イベント
世界銀行セミナー「日本社会開発基金(JSDF)によるモンゴル遠隔地基礎学力向上支援」
2016年11月18日東京


Image

 

Image
日本社会開発基金(JSDF: Japan Social Development Fund)は2000年6月、日本政府の資金拠出により創設され、世界銀行が運営に当たっています。JSDFは、途上国の貧困に苦しむ人々、社会的に最も弱い立場におかれている人々のニーズに直接対応し、持続可能な活動へと発展する可能性の高い社会プログラムを通して、これらの人々の能力を強化し、開発プロセスへの参加を促進するためにグラントを提供しています。またJSDFでは準備計画、実施段階でシビルソサエティの参加を奨励しています。

今回のセミナーでは、ジェヒャン・ソ世界銀行信託基金・パートナーシップ(DFPTF)局長の来日を機会として、2012年から行われているモンゴル遠隔地基礎学力向上支援事業をご紹介しました。本プロジェクトは、モンゴル小学校中途退学の子どもが特に多いモンゴル4 県において、特に遠隔地に居住しているために就学前教育を受けることができない子どもたちを対象に、家族と一緒に家庭で学習し、オリジナル教材やおもちゃ図書館サービスの提供を通じて、子供たちが幼児教育や初等教育、更にはそれ以上の学力を身につけることを目指すプロジェクトで、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンがモンゴル政府と連携して実施しています。セミナーでは、モンゴルをテレビ会議で接続し、世界銀行とセーブ・ザ・チルドレンの現地担当者がプロジェクトの概要に加え、準備、計画立案、実施における革新的な側面を紹介した上で、得られた教訓とこれまでの成果を説明しました。また、受益者が、プロジェクトの計画立案と実施に積極的に参加した立場から、プロジェクトによる子どもたちの学力向上の様子を紹介しました。

プログラム

開会挨拶

塚越保祐 世界銀行グループ駐日特別代表

講演

ジェヒャン・ソ 世界銀行信託基金・パートナーシップ(DFPTF)局長

ジェームス・アンダーソン 世界銀行モンゴル担当カントリーマネージャー

チュンガラグ・チュルーン 世界銀行業務担当官

豊田光明 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン・モンゴル事務所 所長
当日の資料:Improving Primary Education Outcomes for the Most Vulnerable Children in Rural Mongolia (PDF)

プロジェクト受益者

質疑応答

※このセミナーは公開用に録画されます。

Image

 

Image

 

Image

Image

イベント詳細
  • 日時: 2016年11月18日 (金) 午後4時~午後5時30分
  • 場所: 世界銀行東京事務所 東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル10階
  • 言語: 英語・日本語(同時通訳付)
  • 参加費: 無料
  • お問合せ: 世界銀行東京事務所 TEL: 03-3597-6650
  • ptokyo@worldbankgroup.org