Learn how the World Bank Group is helping countries with COVID-19 (coronavirus). Find Out

 イベント

第23回防災セミナー 世界銀行ナレッジノートシリーズ「日本における統合都市洪水リスク管理」の出版 日本の都市水害対策の教訓を途上国へ

2020年2月3日

東京

Image

主催:世界銀行東京防災ハブ

この度は、第23回防災セミナーへのご登壇者が変更となりました。それに伴いプログラムが変更となりましたことをご了承ください。

  • 世界的にみて、自然災害の中でも洪水は最も頻繁に発生し、経済的・人的被害をもたらし、1998年から2017年の間に、6,000億米ドルを超える経済的損害、20億人以上への影響、約142,000人の死者を出しました。特に、洪水リスクが高い都市部で生活する人々が急速に増加している開発途上国では、洪水がもたらす社会的・経済的被害や損失が増加する可能性があります。こうした状況は、多くの国にとって深刻な開発課題であり、貧困削減や繁栄の共有に向けた取り組みを脅かします。このことから、世界銀行は世界中のさまざまな国や都市に対し技術支援、助言サービス、および財政支援を提供しています。

    日本は、多種多様な洪水リスクに直面しており、度重なる災害の歴史・経験から得た教訓から学び、改善を重ねながら、多様なセクターやステークホルダーと連携し、様々な都市洪水対策の取組を実施してきました。このような知見をまとめ、途上国で様々な水害リスクに対する対策を講じる実務者が活用できるよう、世界銀行では日本の統合都市洪水リスク管理(IUFRM)の取り組みから学んだ多くの重要な教訓を取りまとめた一連のナレッジノートを作成しました。本シリーズは次の4編から構成されています:(i)都市洪水リスク評価とリスクコミュニケーション、(ii)都市洪水リスク低減投資計画と優先順位付け、(iii)都市洪水リスク管理投資の設計と実施、(iv)運用と保守による持続可能性の確保。本セミナーはこれらナレッジノートの出版を記念し、世界と日本の都市洪水対策の課題や対策について専門家を交えて議論します。奮ってご参加ください。

    プログラム

    開会挨拶

    宮崎成人
    世界銀行駐日特別代表

    財務省国際局開発機関課(調整中)

    基調講演1: 都市の水害リスクとレジリエンス

    古米弘明
    東京大学 東京大学大学院工学系研究科 教授

    基調講演2: 日本の都市における洪水対策

    村瀬勝彦
    国土交通省 水管理・国土保全局 河川計画課 国際室長

    基調講演3: 世界銀行における都市の洪水レジリエンスの取組と日本の知見・経験の重要性:ナレッジノートからの学び

    ヨランタ・クリスピン・ワトソン
    世界銀行 主席防災専門官

    パネルディスカッション

    「統合的な都市洪水対策―日本の経験・知見を世界の都市開発に活かす」

    パネリスト

    早川潤
    国土交通省 関東地方整備局 河川部 広域水管理官

    石渡幹夫
    東京大学 客員教授

    豊田高士
    八千代エンジニヤリング株式会社 事業統括本部 海外事業部 水資源部 水資源・防災課 専門課長

    モデレーター

    ジアン・ブン
    世界銀行 インフラストラクチャー専門官

    司会進行

    竹本祥子
    世界銀行防災グローバル・ファシリティ(GFDRR)東京防災ハブ 防災専門官

    (敬称略)

     

イベント詳細

  • 日時: 2020年2月3日 (月) 午前10時~午前11時45分
  • 場所: 世界銀行東京事務所 東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル14階(アクセス方法は、下記「関連項目」をご覧ください)*14階に移転しました。
  • 言語: 英語・日本語 (同時通訳付)
  • お申込み: 定員に達しましたので、お申込みを締め切りました。多数の方にお申込みいただき、誠にありがとうございました。
  • 参加費: 無料
  • お問合せ: 世界銀行東京防災ハブ TEL: 03-3597-1320
  • drmhubtokyo@worldbank.org