プレスリリース 2019年12月13日

国際社会が世界の最貧国支援に820億ドルの拠出を誓約

雇用、ジェンダー、脆弱性、気候、ガバナンスが重点領域に 

ストックホルム、2019年12月13日 — 世界銀行の開発パートナーである各国政府は本日、極度の貧困撲滅に向けた取組みの勢いを持続するため、世界銀行の最貧国向け基金である国際開発協会(IDA)に対し新たに820億ドルを拠出することを発表した。この資金(内、約530億ドル超はアフリカ向け)は、途上国による人々のニーズへの投資、経済成長の加速、気候関連の打撃や自然災害に対する強靱性強化を支援するものである。

「本日パートナーの皆様が表明されたコミットメントは、最貧国と最脆弱国における極度の貧困撲滅と繁栄の共有促進という喫緊の課題への支持を明確に示すものです。」と、デイビッド・マルパス世界銀行グループ総裁は述べた。「我々は、日本がIDAと、そして支援を最も必要としている人々に高い開発成果をもたらすIDAの能力に、引き続き信頼を寄せていただいていることに感謝しています。今回の増資で、IDAが重点を置く政策のうち、質の高いインフラ、国際保健(ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)、パンデミック)、債務持続可能性、自然災害に対する強靱性強化といった重要な開発分野は、いずれも、日本がリーダーシップを発揮してこられました。」

現在、世界の貧困層の3分の2がIDA借入国で生活している。今回の増資は、IDAが雇用創出と経済変革、グッド・ガバナンス、責任ある制度に対する支援を強化することを可能にするものである。また、サヘル地域やチャド湖地域、アフリカの角等において、気候変動やジェンダー平等、脆弱性・紛争・暴力が突きつける課題に対処している途上国を支援していく。

IDAは、質の高いインフラ投資など、成長と地域統合を促進する支援をさらに強化する予定である。また、IDAの民間セクター・ウィンドウ(PSW)は今後も、国際金融公社(IFC)と多数国間投資保証機関(MIGA)が、困難な開発課題を抱える地域への民間セクター投資を動員し、途上国が必要とする規模の資金を調達する上で重要な役割を果たすことになる。

IDAは3年ごとに増資を実施しており、今回の第19次増資の対象期間は2020年7月1日から2023年6月30日である。今回の増資がもたらす資金によりIDAは、途上国の人々の生活に大きな影響を与える以下のようなプロジェクトを支援する。

  • 最大3億7,000万人への基礎的保健・栄養・人口サービス
  • 最大8,000万件に上る熟練した医療従事者による安全な出産
  • ブロードバンドインターネットの利用拡大(想定利用者:5,000万~6,000万人)
  • 最大1億4,000万人の子供への予防接種
  • 最大60カ国における統計能力の改善によるガバナンス向上
  • 再生可能エネルギーによる発電10ギガワット追加

途上国が平等を実現し経済成長を促進できるようIDAは、債務持続可能性と透明性の向上、デジタル決済技術の利用と適応、障害者の社会参加促進、法の支配の強化、そしてユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)に向けた努力を含む、人的資本への投資といった、広範な開発課題にも取り組んでいく。

これらの優先分野に加えて、危機への備えや強靱性の構築、気候関連の行動計画を推進する途上国の支援にも、さらに注力していく。

今回のIDA増資の成功は、52の政府からの拠出によって支えられているが、近い将来には更なる国が資金拠出を誓約すると見られている。この他、過去のIDA融資に対する返済や世界銀行からの資金移転、資本市場から調達した資金もIDAの活動を支えている。この独創的な金融モデルによりIDAは、他のどの組織よりも大きな開発効果を生み出すことができる。

______

国際開発協会(IDA)は、世界の最貧国における極度の貧困を撲滅する取組みに資金を提供する世界最大規模の援助機関である。IDAは世界中の途上国に対し、経済成長の加速、強靱性構築、さらには貧困層の生活を改善するプロジェクトやプログラムの資金を、無利子又は低金利の融資や贈与の形で提供している。1960年の設立以来、IDAは世界113カ国に計3,910億ドルを超える資金を提供している。世界銀行グループの一員としてIDAは、グローバルな活動を通じて蓄積した専門知識を駆使し、世界の最貧国における貧困削減と繁栄の加速に注力している。IDA19の支援対象となるのは、低所得国、小国、島嶼国を含む74カ国である。

IDAに関する詳細はウェブサイトを参照: http://ida-ja.worldbank.org/ #IDAworks

-----------------------------------------------------

Global Community Renews Commitment to the World’s Poorest Countries with $82 Billion

Focus on jobs, gender, fragility, climate, and good governance

STOCKHOLM, December 13, 2019 — A global coalition of development partners announced today their commitment to maintain momentum in the fight against extreme poverty, with $82 billion for the International Development Association (IDA), the World Bank’s fund for the poorest. The financing, which includes more than $53 billion for Africa, will help countries invest in the needs of their people, boost economic growth, and bolster resilience to climate shocks and natural disasters.

“Today’s commitment by our partners is a strong sign of their support for the urgent mission to end extreme poverty and promote shared prosperity in the poorest and most vulnerable countries,” said World Bank Group President David Malpass. “We are grateful for Japan’s continued trust in IDA and its ability to deliver good development outcomes for people most in need. Japan has been a leader in some of IDA’s key development areas such as quality infrastructure; global health, including universal health coverage and pandemic preparedness; debt sustainability; and resilience to natural disasters.” 

Two thirds of the world’s poor—almost 500 million people—now live in countries supported by IDA. The funding will allow IDA to reinforce its support to job creation and economic transformation, good governance, and accountable institutions. It will also help countries deal with the challenges posed by climate change, gender inequality, and situations of fragility, conflict, and violence, including in the Sahel, the Lake Chad region, and the Horn of Africa. 

IDA will renew its support to facilitate growth and regional integration, including investments in quality infrastructure. The IDA Private Sector Window will continue enabling the International Finance Corporation (IFC) and the Multilateral Investment Guarantee Agency (MIGA) to mobilize private sector investment in challenging environments, a critical component to meet the scale of financing needed in developing countries.

IDA’s resources are replenished every three years; this 19th replenishment will cover the period from July 1, 2020, to June 30, 2023. The new funding will support projects that deliver life-changing results, including:

  • Essential health, nutrition, and population services for up to 370 million people;
  • Safe childbirth for up to 80 million women through provision of skilled health personnel;
  • Enhanced access to broadband internet for 50 to 60 million people;
  • Immunizations for up to 140 million children;
  • Better governance in up to 60 countries through improved statistical capacity;
  • An additional 10 GW of renewable energy generation capacity.

To promote greater equity and economic growth, IDA will also tackle broader development challenges, such as enhancing debt sustainability and transparency; harnessing and adapting to transformative digital payment technology; promoting inclusion of those living with disabilities; strengthening the rule of law; and investing in human capital, including efforts to achieve universal health coverage. 

Along with these priority areas, IDA will sharpen its focus on crisis preparedness, resilience building, and supporting countries in their national climate-related action plans.

The successful replenishment of IDA has been supported by contributions from 52 governments; additional countries are expected to pledge in the near term. It is also supported by repayments of outstanding IDA loans, contributions from the World Bank, and financing raised from the capital markets. This unique financial model enables IDA to achieve greater development impact than any other organization.

______

The International Development Association (IDA) is one of the largest sources of funding for fighting extreme poverty in the world’s poorest countries. IDA provides zero- or low-interest loans and grants to countries for projects and programs that boost economic growth, build resilience, and improve the lives of poor people around the world. Since 1960, IDA has provided more than $391 billion for investments in 113 countries. As an institution of the World Bank Group, IDA combines global expertise with an exclusive focus on reducing poverty and boosting prosperity in the world’s poorest countries. Seventy-four countries, including low-income countries, small states, and island economies, are eligible to benefit from this replenishment package. Learn more online: IDA.worldbank.org. #IDAworks


プレスリリース番号: 083/2020/DFI

お問い合せ

ワシントン
David Theis
+1 (202) 458-8626
dtheis@worldbankgroup.org
ストックホルム
Patricia da Camara
+1 (202) 290-6845
pdacamara@worldbankgroup.org
東京
平井智子
+81 (3) 3597-6650
thirai@worldbankgroup.org
Api
Api