特集

<本募集は締め切りました>2019年 世界銀行・IFCリクルートミッション来日


※日程はいずれも予定で変更の可能性があります

世界銀行グループは、グループ機関の世界銀行と国際金融公社(IFC)による日本人を対象とした採用を2019年2月1日に募集開始し、3月中旬にリクルートミッションを派遣して、事前に行われる書類選考を通った候補者の面接を行います。各ポジションは2~4年の任期で、その後、勤務評価に基づき契約更新が可能です。

更新履歴

2月28日(木)
・IFC(<IFC1>~<IFC5>)の応募を午前8時59分で締切りました。

2月27日(水)
・世界銀行(<WB1>~<WB10>)のエントリーを正午で締切りました。

2月12日(火)
・3月18日(月)から3月20日(水)の書類選考合格者の面接日程は、「採用ユニットの都合により、前後する可能性もある」旨追記しました。

2月7日(木)
・環境専門官/社会開発専門官<IFC3>、’環境・社会アナリスト<IFC4>、エコノミスト<IFC5>にビズリーチとコンパスへの応募リンクを追加しました。
・エコノミスト<IFC5>のTOR(PDF)を更新しました。
・上級ガバナンス専門官(電子政府)<WB1>、ガバナンス専門官(電子政府)<WB2>の職務概要に「任期:3年」を追加しました。

2月6日(水)
・エコノミスト <IFC5> の職務概要とTOR(PDF)を追加しました。
・インベストメント・オフィサー/ アソシエイト・インベストメント・オフィサー <IFC1>に、コンパスへの応募リンクを追加しました。

2月5日(火)
・環境専門官/社会開発専門官(GF)<IFC3>、環境・社会アナリスト(GE)<IFC4>の職務概要とTOR(PDF)を追加しました。
・データ・エンジニア<WB10> にエントリーを追加しました。
・インベストメント・オフィサー/ アソシエイト・インベストメント・オフィサー <IFC1>のTOR(PDF)を更新しました。
・インベストメント・アナリスト <IFC2>のTOR(PDF)を更新し、コンパスへの応募リンクを追加しました。

2月4日(月)
・プログラム・オフィサー(質の高いインフラ)<WB9> の職務概要、TOR(PDF)、エントリーを追加しました。
・データ・エンジニア<WB10> の職務概要、TOR(PDF)を追加しました。
・インベストメント・オフィサー/ アソシエイト・インベストメント・オフィサー <IFC1>、インベストメント・アナリスト <IFC2>のTOR(PDF)を更新しました。

 

■リクルートミッション募集職種

各ポジションの詳細な職務内容は、Terms of Reference(TOR)をクリックしてご覧ください。

世界銀行

  • 上級ガバナンス専門官(電子政府):TOR (PDF) <WB1>
    Sr. Governance Specialist – Digital Government (GG)
    勤務地:本部(ワシントンDC)

    世界銀行が進めるデジタルエコノミーなどの電子政府アジェンダ支援に貢献。途上国の公共セクターの開発・ガバナンス面の制約解消のためのデジタル・ソリューションの設計・実施を主導。途上国の分析等に当たり技術的見地からの助言提供を統括。経済学、行政学、公共政策、デジタル・システム、コンピュータ・サイエンス、経営学といった関連分野の修士号または博士号。関連分野における8年以上の業務経験必須。英語力必須。その他の言語に堪能であれば有利。任期:3年。

    ※2月7日、職務概要に「任期:3年」を追加しました。

  • ガバナンス専門官(電子政府):TOR (PDF) <WB2>
    Governance Specialist – Digital Government (GF)
    勤務地:本部(ワシントンDC)

    世界銀行が進めるデジタルエコノミーなどの電子政府アジェンダ支援に貢献。途上国の公共セクターの開発・ガバナンス面の制約解消のためのデジタル・ソリューションの設計・実施に従事。途上国の分析等に当たり技術的見地からの助言提供を担当。経済学、行政学、公共政策、デジタル・システム、コンピュータ・サイエンス、経営学といった関連分野の修士号または博士号。関連分野における5年以上の業務経験必須。英語力必須。その他の言語に堪能であれば有利。任期:3年。

    ※2月7日、職務概要に「任期:3年」を追加しました。

  • 上級教育専門官:TOR (PDF) <WB3>
    Sr. Education Specialist (GG)
    勤務地:アフリカ地域

    PACET等の教育イニシアティブへの各国の参加を促進し、域内の各国間の繋がりを強化。教育プロジェクトの設計・管理の経験。教育セクターの主な課題に専門的助言を提供。高いレベルでの政策対話の能力。世界銀行などの開発プロジェクトの準備・監督の経験。教育、経済などの関連分野の修士号以上の学位。関連分野における8年以上の業務経験必須。低所得国での経験尚可。高度な英語力必須。フランス語尚可。任期:3年。

  • 業務担当官(栄養・保健・人口:東アジア大洋州地域):TOR (PDF) <WB4>
    Operations Officer (GF)
    勤務地:本部(ワシントンDC)未定

    保健・栄養・人口(HNP)グローバル・プラクティスの一員として、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)の達成に向け、ポートフォリオ管理、品質保証、各種報告書作成に当たり専門的助言を提供するなど、プロジェクトをサポート。公共政策等、関連分野の学位。関連分野における3年以上の業務経験。英語力必須。契約管理・予算編成の経験。任期:2年。

  • 保健エコノミスト(栄養・保健・人口:東アジア大洋州地域):TOR (PDF) <WB5>
    Health Economist (GF)
    勤務地:本部(ワシントンDC)未定

    保健・栄養・人口(HNP)グローバル・プラクティスの一員として、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)の達成に向け、経済分析、経済政策リサーチ、経済戦略の策定・実施に従事。保健医療制度や公衆衛生の分野でのリサーチ等の実績があると有利。経済学等の関連分野の高等学位(博士号、有利)。経済や医療経済等の関連分野における5年以上の業務経験。高度な英語力。東アジア大洋州地域の低位中所得国での経験があれば有利。開発機関での経験、尚可。任期:3年。

  • インフラ専門官:TOR (PDF) <WB6>
    Infrastructure Specialist (GF)
    勤務地:東京又は本部(ワシントンDC)

    途上国の膨大なインフラ・ギャップを解消するために2014年10月に新設されたグローバル・インフラストラクチャー・ファシリティ(GIF)は、民間企業や各国政府、国際開発金融機関といったパートナーと協働しつつ、大規模でリスクが高く複雑なインフラプロジェクトを資金面から実現させることを目的としている。GIFチームは、信託基金の管理や他のパートナーとの協調、プロジェクト準備及びパイプライン形成、財務・リスク管理機能、PPP案件の教訓共有と案件の質の担保などを行う。また、日本を含むアジアのアドバイザー、ドナー、その他のパートナーとの協調を担当。工学、財政、経営、経済等の関連分野における修士号。プロジェクトの形成、インフラ・ファイナンス、PPPの経験などを含む5年以上の実務経験。高度な英語力。フランス語又はスペイン語が堪能であれば尚可。任期:2年。

  • 上級交通専門官(ラテンアメリカ・カリブ海地域担当):TOR (PDF) <WB7>
    Senior Transport Specialist (GG)
    勤務地:本部(ワシントンDC)

    域内交通セクターの組織・制度構築、企画・実行・防災、分析作業に従事。運輸、都市計画、輸送工学、運輸業界のPPPといった関連分野の修士号以上の学位。関連分野における8年以上の業務経験必須。高いプレゼンテーション能力やドキュメント作成など高度な英語力必須。スペイン語・ポルトガル語の基礎があれば尚可。任期:2年。(本ポジションは日本政府の支援によるポジションです。)

  • 民間セクター開発専門官:TOR (PDF) <WB8>
    Private Sector Development Specialist (GF)
    勤務地:本部(ワシントンDC)未定

    開発経済総局が毎年作成する報告書「ビジネス環境の現状(Doing Business)」は190カ国・地域のビジネス改革状況をランキングしているが、Subnational Doing Businessはある国の国内各地の改革を調査分析する。その際に活用する事業設立、建設許可等の指標の設定や分析・助言の章の草稿を作成。調査結果について対象国政府の関係者との協議等、政策対話を実施。経済、行政、法律等、関連分野における修士号。民間セクター開発の指標・分析における5年以上の業務経験。先進国・途上国両方での業務経験。高度な英語力必須。ポルトガル語、ロシア語、スペイン語等の他言語に堪能であれば尚可。

  • プログラム・オフィサー(質の高いインフラ):TOR (PDF) <WB9>
    Program Officer (GF)
    勤務地:東京

    途上国・振興国のインフラ・ギャップ解消に向けた世界銀行と日本政府のパートナーシップ「質の高いインフラ投資(QII)」信託基金の連絡窓口として、世銀内のインフラ融資案件担当者(TTL)との調整を行うと共にグラント申請を支援。QII事務局として報告書作成やグラント申請の要約の作成、データベース管理を行う。経済学、開発等の関連分野の修士号。インフラ関連などの分野における5年以上の業務経験必須。国際機関の信託基金やグラント手続きの経験有利。高度な英語力必須、日本語力尚可。任期: 2年。

    ※2月4日、職務概要、TOR(PDF)、エントリーを追加しました。

  • データ・エンジニア: TOR (PDF) <WB10>
    Data Architect/Engineer
    勤務地:本部(ワシントンDC)

    高度なスキル・知識を備え、高度なデータ統合テクニックを用いてデータ・サイエンティストのニーズを理解し対応する。拡張可能なデータ管理システムの設計、構築、インストール等を担当。UNIXに精通等、詳細な要件あり。コンピュータ・サイエンス等の分野の修士号を保有の場合は、関連分野における5年以上の業務経験、学士号の場合は7年以上の業務経験。任期: 2年。

    ※2月4日、職務概要、TOR(PDF)を追加しました。
    ※2月5日、エントリーを追加しました。

国際金融公社(IFC)

  • インベストメント・オフィサー/ アソシエイト・インベストメント・オフィサー:TOR (PDF) <IFC1>
    Associate / Investment Officer (GF)
    セクターチーム(金融、インフラ・資源、製造業・アグリビジネス・サービス業)のいずれかに所属する
    勤務地:ワシントンDC本部または世界各地の現地事務所

    職責:金融、インフラ・資源、製造業・アグリビジネス・サービス業の分野での案件組成、取引実行、ポートフォリオ管理を担当。
    採用要件:MBAもしくはファイナンスに関わる修士号等。CFA協会認定証券アナリスト資格等。4年以上の投融資、M&A、ストラクチャード・ファイナンス、コーポレート・ファイナンス、またはプライベート・エクイティ分野に関わる業務経験;新興国市場での実務経験はプラス材料;英語による高度なコミュニケーション能力(レポート執筆、プレゼン等)。

    ※2月5日、TOR(PDF)を更新しました。
    ※2月6日、コンパスへの応募リンクを追加しました。

  • インベストメント・アナリスト:TOR (PDF) <IFC2>
    Investment Analyst (GE)
    セクターチーム(金融、インフラ・資源、製造業・アグリビジネス・サービス業)のいずれかに所属する
    勤務地:ワシントンDC本部または世界各地の現地事務所

    職責:金融、インフラ・資源、製造業・アグリビジネス・サービス業の分野での案件組成、取引実行、ポートフォリオ管理等をサポートするために、財務モデルの作成、財務諸表の分析、市場分析、その他文書作成。
    採用要件:学士号
    財務モデルの作成能力。3年間以上の投融資、M&A、ストラクチャード・ファイナンス、コーポレート・ファイナンス、またはプライベート・エクイティ分野における業務経験。英語による高度なコミュニケーション能力(レポート執筆、プレゼン等)。

    ※2月5日、TOR(PDF)を更新し、コンパスへの応募リンクを追加しました。

  • 環境専門官/社会開発専門官:TOR (PDF) <IFC3>
    Associate Environmental or Social Development Specialist – Environment, Social and Governance (GF)
    環境・社会・ガバナンス部
    勤務地:イスタンブール、カイロ、ベオグラード、モスクワ、ボゴタ、サンパウロ、 バンコク、ニューデリー、ナイロビ、ヨハネスブルグ、ワシントンD.C.

    職責:IFCパフォーマンス・スタンダードに基づき、IFCの投融資において環境・社会的な持続可能性を審査、支援するほか、クライアントに対して環境リスクやインパクト、企業統治についてのアドバイザリー業務を提供。
    採用要件:自然科学・工学・その他の関連分野における修士号以上の学位を有し、環境評価・マネージメント業務における民間セクター・ビジネスにおいて5年以上の実務経験を有すること。アグリビジネス、インフラまたは製造業などの分野における環境・社会的リスクを特定・軽減させる民間セクターでの経験、優れた分析能力・戦略的な思考や環境に関するデータ収集・処理能力を有することが望まれる。

    ※2月5日、職務概要とTOR(PDF)を追加しました。
    ※2月7日、ビズリーチとコンパスへの応募リンクを追加しました。

  • 環境・社会アナリスト:TOR (PDF) <IFC4>
    Environmental and Social Analysts (GE)
    環境・社会・ガバナンス部
    勤務地:イスタンブール、カイロ、ベオグラード、モスクワ、ボゴタ、サンパウロ、バンコク、ニューデリー、ナイロビ、ヨハネスブルグ、ワシントンD.C.

    職責:IFCパフォーマンス・スタンダードに基づき、IFCの投融資において環境・社会的な持続可能性を審査、支援するほか、クライアントに対して環境リスクやインパクト、企業統治についてのアドバイザリー業務を提供するため環境・社会開発専門官をサポート。
    採用要件:自然科学・工学・その他の関連分野における学士号以上の学位を有し、環境評価・マネージメント業務における民間セクター・ビジネスにおいて3年以上の実務経験を有すること。アグリビジネス、インフラまたは製造業などの分野における環境・社会的リスクを特定・軽減させる民間セクターでの経験、分析能力・戦略的な思考や環境に関するデータ収集・処理能力を有することが望まれる。

    ※2月5日、職務概要とTOR(PDF)を追加しました。
    ※2月7日、ビズリーチとコンパスへの応募リンクを追加しました。

  • エコノミスト:TOR (PDF) <IFC5>
    Economist (GF)
    セクター別経済分析・開発効果部もしくは国別経済分析・エンゲージメント部
    勤務地:ワシントンDC

    職責:各セクターもしくは各国/地域の経済トレンドの分析、プロジェクトの開発効果の予測にかかる方法論の構築及び実践や、投融資の経済効果の測定を行う他、セクター戦略や国別分析のもととなる計量分析に従事する。また、民間主導の開発のためのセクター政策対話支援や、マネジメント、理事会ほか内外の関係者に対する民間セクター開発に関する情報共有に携わる。
    採用要件:経済、金融、公共政策学またはその他の関連分野における修士号を取得し、5年以上の経済や民間セクター開発業における分析経験を有する者。博士号があれば有利。また、開発金融機関(DFI)における特定のセクターや国/地域に特化した戦略・政策関連の実務経験があれば有利。

    ※2月6日、職務概要とTOR(PDF)を追加しました。
    ※2月7日、TOR(PDF)を更新し、ビズリーチとコンパスへの応募リンクを追加しました。

 

■応募条件

  • 日本国籍を持つ方
  • 各ポジションに関連する分野で修士号(MBA, CFAを含む、ポジションによっては博士号)を保有、かつ最低5年以上(TORによっては例外もあります)の関連分野での実務経験を有し、高い英語力を持つ方
    (ただし、国際金融公社(IFC)のインベストメント・アナリストポジション<IFC2>は修士号を保有していなくても応募可能)
  • ワシントンDC本部、または世界各地にある世界銀行・IFC事務所で勤務可能な方

 

■世界銀行(<WB1>~<WB10>のポジション)
採用スケジュール(予定)

※世界銀行と国際金融公社(IFC)で採用スケジュール・応募方法・窓口が異なりますので、ご注意ください。世界銀行のポジションと国際金融公社(IFC)のポジションで併願される方は、それぞれの応募方法に従い、個別にご応募ください。

日時(日本時間)募集・選考プロセス
2月1日(金)から2月27日(水)正午まで
<本募集は締め切りました>
エントリーされた方から順次選考し、次のステップへ進んでいただきます。エントリー通過された方にのみ随時、採用事務局より世銀指定の応募書類をご送付いたしますので、お早目にエントリーをお済ませください。書類選考は、世銀が指定する英文履歴書(CV)とカバーレターをご提出いただきます。
(応募書類受付最終締切は3月1日正午)
2月12日(火)午後6時30分~午後8時

CVの書き方セミナー
場所:世界銀行東京事務所
CVの書き方セミナーでは、今回の募集ポジションの概要、面接に進むための効果的なCVの書き方をご説明いたします。(特に世銀グループのポストへ初めて応募される方には参加推奨)。なお、既に過去の同様のセミナーに参加されたことのある方や、世界銀行グループに応募実績のある方はこのセミナーを待たず応募されることをお勧めします。

CVの書き方セミナーはエントリー通過された方にのみ採用事務局より先着順でご案内いたしますので、お早めにエントリーをお済ませください。セミナーは定員に達した時点で締切とさせていただきます。

3月2日(土)から3月15日(金)
書類選考
合否は世界銀行2019採用事務局 (t-worldbank2019@mynavi.jp) よりメールにてご連絡いたします。書類選考合格者へは面接のご案内をいたします。

3月18日(月)から3月20日(水)

 

※ 採用ユニットの都合により、前後する可能性もあります。

世界銀行東京事務所にて書類選考合格者の面接。対面が原則ですが、面接日に海外にいる方は、テレビ会議やWebExによる面接を行います。

 

世界銀行グループ面接ガイド (英語、PDF)
世界銀行グループの採用の面接に臨む前の準備や、面接の手法、面接での質疑応答の際のヒントなどをご紹介しています。

 入行、入社時期は採用ユニットとの相談により決定

 

■国際金融公社(IFC) (<IFC1>~<IFC5>のポジション)
採用スケジュール(予定)

※世界銀行と国際金融公社(IFC)で採用スケジュール・応募方法・窓口が異なりますので、ご注意ください。世界銀行のポジションと国際金融公社(IFC)のポジションで併願される方は、それぞれの応募方法に従い、個別にご応募ください。コンパス(世界銀行グループ採用データベース)に記載されている日時は、日本時間ではない可能性がありますので、ご注意ください。

日時(日本時間)募集・選考プロセス

【ビズリーチからのご応募】
2月1日(金)から2月7日(木)午前11時59分まではプレミアム会員のみ。
2月7日正午から2月28日(木)午前8時59分までは、どなたでもご応募いただけます。

【コンパスからのご応募】
2月1日(金)から2月28日(木)午前8時59分まで
 

<本募集は締め切りました>
ご応募はビズリーチもしくはコンパス、いずれかの窓口からのみご応募をお願いいたします(両方に同一ポジションの応募をすることはご遠慮ください)。どちらの窓口からご応募いただいても、選考内容・方法に差異はありません。応募書類として、CVとカバーレター(自由フォーマット)をご提出いただきます。

※コンパスは世界銀行グループ採用データベースです。
 
2月14日(木)午後6時30分~午後8時国際金融公社(IFC)キャリアセミナー&CVの書き方セミナー
場所:世界銀行東京事務所
3月上旬書類選考
合否は世界銀行2019採用事務局 (t-worldbank2019@mynavi.jp) よりメールにてご連絡いたします。書類選考合格者へは面接のご案内をいたします。
3月11日(月)の週

世界銀行東京事務所にて書類選考合格者の面接。対面が原則ですが、面接日に海外にいる方は、テレビ会議やWebExによる面接を行います。

 

世界銀行グループ面接ガイド (英語、PDF)
世界銀行グループの採用の面接に臨む前の準備や、面接の手法、面接での質疑応答の際のヒントなどをご紹介しています。

 入行、入社時期は採用ユニットとの相談により決定

 

■ 良くあるご質問 FAQ

Q1. リクルートミッションでは大体何歳位の人を想定しているのでしょうか?

A. 概して30代半ばから50歳位までです。但し選考では、年齢より、実務経験の期間とその内容が重視されますので、各ポジションの必要条件をよく読まれることをお勧めします。

Q2. 語学力の目安は?

A. 英語力は会話のみならず、膨大な書類を短時間で目を通して論点をまとめる能力、報告書作成能力、プレゼンテーション能力が求められます(最低限の目安:TOEIC880点以上、TOEFL PBT 600点以上、TOEFL iBT 100点以上)。欧米の大学院卒業程度が目安です。また、英語以外にもフランス語、スペイン語などが堪能であれば有利です。

Q3. 日本国籍を有する事が応募条件になっていますが、二重国籍の場合はどうでしょうか?

A. 二重国籍をお持ちの方は、別途採用事務局まで応募の前にご相談ください。

Q4. 複数ポジションへの応募は可能ですか?

A. 可能です。ただし、TORをご確認の上、応募要件を満たすポストにのみご応募ください。

 

■ お問合せ

世界銀行・IFC 2019採用事務局(運営:株式会社マイナビ)
Email: t-worldbank2019@mynavi.jp
電話番号:03-5214-2400
受付時間:平日午前10時から午後5時
※土日祝日を除く
 




 

 





Api
Api