プレスリリース

世界銀行グループ次期総裁選出プロセスの開始

2012年2月17日




ワシントン、2012年2月17日 ― 世界銀行理事会は本日、アルモファディ理事会議長の下で、世界銀行グループの次期総裁選出について協議を行なった。ロバート・B・ゼーリック現総裁はすでに、2012年6月30日付けの任期満了に伴い、再任を求めないと表明している。

理事会はゼーリック総裁に対し、世銀グループのリーダーとして極めて重要な貢献を果たしたとして、心からの謝意を表した。ゼーリック総裁の主な取組みとしては、食糧・金融危機への迅速、効果的かつ確固たる対応、災害復興、脆弱国、ジェンダーの平等への支援拡大、気候変動への適応・緩和のための気候投資基金の設立、国際金融公社(IFC:世銀グループの民間セクター支援機関)にアセット・マネジメント社を新設し民間セクターの発展の重要性を改めて強調、途上国や新興国のボイスと代表権の拡大に向けた出資構造の改革、20年ぶりの一般増資の実施、国際開発協会(IDA:最貧国に譲許的融資を提供する世銀機関)の増資で2度にわたり過去最高額を達成、などが挙げられる。

2011年に理事会が合意した総裁選出のプロセスでは能力重視の透明なプロセスの重要性が再確認され、全ての理事が候補者の推薦権を有し、候補者全員が審査の対象となることとされている。

その際、理事会が合意した、候補者の基準は以下の通り:

  • 優れたリーダーとしての実績
  • 国際的な業務を行う大組織を率いた経験と、公的セクターについての深い知識
  • 開発に関する世銀グループの使命について明確なビジョンの提示
  • 国際協調に対する深いコミットメントと理解
  • 効果的で外交的なコミュニケーション能力、職務遂行に当たっての公平性と客観性

候補者の推薦は、2012年3月23日(金)の業務時間終了(ワシントン時間)までとし、理事、または理事を通じて各国総務が行う。候補者は世銀加盟国の国民とする。

候補者推薦の締め切り後、理事会は、候補者を最高3名まで絞り込み、本人の同意の下で氏名を公表する。理事会は、最終候補者全員と正式な面接を行い、2012年の春季会合までに全会一致により次期総裁選出を目指す。

*****

世界銀行総裁について、世銀協定は、「銀行に従事する職員の長であって、理事会の指揮の下に、銀行の通常業務を行なう。総裁は、理事会の一般的監督の下に、役員及び職員の組織及び任免の責任を負う。銀行の総裁、役員及び職員は、その職務の執行に当って、銀行に対してのみ責任を負うものとし、その他の当局に対しては負わない」と定めている。

世銀総裁は、国際復興開発銀行(IBRD)および国際開発協会(IDA)の理事会議長を務める。また、国際金融公社(IFC)および多数国間投資保証機関(MIGA)の理事会議長、ならびに投資紛争解決国際センター(ICSID)の理事会議長も務める。

メディア連絡先
In ワシントン
David Theis
電話: (202) 458-8626
In TV関係
Natalia Cieslik
電話: (202) 458-9369
In 東京
平井智子
電話: (81-3) 3597-6650

プレスリリース番号:
2012/279/SEC

Api
Api