上向きと予測しました。一次産品価格の安定と国内需要の伸びにより、2018年は3.2%、2019年は3.5%と成長が見込まれる一方で、中部アフリカ経済通貨共同体の加盟国は下落する原油価格の調整により、低調が続くと指摘しています。

2017年9月27日 プレスリリース

アフリカ投資フォーラム:技術革新による飛躍 (英語)
第3回アフリカ投資フォーラムの開催を機として、世界銀行は「技術革新による飛躍」に関する報告書を発表しました。アフリカにおける様々な経済セクターにおけるイノベーションの拡充をテーマとしており、アフリカの加速的、包摂的経済成長の実現に向け、テクノロジーと技術革新がもたらす投資機会を取り上げています。

2017年9月22日 プレスリリース

西アフリカ:心理学にもとづく起業家トレーニングが従来のトレーニングより効果的 (英語)
世界銀行は新たな調査報告書の中で、起業家向けの心理学にもとづく起業家訓練プログラムが、受講者の事業に30%の増益に貢献した一方、従来の訓練プログラムは11%に留まったとしています。成功している起業家の事例学習に加え、マインドセットの開発が小規模事業者に対して重要な役割を担うことを指摘しています。

2017年9月12日 プレスリリース

アフリカ:水文気象サービスの近代化に向けた会合が開催 (英語)
アフリカ水文気象フォーラムが開催され、500名以上の政府関係者、官民セクター、市民社会、開発関連機関が参加しました。会合では、自然災害がGDPを10%から20%下落させ、経済開発を阻害するだけでなく、経済利益が失われる可能性が示され、水文気象サービスの改善は、サブサハラ・アフリカにおける自然災害に対する強靭性を構築するために不可欠だとしています。

2017年9月8日 プレスリリース

チャド:国家開発計画の施行に11億ドルを支援 (英語) 
世界銀行グループは、今後3年におけるチャドの国家開発計画の施行に対し、11億ドルの支援を表明しました。国際開発協会(IDA)の10億ドル、国際金融公社(IFC)の1億ドルから構成され、公的資金管理と予算執行の改善、石油セクターの透明性の強化、農産物、家畜生産のセクターの生産性の向上、貧困・脆弱層に対する社会的保護の推進が含まれています。

2017年9月6日 プレスリリース

ルワンダ:輸出機会の急拡大により経済成長を維持 (英語)
世界銀行は、ルワンダ経済報告書の中で、2016年中盤以降の経済成長が6%に対し、2017年第一四半期は年率4.2%に減速した一方で、輸出産業は2007年の4億ドルから2016年に16億ドルに増加し、非伝統的産品の輸出が急成長に貢献したと分析しました。2017年第二四半期以降は、成長が拡大し、小規模な国際貿易が輸出主導型成長の大半を占めると予測しています。

2017年9月1日 特集

ナイジェリア:現金給付モデル調査の検証 (英語) 
世界銀行アフリカ・ジェンダー・イノベーション・ラボは、現金給付の支給金額と頻度が受給者に及ぼす影響を検証するため、1,200名の女性を対象に調査を行ったところ、受給の頻度が少ない場合でも、一日一人当たりの消費、食糧安全保障、食生活の多様性に改善が見られ、生活改善と女性の雇用にも貢献しており、同じ効果が得られると指摘しました。

2017年8月4日 プレスリリース

ブルキナファソ:地方行政の強化を支援 (英語)
世界銀行は、地方行政支援プロジェクトに対し、国際開発協会(IDA)を通じて、6,000万ドルの支援を承認しました。プロジェクトは、地方分権に向けた国と自治体のキャパシティ強化、地方行政の市民参加の促進を目的としています。

他の取り組み(英語)を見る >> 
過去のニュース(日本語)を見る >>


参考情報