特集 2019年1月17日

東南アジア災害リスク保険ファシリティ(SEADRIF)に関する日本の保険業界向けテクニカルブリーフィングを開催

2019年1月17日
東京

Image
写真:テクニカルブリーフィングの開会の言葉を述べる財務省国際局大矢俊雄審議官。日本とASEANや世銀とのパートナーシップにおける東南アジア災害リスク保険ファシリティ(SEADRIF)の重要性を述べられました。

世界銀行は日本の財務省との共催で、東南アジア災害リスク保険ファシリティ(SEADRIF:Southeast Asia Disaster Risk Insurance Facility)に関する、日本の保険業界の関係者向けテクニカルブリーフィングを開催しました。開催のねらいは、SEADRIFの概要や進捗状況の共有、また(i)SEADRIFの構造、(ii)SEADRIF洪水リスク評価モデル、(iii)提案中の保険商品のデザインに関して、保険業界の専門家によるフィードバックを得ることでした。今回のテクニカルブリーフィングでは、ASEANメンバー国の公共資産を守るための災害リスクファイナンスおよび保険ソリューションを開発・提供する際に生じうる課題や障害の特定を目指した保険業界関係者とのブレインストーミング・セッションも行われました。  

SEADRIFは、ASEAN加盟国が災害保険や復旧復興のためのファイナンスやソリューションを活用し、天候変化や災害によるリスクに対する財政面でのレジリエンスを高めることを目的とするプラットフォームです。また、SEADRIFはASEAN加盟国に対し、災害による人々の暮らしへの影響を低減するために、被災後早急に復旧資金を確保できるよう助言や金融サービスを提供します。

Image
写真:財務省国際局地域協力課 荒木勇樹課長補佐は、閉会の言葉を述べると共にSEADRIFについて日本の保険会社と継続して協議することの重要性を強調されました

2018年12月、カンボジア、インドネシア、ラオス、ミャンマー、シンガポールおよび日本は、シンガポールに保険会社を有する信託としてSEADRIFを設立することに合意しました。SEADRIFによる初のファイナンスソリューションは、洪水を中心とした地域災害リスクプールです。これは世界銀行グループ災害リスクファイナンス・保険プログラム(DRFIP)の技術協力の下、カンボジア、ラオス、ミャンマーがそれぞれの国向けに活用することを目指し創設するものです。SEADRIFは現在、インドネシアをはじめとする中所得のASEANメンバー国に向けた資金ソリューションの提供も計画しています。こうした中所得国では、公共資産の保険制度を整備または強化中の段階にあります。

今回のテクニカルブリーフィングには日本を代表する保険会社から16人の専門家が参加し、災害リスクに備えた保険商品の導入に関する経験と知見を共有しました。話し合いを進めるなかで、この画期的な構想を実現していくにあたっての様々な可能性や課題が明確になりました。参加者は、今後もこうした対話を続け、ASEAN加盟国が利用できる画期的な災害リスクファイナンス商品を作るための新たなツールや手法の設計に協力していくことを確認しました。

Image
写真:参加者と世界銀行スタッフにより活発な意見が交わされました

世界銀行グループの災害リスクファイナンス・保険プログラムについて

災害リスクファイナンス・保険プログラム(DRFIP)は、途上国に対し、災害や気候変動により生じうる甚大なコストに対処するための支援を実施しています。DRFIPは、世界中の60か国以上に対し、分析や助言、会議等の開催、金融サービスを提供しており、気候・災害リスクに対する総合的な財政戦略の策定と実施を支援しています。 

DRFIPの詳しい情報については、 www.worldbank.org/drfi をご覧ください。

災害リスクファイナンスに関する情報や刊行物については、www.financialprotectionforum.org をご覧ください。



Api
Api