プレスリリース

インドネシアのスリ・ムルヤニ・インドラワティ財務大臣、世界銀行グループ専務理事に-ゼーリック世界銀行グループ総裁が任命

2010年5月4日




ワシントン、2010年5月4日 ― ロバート・B・ゼーリック世界銀行総裁は本日、スリ・ムルヤニ・インドラワティ氏を世界銀行グループの専務理事に任命すると発表した。インドラワティ氏は、東南アジアの主要国であり世界の大国の一つでもあるインドネシアの財務大臣として、2005年から同国の経済政治政策を主導してきた。世界規模の経済危機を乗り切り重要な改革を実施したその手腕は、各国の関係者から高い評価を得ている。

「スリ・ムルヤニ・インドラワティ氏を迎え入れることができ、大変嬉しく思っています。同氏は、開発問題と世界銀行グループが果たす役割の双方に対する深い見識を兼ね備えた卓越した財務大臣です」とゼーリック総裁は述べた。「これからは世銀幹部の一人として、世銀がクライアント支援の強化と改革プログラムの実施を進め今後の課題に取り組む上で、重要な役割を果たしてくれるでしょう」

インドラワティ氏は、財務大臣就任以前は国務大臣及びインドネシア国家開発企画庁長官を歴任した。2008 - 2009年には経済調整大臣を兼務し、2002 - 2004年には国際通貨基金(IMF)の理事を務めた。また、インドネシア大学の運営にも携わり、ジョージア州立大学アンドリュー・ヤング公共政策大学院の客員教授を務めた経験もある。

今回、専務理事任命を受けインドラワティ氏は、「世界が変わりつつある中で、世界銀行の極めて重要な使命に貢献できる機会を得たことは、私そして祖国にとって大いなる名誉です」と述べた。

「インドラワティ氏は、依然として貧困という大きな課題を抱えながらも成長を遂げる中所得国の立場から、世界銀行グループに貴重なスキルと経験をもたらしてくれるでしょう。また、同氏が挙げた腐敗への取り組みや良いガバナンス強化における成果は、世界的に評価されています」とゼーリック総裁は述べた。「同氏は、途上国の先頭に立って気候変動の問題に取り組んでおり、G20、APEC、ASEANなどを通じて国際的な取り組みにも活発に関与しています」

インドラワティ氏は、イリノイ大学で経済学博士号を、インドネシア大学で経済学学士号を取得している。また、ユーロマネー誌が選ぶ「今年を代表する世界の財務大臣」、「アジア新興国最高の財務大臣」など、様々な名誉や賞に輝いている。フォーブス誌の「世界で最も影響力のある女性100人」にも常に登場している。

インドラワティ氏は世銀専務理事として、ラテンアメリカ・カリブ海、中東・北アフリカ、東アジア・大洋州の3地域と情報システム・グループを統括する。

今回の任命は、世界各国で候補者を検討した上で決定された。インドラワティ氏の就任は6月1日の予定で、ファン・ホセ・ダブーブ現専務理事は業務引き継ぎ後、6月30日付で世銀での4年の任期を終える。

メディア連絡先
Elisabeth Mealey
電話: (202) 458-4475
Carl Hanlon
電話: (202) 473-8087
In 東京
智子 平井
電話: (81-3) 3597-6650
thirai@worldbank.org

プレスリリース番号:
2010/379/EXC

Api
Api