イベント
セミナー「世界開発報告(WDR)2016:デジタル化がもたらす恩恵」
2016年6月9日東京


世界銀行、JICA研究所共催

Image

 

世界銀行とJICA研究所は2016年6月9日、セミナー「世界開発報告(WDR):デジタル化がもたらす恩恵」を共催しました。

「世界開発報告(World Development Report)」は、1978年以来、経済・社会・環境など毎年異なるテーマを取り上げて、課題分析と政策提言をとりまとめる世界銀行グループの主要報告書の一つです。今年1月に発表された最新の世界開発報告(WDR)のテーマは「デジタル化がもたらす恩恵」(Digital Dividends)です。同報告書は、インターネットや携帯電話などのデジタル技術は途上国の間で急速に普及しつつも、成長の加速、雇用拡大、公共サービス改善などの恩恵は期待されたほどはもたらされておらず、世界人口の60%が今なお、拡大を続けるデジタル経済から取り残されていると指摘しています。そして、この問題を克服するためには、手頃な価格のオープンかつ安全なインターネットへのアクセス普及による情報格差の解消、デジタル化がもたらす企業間の競争促進、デジタル技術の普及と人材育成などの促進する戦略が求められると分析しています。

今回のセミナーでは冒頭、塚越保祐・世界銀行グループ駐日特別代表が挨拶を述べた後、ウェ・ディークマン世界開発報告(WDR)執筆担当共同局長がワシントンよりテレビ会議にて同報告書の主要な論点をご紹介しました。続いて、戸堂康之・早稲田大学教授と会津泉・多摩大学教授がコメンテイターとして登壇し、戸堂教授は開発経済学の見地から、また会津教授はアジアにおけるインターネット普及に向けた取り組みの経験の見地から、それぞれ話しました。

Image

Image


 

プログラム

挨拶 

塚越保祐 世界銀行グループ 駐日特別代表

講演 

ウェ・ディークマン 世界銀行グループ 世界開発報告(WDR)執筆担当共同局長

当日の資料: Digital Dividends (PDF)

※ディークマン局長はテレビ会議にてワシントンより参加しました

コメント 

戸堂康之 早稲田大学 政治経済学術院 経済学研究科 教授

当日の資料: 『世界開発報告2016:デジタル化がもたらす恩恵』に対するコメント (PDF)

会津泉 多摩大学 情報社会学研究所 教授・主任研究員

当日の資料: FabLab/FabSpace, Making (PDF)

 

スピーカー紹介

Image
ウェ・ディークマン

世界銀行開発リサーチグループに所属する経済地理学の専門家。「世界開発報告(WDR)2009:変わりつつある世界経済地理」主席執筆担当者。世界銀行入行以前は、国連環境計画、国連統計局に勤務。カリフォルニア大学サンタバーバラ校にて経済地理学・地域科学博士号を取得。

 

関連

世界開発報告

 

イベント詳細
  • 日時: 2016年6月9日(木)午前10時半~午後12時

場所:
世界銀行東京事務所
東京都千代田区内幸町2-2-2
富国生命ビル10階
地下鉄三田線内幸町駅直結、千代田線・日比谷線・丸の内線霞ヶ関駅C4出口下車
地図

言語:
英語・日本語(同時通訳付)

参加費:
無料

お問合せ:
世界銀行東京事務所 大森
komori@worldbankgroup.org
TEL: 03-3597-6650


関連サイト

世界銀行東京事務所ホーム