プレスリリース 2019年5月1日

世界銀行、気候変動対応型の鉱業を支援する新たな基金を設立

ワシントンDC、2019年5月1日-世界銀行は本日、気候変動対応型鉱業のためのファシリティを立ち上げた。これは、気候変動対応型の鉱業の実現とその持続可能性の向上支援に特化した初の基金であり、風力、太陽光、エネルギー貯蔵のためのバッテリーや電気自動車といったクリーンエネルギー技術で使われる、鉱物や金属の持続可能な採掘及び処理を支援する。また、鉱業分野の環境・気候フットプリントを最小限に抑えつつ、資源の豊富な途上国が、鉱物や金属への需要の増加による恩恵を享受できるよう支えることを主眼としている。

本ファシリティは、将来の低炭素社会は従来のシナリオ以上に鉱物への依存が大幅に高まることを指摘した世界銀行の報告書「低炭素社会の実現で高まる鉱物と金属の役割(The Growing Role of Minerals and Metals for a Low-Carbon Future)」から派生したものである。例えば、リチウム、グラファイト、ニッケルといった「戦略的鉱物」への世界的需要は、それぞれ2050年までに、965%、383%、108%急増すると考えられる*。鉱物や金属の需要増加は、鉱物資源に富んだ途上国に機会をもたらす一方で、気候変動に対応した鉱業が実現しなければ、採鉱による負の影響が増し、脆弱なコミュニティと環境に悪影響を及ぼすという課題も呈している。

世界銀行が2億ドルの初期投資を行うこのマルチドナー基金は、鉱業に関連するバリューチェーン全体を通じて、持続可能かつ責任ある戦略を実施するため、途上国や新興市場国・地域と連携していく。パートナーには、ドイツ政府及びリオティント、アングロ・アメリカンといった民間企業が名を連ねている。また、気候変動対応型の鉱業の促進と民間投資の誘致に適した環境の実現に向け、着実な政策、規制、そして法的枠組みの構築に取り組む各国政府を支援する。

主な支援対象プロジェクトは以下の通り:

  • 採掘作業の際の再生可能エネルギーの活用支援。鉱業部門が世界のエネルギー利用の11%近くを占めている中、遠隔地の採掘作業では依然ディーゼルや石炭に依存する傾向が高い
  • 「戦略的鉱物」の埋蔵量をより正しく把握するため、地質データの戦略的利用を支援
  • 森林に配慮した採掘:森林破壊を防ぎ、持続可能な土地利用慣行を支援、鉱区の再活用
  • 鉱物の再利用:循環型経済の導入と環境に配慮した鉱物の再利用で途上国を支援

「世界銀行は、低炭素社会への移行を支援している。気候変動対応型の採掘が行われ持続可能かつグリーンなバリューチェーンが実現したこうした社会への移行により途上国は、戦略的鉱物を、コミュニティ、エコシステム、そして環境に配慮した形で開発していく上で主導的な役割を担うことができる。戦略的鉱物が豊富な国々は、世界的なクリーンエネルギーへのシフトの恩恵を享受する真の機会を手にしている」と、リカルド・プリーティ世界銀行シニアディレクター(エネルギー・採掘産業担当グローバルプラクティス)は述べる。

世界銀行は、向こう5年間で計50億ドルの投資を目指す。本ファシリティは、気候変動緩和、気候変動適応、資源への影響の軽減と市場機会の創出、クリーンエネルギー技術に不可欠な主要鉱物のサプライチェーンにおける化石燃料依存からの脱却と資源への影響の削減への貢献、といった4つの中核的テーマを重点課題としている。

*世界銀行の2018年改訂見通しは、各国がパリ協定を遵守し、世界の気温上昇が2度未満に抑えるために排出量を削減するという想定を基盤としている。1.5度未満のシナリオでは、戦略的鉱物への世界的需要は、2050年までにさらに増大する見込み。出典:2019年に発表予定の世界銀行報告書

 

ウェブサイト: http://www.worldbank.org/en/topic/extractiveindustries
フェイスブック: http://www.facebook.com/worldbanktokyo
ツイッター: http://www.twitter.com/worldbanktoyo
YouTube:  http://www.youtube.com/worldbank


プレスリリース番号: 2019/167/EEX

お問い合せ

ワシントン
Clare Murphy-McGreevey
+1 (202) 458-1501
cmurphymcgreevey@worldbank.org
Aarthi Sivaraman
+1 (202) 458-7206
asivaraman@worldbank.org
東京
平井智子
+81 (3) 3597-6650
thirai@worldbankgroup.org
Api
Api