Learn how the World Bank Group is helping countries with COVID-19 (coronavirus). Find Out

東京開発ラーニングセンター

出版物

TDLCは、日本や世界のパートナー、関連チーム、世界銀行のグローバルプラクティスと協力して、様々な調査研究成果(ナレッジプロダクト)を提供しています。これらの資料は、特定のテーマ分野における日本の開発手法をまとめたものであり、途上国における世界銀行の業務に活用することを最終的な目標としています。


Image

What a Waste 2.0

2050年に向けた世界の廃棄物管理の現状と展望

世界の廃棄物の発生量は、2050年までに現在の年間20億1,000万トンから34億トンへと急増すると予測されています。「What a Waste 2.0:2050年に向けた世界の廃棄物管理の現状と展望」は、国レベルおよび都市レベルの固形廃棄物データを広範囲に集計し、2030年と2050年の廃棄物発生量を推計、予測しています。この報告書では、廃棄物の発生から廃棄に至るまでの中心となるデータ指標に加えて、廃棄物管理のコスト、収益、関税、特別廃棄物、規制、広報、管理・運営モデル、非公的セクターに関する情報等が提供されています。(言語:英語)

Image

ケーススタディ:横浜

都市の将来を再編する

これまでに成功した都市がどのような制度や戦略に基づいて経済成長を促進してきたのか、どのような条件の下で成功したのか、どのような教訓を他の都市の政策決定者に適用できるかを明らかにすることを目的とした報告書です。(言語:日本語)

Image

ケーススタディ:神戸

創造的復興

神戸市の事例では、壊滅的な地震後の都市復興における、被災地の革新的な新設計の考案と、新時代の生命科学クラスターの構築、その双方から得た重要な教訓に焦点が当てられています。(言語:日本語)

Image

文化遺産、持続可能な観光と都市再生

京都に見る日本の教訓と経験

世界銀行グループ(WBG)は長年、文化遺産の修復と保存、都市再生、持続可能な観光が途上国において地域の経済発展を促進し、社会統合を加速し、貧困を緩和するうえで、重要な役割を果たし得ると認識してきました。こうした背景の下、この研究報告書では、保存状態の良い14件のユネスコ世界遺産や多くの歴史的地区を有し、千年以上にわたり日本の首都であった京都市の開発の経験から得た教訓に焦点を当てています。(言語:英語)

Image

北九州モデル

廃棄物管理と洪水リスク管理

北九州モデルは、持続可能な都市開発推進にあたり、環境面での課題に適切な解決策を提供するために同市により開発された手法です。個別のプロジェクトや個々の助言を超えて、より広範かつ総合的なかたちで、持続可能性を容易に適用できる手法を目指しています。特に水害時において、固形廃棄物管理と災害リスク管理間の連携に関してサブセクターを追加することにより、現行の北九州モデルを強化することが目指されています。(言語:英語)

Image

日本の国土開発に関するケーススタディ

東京開発ラーニングセンター報告書No. 2

日本は、第二次世界大戦により、経済、ガバナンス、人口、居住、社会福祉などに大きな影響を受け、機能不全に陥りました。しかし、日本はこれを、進歩的でバランスの取れた豊かな国に生まれ変わる機会にしました。空間的または領土的な発展は国家経済を変革する上で不可欠です。それは、経済、社会、人口、制度、行政の改革によって支えられると同時に、それらに影響を与えます。 (言語:英語)


VIDEO

Image
click

What a Waste 2.0

サメ・ワーバ世界銀行グローバルディレクターとシルパー・カザ世界銀行都市開発専門官が、What a Waste 2.0報告書の3つのメッセージについてご紹介する動画です。


Stay Connected