Learn how the World Bank Group is helping countries with COVID-19 (coronavirus). Find Out

特集 2017年9月22日

中古コンピュータ機材 寄贈先募集

世界銀行グループ東京事務所(世界銀行東京事務所、東京開発ラーニングセンター、東京防災ハブ、国際金融公社東京事務所、多数国間投資保証機関東京事務所)では、リプレースを実施した中古コンピュータ機材をご活用いただける団体を公募させていただきます。応募要領をご確認の上、メールにてご応募ください。(応募受付は2017年9月30日午後5時まで)

応募要領

1. 寄贈する機材

※ 各機材の詳細仕様はPDFファイルをご参照ください。

2. 対象寄贈団体

非営利団体であることを証明する公的文書をお持ちの団体(英文での証明が必要となります)

3. 寄贈条件

寄贈を希望する団体には、寄贈要望レター(英文、団体の活動概要、目的・使用計画を明記、形式は自由とする)のご提出をお願いいたします。また、寄贈が決定した団体は、下記 a~i の項目を承諾いただくことが条件となります。

a. 非営利団体であることの証明書を提出いただきます(英文)。- 特定非営利活動法人認定通知書など(英文訳添付可)
b. 機材受領の際には、受領確認レターを提出いただきます(英文)。
c. 導入済みのOS (Microsoft Windows 7 Professional) は英語版で、キーボードも英字配列です。
d. デスクトップ型PCに液晶モニタは付属しません(本体のみです)。
e. メーカーの保証期間は切れています。
f. リストにある全ての機材を一括でお引き取りください(一部のみは受け付けません)。
g. 機材は現状のままでの引き渡しとなります(動作確認はしておりますが、特に清掃はしておりません)。
h. 世界銀行では、寄贈後に技術サポート等の機材に関するいかなる問い合わせには対応いたしません。
i. 世界銀行グループ東京事務所からの寄贈機材発送料は、寄贈が決定した団体にご負担いただきます。

4. 募集期間

2017年9月25日(月)~2017年9月30日(金)
※最終日の受付は午後5時までとします。

5.審査・寄贈団体発表

提出された資料を元に、世界銀行グループ東京事務所が審査を行い、2017年10月中を目処として、寄贈を希望された団体に個別にご連絡いたします。

6.お問合せ、お申込み先

以下の代表メールアドレスまで、寄贈要望レターを添付の上ご応募ください。
ptokyo@worldbank.org

 


Api
Api