イベント
Earthquake Emergency Response Drill and Workshop on Disaster Preparedness of the Dams Conducted in India
JWAがインドで地震緊急対応訓練を実施
2016年10月18-22日ウッタラカンド(インド)


独立行政法人水資源機構(JWA)は2016年10月18~22日、地震対応マニュアル開発のためインドを訪問しました。今回の訪印は日本―世界銀行共同プログラムの国・地域別プログラム「インドにおける防災サービス向上プロジェクト」が技術支援する世界銀行のDRIPプロジェクト一環として実施されました。

独立行政法人水資源機構(JWA)は2016年10月18~22日、地震対応マニュアル開発のためインドを訪問しました。今回の訪印は日本―世界銀行防災共同プログラムの国・地域別プログラム「インドにおける防災サービス向上プロジェクト」が技術支援する世界銀行のDRIPプロジェクト一環として実施されました。 

JWAは訪印中にウッタラカンド州の水力発電所イチャリダムで地震対応訓練を実施しました。現場技術者の他、本部であるウッタラカンド水力発電公社(UJVNL)および中央水委員会(CWC)を交える形で訓練を実施し約20名が参加しました。また、世界銀行デリー事務所、CWCをはじめとしたDRIPタスクチーム・メンバー30名が訓練を視察しました。

訓練後、ウッタラカンド州のダム技術者向けにワークショップを10月20日に開催しました。ワークショップでは、JWAから、訓練で訓練参加者から得られた反省点と日本の地震対応経験の共有が行われました。
また、翌日中央水委員会議長と面談し、活動紹介、訪印の成果と次のステップについて協議しました。JWAによる訪印は、地震対応訓練と事前準備に関する意見交換を通してダム安全管理に対する意識向上を促進し、インドとJWAのパートナーシップを更に強化しました。

世界銀行のDRIPおよび国・地域別プログラムは、知見交換に加え、地震対応マニュアルの整備とインドの250カ所のダムへの応用を通じ、ダムの安全性管理、特に早期警報システムと地震対応に関するCWCとJWAの協力を今後も支援してゆきます。

 

Japan-World Bank Program for Mainstreaming Disaster Risk Management in Developing Countries


イベント詳細
  • 日時: 2016年10月18~22日
  • 場所: ウッタラカンド(インド)