Learn how the World Bank Group is helping countries with COVID-19 (coronavirus). Find Out

プレスリリース

世界銀行第12代総裁に選出されたジム・ヨン・キム博士による声明

2012年4月16日




ワシントン、2012年4月16日 ―世界銀行第12代総裁に選出されたジム・ヨン・キム博士は本日、次の通り声明を発表した。

「世界銀行グループ次期総裁として私を選出された理事会の決定を心から光栄に思い、謹んでお受け致します。過去5年にわたり卓越した手腕を示してこられたロバート・B・ゼーリック総裁の後継となること嬉しく思います。また、世銀加盟国から幅広いご支援をいただいたことに心から謝意を表します。

私は、ンゴジ・オコンジョ・イウエアラ大臣、そしてオカンポ教授と話をする機会を持ちました。両氏は、経済開発の分野で多大な貢献をされてきており、今後とも、両氏の御協力をあおいでいければ幸いです。

今回の立候補に伴い皆様から話をうかがうため各国を歴訪してきましたが、ここペルーはその締めくくりに誠にふさわしいところです。と言いますのも、不公平と屈辱がいかに貧しい人々の生活を破壊し、希望を損なうかを私が学んだのは、この国の首都リマの貧民街においてであったからです。また、インフラと基本的サービスの欠如がいかにコミュニティの繁栄への足かせとなっているかを目の当たりにしたのも、この地でした。さらに、社会から最も疎外された人々の熱い想いに応えられるよう、我々が視野を広げなければならないと学んだのも、やはりこの国においてでした。そして、貧しい人々へのエンパワメントと結果重視の姿勢をもってすれば逆境を克服し、勝利を手にできると学んだのもまさにこの地においてだったのです。

総裁着任後は、急速に変化する世界に対し世界銀行が新たな連携を図れるよう取り組んでいきたいと思っています。新旧のパートナーと協力して、多様な途上国やドナーのニーズに効果的に対応できる組織環境を育み、持続的成長を支えられる一段と力強い成果を導き、イデオロギーではなく事実に基づく解決策を優先させ、途上国のボイスを高め、途上国の人々の知識と経験を生かすことに努めていく所存です。

世銀理事会や加盟国との話し合いから明らかになったとおり、社会的弱者に配慮した成長の重要性において国際社会の意見は一致しています。我々は、世銀本部の玄関に刻まれている「貧困のない世界を目指して」という使命の達成にかつてなく近づいています。この使命の力は、世銀グループの職員の能力によって担保されます。我々がこの使命を共有し、さらなる努力を惜しまないことで、同じ人間でありながら、格差が人々の人間らしい暮らしを損なうことに終止符を打とうではありませんか。男女を問わず、誰もが自らの将来を自分で決める機会が与えられるよう協力していこうではありませんか。」

メディア連絡先
In ワシントン
David Theis
電話: (202) 458-8626
dtheis@worldbank.org
Yoko Kobayashi
電話: (202) 458-2624
ykobayashi2@worldbank.org
In 東京
平井 智子
電話: +81-3(3597)6650
thirai@worldbank.org

プレスリリース番号:
2012/398/SEC

Api
Api