Statement 2019年8月2日

クリスタリナ・ゲオルギエヴァCEOの一時休職に関するデイビッド・マルパス世界銀行グループ総裁声明

ワシントンD.C. 2019年8月2日―世界銀行グループのデイビッド・マルパス総裁は本日、以下の声明を発表した。

「クリスタリナ・ゲオルギエヴァ最高経営責任者(CEO)が国際通貨基金の専務理事候補に選出されたことを受け、本日私は同氏と面談し、本人の希望により選考期間中の休職を認めることとした。休職期間中、同氏は一時的に世界銀行CEOの職務を離れることになる。この度のゲオルギエヴァCEOの選出は、経済、金融及び開発分野における同氏の優れたリーダーシップを示すものであり、心からお祝い申し上げる。」


お問い合せ

ワシントン
Nicole Frost
+1 (202) 458-0511
nfrost@worldbankgroup.org
東京
平井智子
+81 (3) 3597-6665
thirai@worldbank.org
Api
Api